ウォーキングダイエットとは?効果的な歩き方や距離など徹底調査!

  • ウォーキングダイエットのメリットは?

    ダイエット方法として注目を集めているウォーキングダイエットですが、どのようなところにメリットがあるのでしょうか。メリットを生かしながら痩せるために、ウォーキングダイエットの良いところについて見ていきましょう。

    気軽にダイエットを始めやすい


    どんなに効果的なダイエット方法でも、難しいやり方だとハードルが高くなりますよね。ウォーキングダイエットの良いところは、気軽に始めやすいということです。ただ歩くだけで良いので、運動が苦手な人でもチャレンジしやすいはず。

    基本の歩き方に関しても、特に難しい動きはないので安心してスタートできます。「運動神経が悪いから、体を動かすダイエットは無理」と思っている方も、きっとウォーキングダイエットなら取り組めるようになるでしょう。

    お金がかからない


    「高額なダイエット食品やダイエット器具を購入したのに、結局は失敗してしまった」という経験がある方も多いはず。効果的なダイエットを追い求めるがあまりに、ついついお金を使いすぎてしまうことがあります。

    しかし、ウォーキングダイエットはお金がかからないのが魅力です。吸水速乾性のある服やウォーキング用のシューズなどを準備すれば、あとは歩くだけ。高額なものは必要ないので、コストを抑えたい時にもぴったりです。

    節約しながらダイエットをしたい人におすすめと言えるでしょう。今までダイエットにたくさんお金を使ってきた人も、ウォーキングダイエットに切り替えてみてはどうですか。

    自分のペースでダイエットを行える


    ジムのレッスンなどを利用してダイエットをする場合、予約をしなければならなかったり、レッスンのペースについていけなくなったり、といったことが考えられます。一方で、ウォーキングダイエットは自分のペースで行いやすいです。

    例えば、通勤の時に「今日は時間に余裕があるから、一駅分歩いて行こう」とするのも立派なウォーキングダイエット。自分の生活スタイルに合わせて臨機応変に歩けば、効率的にダイエットができるのではないでしょうか。

    ダイエット中にペースを乱されたくない方にも、ウォーキングは適していると考えられます。自分なりのやり方でウォーキングをしてみましょう。

    体に負担がかかりにくい


    激しい運動をすると、体に負担がかかることがあります。「体を動かしたいけど、負担がかかって怪我をするのが心配」という方にもウォーキングダイエットは最適。歩くだけなので体に負担をかけず、年齢を重ねた人でもチャレンジしやすいです。

    ダイエットに成功したとしても、体調を崩したり、怪我をしたりしたら意味がありません。体を気遣うという意味でも、ウォーキングダイエットは良い方法なのではないでしょうか。適度なウォーキングで体に負担をかけず、徐々に痩せていきましょう。

    生活習慣病の予防にもなる


    糖尿病や脂質異常症などの生活習慣病は、適度な運動をすると良いと言われています。ウォーキングは適度な運動に当てはまるので、生活習慣病の予防にもおすすめ。ダイエットができるだけでなく、健康体を保つためにもウォーキングを取り入れてみてはいかがですか。

    ウォーキングであれば気軽に始めやすいので、健康診断で気になる項目があったら早速始めるようにしましょう。体重を落とし、健康的な体の状態になれば気分もスッキリするはずです。

    気持ちをリフレッシュできる


    悩み事があったり、ストレスが溜まったりしている時も、ウォーキングをするのがおすすめ。気持ちがリフレッシュされ、心機一転できると言われています。ダイエット中は何かとストレスが溜まりますよね。ストレスが爆発し、ダイエットに失敗することもよくあります。

    ストレスが溜まっていると思ったら、外に出てウォーキングをしてみてください。ウォーキングをしながら街並みを眺めたり、ダイエットに成功した時のことを考えたりすれば、自然と気持ちが軽くなっているでしょう。
  • ウォーキングダイエットのデメリットは?

    ウォーキングにはいろいろなメリットがありますが、逆にデメリットもあるのを忘れないようにしてください。ウォーキングダイエットを始める前にデメリットを把握しておけば、問題を回避しやすくなるでしょう。基本的なデメリットを紹介するので、参考にしてみてください。

    挫折する人が多い


    ウォーキングダイエットは、挫折する人が多いと言われています。なぜなら、ウォーキングは意外と飽きやすいからです。いつも同じルートで歩いていたり、代わり映えがなかったりすると、飽きてサボってしまいがちになります。

    また、自分のペースで行えるため、「今日は忙しいから良いか」という気持ちにもなりやすいです。自分を甘やかすことで、ウォーキングをする頻度が少なくなっていくでしょう。ウォーキングダイエットをする際には、気持ちを強く持つことが大切ですよ。

    すぐに効果を実感しにくい


    ウォーキングダイエットは、すぐに効果が出るものではありません。1ヶ月、2ヶ月と継続的に行うことで初めて効果を実感できるようになるでしょう。即効性のあるダイエットを求めている方にとって、ウォーキングダイエットは物足りなさを感じる可能性があります。

    ウォーキングダイエットをするなら、長期的な視点を持つことが重要なポイント。効果を実感できないからといってやめてしまうと、振り出しに戻ります。このため、「短期間で痩せたい!」という方には向いていない方法と言えるでしょう。

    雨の日は出来ない


    晴れた日なら気持ち良くウォーキングができますが、雨の日にウォーキングをするのは困難。天候に左右され、できる日とできない日の差が出てしまいます。特に梅雨の時期は雨になることが多く、ウォーキングができない日が続いてしまうことも。

    このような時は食事の量を調整したり、他のダイエット方法を取り入れたりするのもおすすめです。臨機応変に考えることで、ウォーキングダイエットのデメリットを乗り越えられます。雨の日だからといって、だらだらと過ごさないようにしましょう。

    歩きすぎると体に支障をきたすことも


    「歩けば歩くほど痩せられる!」という気持ちから、ついつい必要以上に歩いてしまう人もいるはず。しかし、あまり無理をしすぎると、膝や腰など、あらゆる部分に支障をきたす可能性があります。何事もやりすぎは禁物と言えるのではないでしょうか。

    有酸素運動は、20分以上行うことで脂肪燃焼が始まるとされています。ウォーキングダイエットをするなら、20分以上を目安に、体調と相談しながら行ってみてください。異変を感じた場合はウォーキングを中止し、医師に相談するのがおすすめです。

    間違った歩き方だと意味がない


    どんなにたくさん歩いても、歩き方が間違っていると意味がない場合があります。背筋を伸ばし、大股で歩くなど、歩き方の基本はきちんと押さえられていますか?自己流の歩き方のクセがつくと、なかなか正しい歩き方に戻せないことがあるので気をつけてください。

    歩き方に自信がない時は、誰かに見てもらうのも良い方法です。スマホなどで動画を撮ってもらい、自分でチェックしても良さそうですね。せっかくのウォーキングが無駄にならないように、歩き方を意識してみましょう。