塩まじないで恋愛成就!?まじないの正しいやり方や注意点をご紹介!

今回は、恋愛成就にも効果絶大、巷で話題の塩まじないについてご紹介。願いを書いた紙を燃やし、灰を流すだけという手軽さが魅力ですが、願いの書き方や日取りを間違えると逆効果となることも。正しい方法はもちろん、実際に願いを叶えた人たちの声もぜひお聞きください。

  • 塩まじないとは?恋愛や仕事に効果アリ!?

    近頃、巷で話題の「塩まじない」。皆さんは耳にしたことがあるでしょうか?この記事では、そんな塩まじないの具体的な方法や、気になるその効果についてご紹介します。

    日本神道において、穢れを払い清める力を持つ塩。そんな塩を用いた魔除けや縁起担ぎは、古来から行われてきました。塩の神秘的な力によって、想いを清め願いを叶えるのが塩まじないであり、現在ネットを中心に広く知られつつあります。

    今回は塩まじないの中でも、特に恋愛に関する効果に注目して調査しました。叶えたい恋のため、結婚のため、復縁のためなど、恋愛に悩む皆さんは、ぜひ塩まじないを試してみてはいかがでしょうか。

    塩には浄化作用がある


    古来より、塩は穢れを祓い清める力を持つと信じられていました。祭壇に塩を供えたり、葬儀の後には塩を使って身を清める風習があることは、皆さんもご存知でしょう。相撲で塩を撒くことにも、土俵を清める意味があると言われています。

    他にも、嫌な客が来た後には玄関に塩を撒いたり、店舗の入口に塩を盛っておくなど、縁起を担ぐ意味でも用いられる塩。このように、塩を用いて穢れや悪い運を浄化し、良縁を引き寄せようとする行為は、今でもさまざまな形で続けられています。

    塩まじないもまた、そんな塩の浄化作用によって願いを叶えようとした人たちによって生み出されました。その中には、恋愛成就を願った人も少なくなかったのでしょう。

    塩まじないは方法を間違えると危険


    塩まじないは方法を間違えると危険なことにもなりかねません。塩まじないでは、叶えたい願いを紙に書きますが、書き方次第では代償が起こるとされています。

    例えば、「お金が欲しい」という願いの場合、必ずしも宝くじに当たるような方法とは限りません。願った本人や家族などが事故や病気に見舞われ、その保険金としてお金が手に入る可能性もあるのです。

    また、誰かを不幸にすることを願ってはいけません。そうした願いは、自分に返ってきて破滅をもたらすと言われています。

    とはいえ、適切な方法で願いを書けば、代償を受けることなく願いを叶えることができるでしょう。そのためにも、塩まじないの正しい方法を知ることが大切です。
  • 恋愛成就したい!塩まじないはいつ行えばいい?

    塩まじないがどんなものか知っていただけたでしょうか?塩が持つ浄化の力によって願いを叶える塩まじない。この力で恋愛を成就させたいと願う人も多いはず。

    それではさっそく、具体的な方法についてもご紹介していきましょう。まず、塩まじないは行うタイミングが大切です。日付、すなわち暦によって願いごとをするのに向いている日というものが変わってきます。

    月の力を借りるのであれば、月齢によって行う日を決めると良いでしょう。大安や天赦日のように、縁起が良い日付を選ぶのも良い選択です。叶えたい願いによって、より適切な暦も変わりますので、自分の願いと照らし合わせて決めることをオススメします。

    満月の日


    月が完全に満ちた状態である満月は、これから欠けていくために始まりを意味しており、新しく何かを始める際の願いごとに向いています。恋愛感情を抱いた時、結婚する時など、自分の中で何かがスタートした時、またはさせたい時には満月の日を選びましょう。

    ここで気を付けておきたいのは「ボイドタイム」。ボイドタイムとは、月が他の惑星と主要な角度をとらない時間のことを指します。月が星座の力を受けられなくなる、人が月の影響で判断力を失うなど、理由はさまざまですが、縁起が良くないことは確かのようです。

    ボイドタイムは、インターネットで調べればすぐに分かります。月の力を借りて塩まじないをする時は、一度確認しておきましょう。

    新月の日


    満月とは逆に、月がまったく見えなくなってしまう新月。そんな新月の日も、これから月が満ち始めることから、新たなスタートという意味合いを持っています。ただし、新月の日に塩まじないをする場合、願いの書き方に注意が必要です。

    どのように書くかと言うと、「願いは既に叶ったものとして報告する」こと、そして「お礼を書く」こと。例えば、「○○さんとお付き合いできるようになりました。ありがとうございます」といったように、未来の自分になったつもりで願いを書きましょう。

    また、新月の日はなるべく早い時間に塩まじないを行うと効果的です。ただし、満月の日同様ボイドタイムには注意しましょう。

    大安の日


    大安は六曜の一つで、何をやってもうまくいくと言われる吉日です。開業や結婚式など、お祝い事は大安に行った方が良い、ということは皆さんもご存知の通りかと思われます。塩まじないもまた、大安のような吉日に行うことが望ましいでしょう。

    大安の場合、満月や新月よりも短い頻度で巡ってくるため、塩まじないとしたいと思ってから比較的早い段階で行えるというのもメリットです。カレンダーですぐに確認できるため、手軽に確かめられるという点もありがたいですよね。

    また、他の吉日と重なるようであれば、なお良いでしょう。こうした縁起の良いタイミングは、重なるほど良い効果をもたらします。ぜひ、チャレンジしてみてください。

    天赦日


    天赦日(てんしゃにち)とは、天がすべての罪を許すという最上の吉日のこと。季節と日の干支の組み合わせによって決まっており、年に5~6回あると言われていますが、2020年は7回あるようです。

    ちなみに、春は戊寅(つちのえとら)、夏は甲午(きのえうま)、秋は戊申(つちのえさる)、冬は甲子(きのえね)と、それぞれ季節によって名前も決まっています。

    天赦日はもともと、何かを始めたり躊躇していることに挑戦したりすることに向いていると言われる日。塩まじないで恋愛成就を目指すのであれば、躊躇していた告白にチャレンジしてみるといった時に最適でしょう。