5月5日生まれの誕生花や星座は?性格&恋愛傾向についても大公開!

  • 5月5日生まれの誕生花・誕生石

    誕生日にはそれぞれ誕生花と呼ばれる花や、誕生石と呼ばれる天然石があります。これらは誕生日と関係が深く、相性が良いとされる花や天然石です。

    中には誕生石は生まれ月のもので、誕生日のものは誕生日石と言い分けている人もいるかと思いますが、誕生石と統一してご紹介させて頂きます。

    誕生花や誕生石は、身に着けたり部屋に飾ったりすることで誕生花や誕生石の持つ力を貸してくれると言われています。それでは、5月5日生まれの誕生花と誕生石、それらが持つ意味や力をご紹介します。

    【誕生花】アヤメ


    5月5日の誕生花の代表格はアヤメです。花言葉は『良い便り』『メッセージ』とされています。

    アヤメはアヤメ科アヤメ属の多年草で、葉の形は剣状で葉と花茎の長さが同じであることが特徴です。紫と黄色ベースで紫の網目が入った、凛とした印象の花を咲かせます。剣状の葉が縦に並んだ様子を「文目(あやめ)」と見たところや、花の根本の模様が網目状であることからアヤメと名付けられたと言われています。

    アヤメは大きな特徴的な花を3つ付けることから、遠くからでも一目で見つけることが出来ますが、「いずれ菖蒲か杜若」という慣用句にあるようにカキツバタと非常によく似ていて、「一見同じに見えるほど優劣をつけるのが難しい」と言う意味で使われています。

    【誕生花】スズラン


    5月1日の誕生花のもう一つはスズランです。スズランは旬であることから、5月1日の誕生花としても知られていますよね。

    5月5日の誕生花であるスズランの花言葉は『再び幸せが訪れる』『純粋』とされています。白い可愛らしい花として有名な花ですが、ピンクや赤い花を咲かせるものもあります。

    スズランはヨーロッパ原産でキジカクシ科スズラン属。別名は君影草(キミカゲソウ)、谷間の姫百合(タニマノヒメユリ)とも言われています。

    花の名前の由来は見てわかるように、花が小さな鈴のように見えることからで、ヨーロッパでは5月にスズランの花をプレゼントされた人は幸せになれると言われているんだとか。

    【誕生花】ハナショウブ


    最後の5月5日の誕生花はハナショウブです。こどもの日によく見る花としても有名ですよね。

    5月5日の誕生花であるハナショウブの花言葉は『忍耐』『熱心』とされています。前述のアヤメとよく似ていますが、アヤメの様な網目模様は無く、葉も葉脈がはっきりと隆起していることで見分けることが出来ますよ。

    ハナショウブは花色の変化に富んでいることから、色彩の魔術師とも呼ばれています。色だけでなく花の形や咲き方も個性的で、三映咲き、六映咲き、八重咲きに分かれそこからさらに細分化されているのだとか。

    ちなみにハナショウブと言えばこどもの日のイメージがありますが、こどもの日の菖蒲湯に使われているのはサトイモ科ショウブ属のもので、ハナショウブとは別物なんですよ。

    【誕生石】レッドコーラル


    ここからは5月5日の誕生石をご紹介します。まず一つ目の誕生石はレッドコーラルです。

    レッドコーラルは3月の誕生石としても知られていますよね。そんなレッドコーラルは別名海の宝石で、コーラルの名の通り海の珊瑚です。

    コーラルには母なる海の力が宿るとされていて、ヨーロッパやギリシャでは古来より「子供を守る」や「厄除け」「家庭円満・安産」のお守りとして重宝されてきた歴史から、パワーストーンとして愛されています。

    日本や中国では「七宝」の一つとして不老長寿のお守りとして祟められてきたんだとか。また、レッドコーラルは持ち主の創造力を高め、豊かな感性を授ける効果があるとされていますよ。

    【誕生石】エメラルド


    二つ目の5月5日の誕生石はエメラルドです。エメラルドと言えば宝飾石として言わずと知れた有名なグリーンの宝石ですよね。

    そんな5月5日の誕生石のエメラルドですが、実は四千年以上に渡り永遠の春や不死の象徴として、神話や逸話を多く残しているんだとか。

    ダイヤモンドと並んで世界四大宝石に数えられるエメラルドは、古来より人間の成長や富、権力を示してきました。現在でも癒し効果や知恵を授けるとして愛されている宝石ですよね。

    エメラルドは愛や満足感の象徴とも言われ、持ち主に充実した人間関係をもたらし、愛情豊かな家庭を築く効果があるとされていますよ。

    【誕生石】ターコイズ


    最後の5月5日の誕生石は、トルコ石とも言われているターコイズです。5月と言えば初夏ですから、夏に向けてターコイズのアクセサリ―が販売されているのを、誰しも一度は見たことがありますよね。

    ターコイズは独特の美しい色合いが特徴です。緑がかった色や、深い青、黒い葉脈のような模様が入ったものなど、実に沢山の表情をもったパワーストーンですよね。

    ターコイズの宝石言葉は『成功』『繁栄』『旅の安全』『健やかな体』で、古来より「天の神が宿る石」として持ち主を邪悪なエネルギーから身を守り、勇気と幸福をもたらすと言われています。また、夢や目標の達成へ導いてくれるとも伝えられていますよ。
  • 5月5日生まれの有名人

    自分や仲の良い人の誕生日が有名人と同じだと、少し嬉しい気分になりますよね。同じ誕生日の有名人が誰なのか、一度は検索したことがあるのではないでしょうか。

    また、同じ誕生日の有名人を知ることで、その有名人との性格の共通点等も知ることが出来ますし、なんとなく親近感を覚えますよね。

    それでは、誕生日が5月5日の有名人を簡単なプロフィールとともにご紹介します。

    1985年生まれ 中川 翔子(タレント)


    オタク系タレントとしても名高い中川翔子さんは、1985年の5月5日生まれです。

    中川翔子さんは東京都中野区出身で、中川勝彦さんの娘として生まれました。「しょこたん」の愛称で知られ、2004年に開設したブログで人気を博し、2006年に歌手としてデビューしました。

    秋葉オタク系タレントの先駆けであり、インターネット文化やオタク趣味が一般的でなかった頃から「しょこたん語」として頻繁に2ちゃんねる用語の亜種を使っているのが特徴的ですよね。

    タレント、歌手業だけではなく、声優、イラスト、コスプレなどマルチな才能を持つ中川翔子さん、まさに多才な5月5日生まれの特徴を表していますよね。

    1964年生まれ 高山 みなみ(声優・歌手)


    アニメ「名探偵コナン」江戸川コナン役、スタジオジブリ作品「魔女の宅急便」キキ役、ウルスラ役で有名な高山みなみさんは、1964年の5月5日生まれです。

    東京都足立区出身で、幼少の頃からバレエや日本舞踊を習い、将来の夢は警察官だったとか。一時はOLとして働いていましたが、そこで声をほめられたことから声優を目指しました。

    「ミスター味っ子」の味吉陽一役で初主演を果たしてから2年で、スタジオジブリ作品「魔女の宅急便」のキキ役、ウルスラ役に大抜擢。その後は「忍たま乱太郎」「名探偵コナン」等人気アニメの声優だけではなく、歌手としても人気を博していますよね。

    1951年生まれ モト 冬樹(ミュージシャン)


    マルチタレントとしても活躍している、ミュージシャンのモト冬樹さんは、1951年の5月5日生まれです。

    東京都豊島区出身で、産婦人科の家庭に生まれました。幼いころから成績優秀でしたが、高校生の時、成績を落とすほどギターにすっかりのめり込みました。ですが、それがきっかけで同級生のグッチ裕三さん等とバンドを結成したんだとか。

    1984年に結成された「ビジーフォー」は様々なテレビ番組に引っ張りだこで、ギタリスト・歌手として活躍しました。

    長年独身を貫き、時には独身に関する自虐ネタでお茶の間を楽しませてきましたが、2010年5月5日に入籍し、現在はご夫婦で芸能活動を行っていますね。

    1954年生まれ デーブ=スペクター(放送作家)


    流暢な日本語と、豊富なボキャブラリーから生み出されるパンチの利いた駄洒落で有名な、アメリカ人放送作家のデーブ=スペクターさんは1954年の5月5日生まれです。

    アメリカ合衆国イリノイ州シカゴで生まれたデーブさんは、幼いころは子役として活動し、大手企業のCMなどに出演していたそうです。小学生の頃日本から転校してきた友達を喜ばせたい一心で日本語を勉強し、現在でも毎日日本語の単語を学び続けているんだとか。

    1970年の大阪万博で初来日し、その後シカゴの放送学校を卒業した後コメディアンをしつつ、番組プロデューサーとして再来日。「笑っていいとも!」に出演したのがきっかけで外国人タレントとして活躍の幅を広げましたね。

    1968年生まれ 渡部 篤郎(俳優)


    日本アカデミー賞を受賞し、数々の人気ドラマで重要な役どころを演じ、「イケおじ」としても人気がある渡部篤郎さんは1968年の5月5日生まれです。

    東京都新宿区に生まれ、高校を中退した後は母親が経営するバーを手伝いながら、肉体労働のアルバイトをしていたんだとか。アルバイトの関係でエキストラを経験したのがきっかけで演技に興味を持ちました。

    1991年に「青春の門」での主演以降、1995年「静かな生活」で日本アカデミー賞を受賞しました。1997年のドラマ「ストーカー 逃げきれぬ愛」でストーカー役を怪演したことで人気に火が付きましたよね。

    2000年生まれ 与田 祐希(乃木坂46)


    大人気アイドルグループの乃木坂46にメンバーで、現在はファッションモデルとしても活躍している与田祐希さんは2000年の5月5日生まれです。

    福岡県福岡市の志賀島出身で、ヒップホップダンスを4年間習っていたそうです。中学生の頃友達の影響でアイドルに興味を持ち、乃木坂46のファンになり、中学卒業の時期に大好きな乃木坂46第三期のオーディションを受け、見事合格しました。

    乃木坂46三期生のライブでは数々のセンターを務め、2017年に発表された乃木坂46の18thシングル「逃げ水」で初選抜にして初センターを務めるなど「乃木坂の次世代エース」の呼び声高く、老若男女問わず人気を博していますよね。

    出典:ウィキペディア『5月5日』
    https://ja.wikipedia.org/wiki/5%E6%9C%885%E6%97%A5