嫌いになりたい!好きな人との恋愛を上手に諦める方法を徹底解説!

好きになってはいけない人を好きになってしまった時、あなたはどうするでしょうか。中には「嫌いになりたい」と思う人もいるでしょう。しかし、本当に嫌いになってしまっても良いのでしょうか。好きな人を嫌いになる前に確認すべきこと、そしてその恋愛を諦める方法を解説します。

  • 好きな人を嫌いになる方法はある?

    好きになってはいけない人を好きになった時、あるいは今好きになってはいけない状況にある時は、「好きな人を嫌いになりたい」と思ってしまうのではないでしょうか。実らないと分かっている恋、してはいけない恋は、「いっそのこと嫌いになれたら楽なのに…」と思ってしまうものですよね。

    このような恋愛をしているあなたは、きっと辛く苦しいでしょう。その気持ちが少しでも楽になるよう、今回は好きな人との恋愛を上手に諦める方法をご紹介。また「嫌いになりたい理由」を一緒に見ながら、あなたの辛さや思いにも寄り添っていきます。

    果たして好きな人を嫌いになる方法はあるのでしょうか。経験談も交えながら、どのように終止符を打てば良いのか見ていきましょう。
  • 好きな人を嫌いになる前に考えるべき事

    きっとあなたの中に「嫌いになりたい」と思わざるを得ない理由があって、好きな人を嫌いになろうとしていることでしょう。でも、本当に好きな人を嫌いになっても後悔しないでしょうか?

    まずは、嫌いになる前に考えておくべき事から見ていきます。

    相手は自分にとってどんな存在なのか


    あなたの好きな人は、あなたにとってどんな存在でしょうか。

    例えば、相手があなたの上司という場合は、今後も関わる必要がある人ですよね。そうした人を諦めることは自由ですが、嫌いになってしまっては困ることも出てくるはずです。このケースで言えば、毎日の仕事に影響が出てしまうこともあります。

    その人との関わりが深ければ深いほど、嫌いになることにはリスクもあるでしょう。好きな人があなたにとってどんな存在かによって、それぞれベストな諦め方があるはずです。

    そもそもなぜ好きになったのか


    好きな人を嫌いになる前に、「そもそもなぜ好きになったのか」も考えておきたいところです。きっと、「優しかったから」「親身になってくれたから」といった理由やきっかけがあったはず。そうした人を嫌いになっても良いのでしょうか。

    人を好きになるということは、そう頻繁にあることではありませんよね。つまり、異性として特別に意識することや、好きになるほど魅力的な人と出会えることは珍しいことです。そうした相手を嫌いになることで、自己嫌悪に陥ったり後悔することはないでしょうか。もう一度好きになったきっかけを思い出し、嫌いになる必要があるのかを考えてみましょう。

    本当に嫌いになれるのか


    「本当に好きな人を嫌いになれるのか」も考えてみましょう。

    例えば「好きすぎて辛い」という人が、その辛さから逃げ出したくて嫌いになりたいと思うことがあります。辛く感じるほど好きな気持ちが強いのに、本当に相手を嫌いになれるのでしょうか。

    もしこうした理由で嫌いになりたいと思っているなら、好きな人のことを考える時間を減らすようにしてみるのも一つの方法です。趣味に没頭する時間や友達との時間を作ることで、その辛さが軽減されるのであれば、何も嫌いになる必要はありませんよね。

    苦しくなるほど好きな場合、嫌いになることは難しいです。他の方法で楽になれないか、今一度考え直した方が良いかもしれません。

    「嫌いになる」以外の方法はないのか


    理由によっては、時間が解決してくれたり新たな恋をする方が嫌いになるよりも手っ取り早いこともあります。

    例えば、「告白したけどフラれた」という状況で嫌いになりたいという場合です。フラれた直後は早く忘れたいがために「嫌いになりたい!」と思うでしょう。しかし、数ヶ月もしたら自然と気持ちも落ち着いてくるはず。あるいは、新たな恋をすることでその人のことを何とも思わなくなる可能性もあります。

    嫌いになる以外の方法は考えられないでしょうか。せっかく一度は好きになった人です。嫌いになって嫌な思い出にするのではなく、他に解決策がないかも考えてみましょう。