11月7日生まれの誕生花/誕生石/星座/性格/恋愛などを紹介!

  • 11月7日生まれの誕生花&花言葉

    誕生日が11月7日の人たちの性格と恋愛傾向が分かったところで、11月7日生まれの誕生花とその花言葉をご紹介します。

    誕生花とは、誕生日に割り当てられた花のこと。国や地域によってさまざまであったり、その由来についても諸説ありますが、花に宿る神秘的な力が暗示となったり何らかの影響をもたらすと考えられています。

    11月7日の誕生花はいくつかありますが、ここではそのうちの二種類をご紹介しましょう。

    マリーゴールド


    キク科コウオウソウ属の草花の総称がマリーゴールド。この名前はエトルリアの神ターゲスが由来であるとされ、アメリカ大陸の熱帯と温帯にかけて約50種が分布しています。和名では種類によって「千寿菊」「孔雀草」などと呼ばれているのはご存知でしたか?

    原産地であるメキシコでは「死者の日」の祝祭を彩る花として栽培されるほか、聖母マリアの祭日に咲いていたことから「マリア様の黄金の花」とも呼ばれるなど、神秘的な逸話が印象的な花でもあります。

    鮮やかな黄色や橙色の花をボリュームたっぷりに重ね合わせている姿が特徴で、花を咲かせる期間が長く、栽培も容易であることから、花壇で見かけることも少なくないでしょう。

    タンジー


    キク科の多年生草本であるタンジーですが、和名である「ヨモギギク」の方が馴染み深い人もいるでしょう。ヨーロッパからアジアにかけて分布しており、日本では北海道に「エゾヨモギギク」が自生しています。

    古来から薬草として用いられ、少量を料理の風味付けに用いてきたそうですが、全体に毒性を持つ成分が含まれており、タンジーから採った精油には死に至る毒性があると言われているのだとか。そのため、ポプリや虫避けとして使われるのが一般的です。

    危険な成分のタンジーですが、直立した茎の先端から枝分かれして、ボタン状の黄色い花をいくつも咲かせるため、小さなブーケのような愛らしさがあることもお忘れなく。

    マリーゴールドの花言葉


    花言葉には良い意味もあれば悪い意味もありますが、マリーゴールドの場合はそれが極端に表れています。この要因の一つは、ギリシャ神話の太陽神「アポロン」が由来であるためだとされています。

    愛するアポロンに会えなくなってしまったことで少年クリムノンが「悲しみ」「絶望」した物語と、アポロンの恋人に「嫉妬」した水の神クリスティが、結果的にその恋人を殺してしまった物語。二人とも、最後はマリーゴールドの姿になったと言われています。

    一方で、「健康」「悪を挫く」「信じる心」などは太陽神アポロンのシンボルとも言える言葉が花言葉になったもの。他にも「生命の輝き」「預言」といった聖母マリアにちなんだ花言葉もあるそうです。

    タンジーの花言葉


    タンジーの花言葉は「あなたとの戦いを宣言する」「抵抗」「婦人の美徳」。これらは、西洋で虫避けとして用いられてきたことが由来となっています。「婦人の美徳」は悪い虫(男性)がつかない、というユーモラスな意味からなのだとか。

    また、茎の先端が枝分かれになり、いくつもの花が集まって咲いている姿から、「平和」という花言葉もあります。タンジーの毒が効くのは害虫だけで、花粉を運んでくれるミツバチなどには害を及ぼさないことも理由となっているそうです。
  • 11月7日生まれの誕生石&石言葉

    11月7日生まれの誕生花をご紹介しましたので、続いては誕生石とその石言葉をご紹介します。誕生石とは誕生月ごとに決められた宝石のこと。さらに細かく、誕生日によって割り当てられている宝石については誕生日石と呼ばれています。

    誕生石も誕生花と同じく国によって違いはありますが、誕生石の由来や加護によるものではなく、これを定めた宝石商たちの販売戦略によるものもあるようです。

    それでも、誕生石の起源には占星術や聖書の記述などがあり、その月、その日に生まれた人への加護が与えられているのでしょう。では、11月7日生まれの誕生石について、石言葉を添えてご紹介しましょう。

    ラピスラズリ


    夜空のように輝く深い青が特徴的なラピスラズリは、11月7日生まれの誕生日石。12月や6月の誕生石としても知られていますので、聞いたことがある人も少なくないでしょう。

    語源にはラテン語とアラビア語が組み合わさって「群青の空の色の石」という意味となっているそうです。和名では瑠璃と呼ばれ、仏教の七宝のひとつとされているなど、遥か過去より世界中で認知され、利用されてきた鉱物です。

    ただし、ラピスラズリは産出するのに特殊な条件が必要とされ、現在の主な産出国はアフガニスタン、チリがほとんどとされています。

    トパーズ


    トパーズは11月の誕生石としても知られる石ですが、11月7日の誕生日石でもあります。語源にはギリシャ語の「探し求める」やサンスクリット語の「火」が挙げられていますが、定かではありません。

    和名は黄玉(おうぎょく)ですが、実際には黄色だけでなくピンクや青色のトパーズも存在します。ブラジルをはじめさまざまな国で産出されており、実は日本でも岐阜県や滋賀県で産出されているのをご存知でしたか?

    トパーズは非常に高い硬度を持つ石ですが、光や熱の影響によって色が変化しやすいことも特徴です。結晶のゆがみによって生じる変質だと考えられていますが、はっきりとしたことは分かっていないそうです。

    ラピスラズリの石言葉


    ラピスラズリの石言葉は「尊厳」「崇高」。自分自身の選択に自信を持ち、粘り強く信念を貫こうとする11月7日生まれに相応しい石と言えるでしょう。

    紀元前より世界各地で「聖なる石」と崇められてきたラピスラズリ。古代ローマでは恋人たちの愛と夢を守る石とされ、エジプトでは魔除けの力を持つ護符として冠などにも用いられました。日本でも、幸運のお守りとして大切にされてきた歴史の深い石です。

    「第三の目」を開き、古い価値観やしがらみを捨てる叡智の石とも呼ばれるラピスラズリ。その加護を受ければ、精神のバランスを整えてイメージの現実化を促進し、願いの実現に力を貸してくれるでしょう。

    誕生石でも誕生日石でもある、トパーズの石言葉


    トパーズの石言葉は「誠実」。勤勉で堅実な11月7日生まれにぴったりな石言葉ですね。トパーズは他にも「成功」「希望」「友情」といった意味を持っています。

    古代エジプトでは太陽神ラーの象徴とされ、特に赤い石はその加護が強く、邪気を払ったり心身を癒す力があると言われていました。

    また、パワーストーンとしては持ち主にとって必要なものに出会わせてくれる、探し物を見つけやすくしてくれる力を持っています。それは形あるものだけでなく、人との縁や目指すべき夢、あるいは恋愛などのような感情を探す手伝いをしてくれるでしょう。