ウォーキングダイエットとは?効果的な歩き方や距離など徹底調査!

  • ウォーキングダイエットを長続きさせるコツ

    ウォーキングダイエットは、意外と挫折する人が多いと言われています。しかし、継続して行わなければダイエット効果は現れません。ウォーキングダイエットを長続きさせるコツを学び、徐々に痩せるようにしましょう。

    時間帯を決めておく


    ウォーキングをする時間帯があやふやだと、習慣づけにくくなります。「休日の夕方16時〜17時まではウォーキングをする」といったように、時間帯を決めておきましょう。決めた時間帯は紙に書いて、壁に貼り付けておくと自分で意識しやすくなります。

    決めた時間帯がやってきたら、必ずウォーキングに出る習慣をつけておけば途中で挫折することは少なくなるはず。何かあったとしても、ウォーキングの予定を最優先するくらいの強い気持ちで取り組んでみてください。

    もし、決まった時間帯にウォーキングができなかった場合は、他の時間に振り替えられるようにします。必ずウォーキングをする時間を作ることが大切です。

    音楽を聴きながらする


    単純に歩いているだけだと、飽きてしまうことも多いですよね。そんな時は好きな音楽を聴いてみましょう。音楽を聴くだけで気分が上がり、ウォーキングのやる気もアップするはずです。その日の気分に合わせて、ぴったりの音楽を選んでみてください。

    近年は、スポーツ用のワイヤレスイヤホンが充実してきています。耐水性があったり、コードが引っかかるのを防げたり、いろいろなメリットがあるのでウォーキング用にチェックしてみてはいかがですか。

    音楽以外には、ラジオやオーディオブックを利用するのもおすすめ。お好みの音源をウォーキングのお供にすれば、きっと楽しくなるはずです。

    目標を立てる


    目標が何もないと、何のためにウォーキングダイエットをしているのかわからなくなることもあるでしょう。そんな時は、「今日は○分で○km歩く」といった短期的な目標に加え、「○月までに○kgまで痩せる」など長期的な目標を立てると長続きしやすくなります。

    目標は目立つ場所に貼り付けると効果的。ふとした時に目標が目に入ることで「頑張ろう!」という気持ちになります。モチベーションが下がった時のサポートにもなるので、明確な目標を立ててみてください。

    お気に入りのウェアで気分を上げる


    楽しくウォーキングをするなら、ウェアにこだわってみてはどうですか。お気に入りのウェアなら、外に出るのも楽しくなります。ウォーキングを本格的に始める前に、どんなウェアを着るのか、いろいろなブランドをチェックしてみましょう。

    「今日はちょっとウォーキングをする気が起きないな」という時も、好みのウェアを取り出せば「頑張ろう」という気持ちになれるはず。ウェアを購入した時の自分の気持ちを再度呼び起こすこともできます。

    ウォーキングにマンネリを感じた時は、ウェアを一新するのも良いでしょう。新たな気持ちで再びウォーキングに取り組めるようになります。

    ルートを変えてみる


    いつも同じルートを通っていると、どうしても飽きてしまいます。定期的にルートを変えて、新鮮味を出していきましょう。道をちょっと変えるだけでも新たな発見があり、ワクワクとした気持ちになれます。

    今まで発見できていなかった街の様子も、ルートを変えることで見つけられるかもしれません。あえて道を決めず、行き当たりばったりでウォーキングをしてみるのも良いですね。冒険気分でダイエットに励めます。

    ただし迷子になっては大変なので、地図アプリなどを活用して現在地は把握できるようにしましょう。いろいろなルートでウォーキングを満喫してみてください。
  • ウォーキングダイエットの体験談をご紹介!

    実際にウォーキングダイエットを実践した人たちは、どのような感想を抱いたのでしょうか。続いては、ウォーキングダイエットの体験談を紹介します。経験者の意見を今後のダイエットに生かしてみてください。

    ストレス発散にもなって心身共にスッキリ!


    「ウォーキングを終えた後は、リフレッシュされて気持ちが良いです。仕事でストレスが溜まった時もウォーキングをすれば、頭の中がクリアになります。ダイエットもすることができ、心身共にスッキリできました」(男性/35歳/システムエンジニア)

    ウォーキングをすると、ストレスが発散できたという声が多く見られました。体を動かすことで気持ちがリフレッシュされ、スッキリします。痩せるだけでなく、ストレスを減らしたいという場合にもウォーキングはおすすめです。

    友達と一緒にする事によって続けられた


    「1人だと、どうしてもダイエットが長続きしませんでした。そこで、友達を誘ってウォーキングを始めたんです。友達がいれば続けなければ、という気持ちになりますし、話し相手がいるので飽きません。おかげで、もう1年以上続けられています」(女性/45歳/事務員)

    友達が心の支えとなり、ダイエットを頑張れる場合もあります。なかなか結果が出なかったとしても、お互いに励まし合えば続けられるはず。また、おしゃべりを楽しめるのも友達を誘うメリットなので、ダイエット法の候補に入れてみてはいかがですか。

    お通じが良くなった


    「ウォーキングダイエットを始めて3ヶ月。以前は1週間くらい便秘になるのも当たり前でしたが、最近はとてもお通じが良くなりました。便秘にならないので肌の調子も良く、痩せる以外にも良いことがあるようです」(女性/28歳/営業職)

    体を動かすことで代謝が上がり、便秘解消につながると言われているのもウォーキングの嬉しいポイント。便秘に悩まされている方はウォーキングで積極的に運動してみてはどうでしょうか。

    半年間サボったら元通り…


    「長年続けてきたウォーキングでしたが、ちょっとしたことでサボり癖がついて半年間やらなくなりました。そのため、気付いたらウォーキングする前の体重に元通り。慌ててウォーキングを再開し、今はだいぶ痩せられました」(38歳/女性/主婦)

    ウォーキングは継続することで効果を得られます。サボっているといつの間にか元通りになることもあるので、その点には気をつけましょう。努力を続けていれば、自ずと結果がついてきます。