三白眼って一体何?三白眼の特徴を徹底解剖!性格・魅力・メイクなど

三白眼とは、黒目が小さくて白目が大きい瞳の事で、見る人に特別な印象を与えます。「冷たそう」や「怖そう」などとネガティブに捉えてしまう人もいますが、ミステリアスで素敵と捉える人も少なくありません。この記事では、そんな三白眼の特徴や魅力について詳しくご紹介します。

  • そもそも三白眼ってどんな眼?

    三白眼とは、黒目の部分がやや小さい印象的な眼の事です。黒目が小さいので眼光が鋭く見えたり、時には怖い性格の人に思われてしまう事もあるので、コンプレックスに感じている人もいます。では、見る人に特別な印象を与える三白眼について、詳しく見ていきましょう。

    三白眼とは


    三白眼とは、白目の部分に対して黒目が小さい眼の事。黒目が上方向に寄っているのに対して、左右と下方向の三方向に白目がある「三白」という事が名前の由来です。三白眼になる原因は、目そのものが大きい事や、黒目が小さい事、またはこの両方の特徴がある事で起こります。

    三白眼の人は、黒目が小さく瞳孔の様子が分かりにくいためか、「冷たい」や「怖い」といった印象を与える事が多いです。ただし、ミステリアスで魅力的と捉える人も多いので、決して悪い印象を与えるだけのものではありませんよ。

    三白眼にも種類がある?


    三白眼は、上三白眼と下三白眼、四白眼と細かく3種類に分けられます。まず下三白眼ですが、眼球の下方向と左右の横方向に白目が見えている状態の眼球です。三白眼といえばこの上三白眼をあらわす事がほとんど。例えるなら、常に上目遣いをしているような感じの状態となります。

    次に上三白眼ですが、こちらは眼球の上方向と左右に白目が見える状態です。見る人に妖艶でミステリアスな雰囲気を与えるのが特徴。目を見開いて下を向いたような状態です。こちらは、欧米人に多いタイプでもあります。

    最後は四白眼。こちらは上下左右に白目が見えている状態となります。非常に目が大きい人にたまに見られるタイプですが、あまり数は多くありません。

    三白眼に対する皆のイメージは?


    三白眼に対しては、皆はどのようなイメージを抱いているのでしょうか。多くの人は三白眼に対して目つきが悪いや、威圧的というイメージを抱いているようです。ややネガティブなイメージを抱いているのは、漫画などの創作作品で三白眼の登場人物が怖く描かれているからでしょう。

    しかし、東洋人相学ではそのような定義はなく、特に悪い運勢を示しているものでもありません。ネガティブな印象を抱く人がいる一方で、中性的で素敵という人もいます。どちらにしても、三白眼は見る人に特別な印象を与えるでしょう。

    三白眼を持つ人の割合は?


    三白眼が見る人に特別な印象を与えるのは、三白眼を持つ人の割合が普通の人よりも少ないからという事も関係しているでしょう。日本人で三白眼を持つ人の割合は、40人に1人程度といわれており、数値にすれば約3%になります。

    約3%しかいない目の状態ですので、見かけたら特別な印象を与えるのは無理もありませんよね。また、外国人では意外と見かけるタイプの目でもあります。世界的アーティストのレディ・ガガさんの特徴的な三白眼は、印象に残っている人も多いのではないでしょうか。

    三白眼は先天的なもの?


    三白眼は、決して先天的な要因だけでなる訳ではありません。後天的な要因によって三白眼になる事もあるのです。皮膚の形状などが原因で三白眼になっているのであれば、先天的な要因だと考えられるので、特に対処しなくても問題はありません。

    ただし、加齢によって瞼の筋肉が衰えて下がってしまい、三白眼になってしまう場合もあります。若い頃は三白眼ではなかったけれど、年齢を重ねていくうちに三白眼になる人もいるのです。瞼の筋肉は、油断していると衰えやすいので、若いうちから意識して鍛えておくべきでしょう。

    出典:ウィキペディア『三白眼』
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E7%99%BD%E7%9C%BC

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)