11月7日生まれの誕生花/誕生石/星座/性格/恋愛などを紹介!

  • 11月7日生まれの特徴&性格(後編)

    誕生日が11月7日である人について、その特徴と性格をご紹介しています。自分自身、あるいは周囲の11月7日生まれと比べるといかがでしょうか?クールな印象がある11月7日生まれですが、内に秘めた情熱には気付かれにくいかもしれません。

    粘り強く、知識や経験によって培われた多彩な才能を見せる11月7日生まれ。努力を怠らない堅実な人物でもありますが、それ故にスタンドプレーになりがちな場面も。そんな11月7日生まれは、他者に心を開きにくいという一面も持っています。

    それでは、11月7日が誕生日の人について、さらに詳しくお伝えしていきましょう。

    豊かな発想力


    11月7日生まれの人は、発想力が豊かな人物であることも特徴。芸術的なセンスも持っているため、感性を求められる場面でもその才能を発揮します。

    十分な根拠のもとに思考を重ね、行動する11月7日生まれですが、直観や第六感などの感覚的な要素をおろそかにする訳ではありません。そうした感覚もまた、これまでに積み重ねてきた知識や経験がもたらしたものと考えており、自分の感性を信じているからです。

    そのため、周囲からすれば突然奇妙な行動に移るように見えるかもしれません。ですが、それもまた11月7日ならではの感性が導き出した答と言えるでしょう。

    勤勉で堅実


    多才で器用な11月7日生まれではありますが、努力を怠るようなことはありません。むしろ、その才能を発揮するために、よりよい環境を整えるための勉強や工夫を惜しまない努力家と言えるでしょう。

    また、洞察力に優れていることから、状況をよく判断して対処する堅実な一面も持っています。自身の持つ知識や経験をもとに熟考し、そこから導き出した答に自信を持っているため、周囲も信頼して受け入れてくれるでしょう。

    生来の粘り強さもあるため、努力を諦めるようなことはせず、妥協したり卑怯な手を使うこともありません。自分に正直で誠実な一面も持っているのが11月7日生まれの特徴です。

    スタンドプレーが得意


    多才でありながら努力を怠らない11月7日生まれは、周囲と協調したり誘導したりするよりも、自分自身にできることを精一杯発揮するスタンドプレーの方が得意と言えるでしょう。一人でなんでもこなせる器用さも、その援けとなるはずです。

    しかし裏を返せば、協調性に欠ける一面があると言えるでしょう。こだわりが強いことや警戒心が強いことなどから、他の人がついてこれなくなってしまうことも起こり得ます。周囲に溶け込むまでに時間がかかってしまうのも、11月7日生まれの特徴と言えるでしょう。

    ですが、必要に応じて規律や調和を重んじることは可能です。特に、社会に出てからはさまざまな経験を通してその大切さを知ることで、周囲から評価されるようになっていくことでしょう。

    誕生日が11月7日の人は、他人に心を開きにくい


    スタンドプレーが得意な11月7日は、必要であれば自分の考えを周囲に示しますが、自分がどう思っているか、どう感じているかまで伝えることは苦手です。洞察力が高く、相手の本質を見据えようとする警戒心からも、他人に心を開くことに抵抗を感じるのでしょう。

    特に、自分の不安や弱みを他人に示すことに拒否的になりがちなため、信頼できる相手を見つけるまでに時間がかかります。恋愛においてもこの傾向があり、好きな相手に弱みを見せまいとしたり、つい天邪鬼な物言いになってしまうこともあるでしょう。
  • 11月7日生まれの恋愛傾向は?

    11月7日生まれの人の特徴や性格についてご紹介しました。多才で器用、感性も豊かありながら勤勉で堅実な11月7日生まれ。スペックの高さゆえ孤立しがちなところもありますが、一度心を開いた相手にとっては誠実で頼れる存在となるでしょう。

    そんな11月7日生まれのどのような恋愛をするのでしょうか?どのような相手が好みであり、どのような恋愛をするのか。気になるその恋愛傾向についてご紹介しましょう。11月7日生まれの人にアプローチを考えている人は必見です。

    誠実


    11月7日生まれが恋愛にもっとも強く求めるのは、誠実さ。本人が誠実で不正や妥協を由としない性格のため、相手もそうであることを求めます。

    間違ったり、失敗を咎める訳ではありません。それを隠そうとしたり、成功させようと思うあまり不正に手を出してしまうようなことが許せないのであり、そうした相手には恋愛に限らず心を許そうとはしないでしょう。

    才能や実績の有無ではなく、それに対してどんな姿勢であるか。恋愛においてもそうした誠実さがあれば、11月7日生まれの人も少しずつ心を許してくれることでしょう。焦らず、時間をかけていくことが大切です。

    愛情表現が苦手


    容易に相手を信用しない11月7日生まれは、自分の感情を素直に示すことが苦手。そしてそれは、不安や弱音といったマイナスな感情だけでなく、好意や甘えといったプラスの感情にも当てはまります。

    洞察力がある11月7日生まれは、周囲から自分がどう思われているのかも敏感に感じ取れます。そのため、好意を示す一言さえも相手がどう思うかを気にしてしまい、うまく言葉や動作にすることができなくなってしまうのでしょう。

    何でもそつなくこなす器用な11月7日生まれにしては意外かもしれませんが、愛情表現は苦手なようです。ですが、時間をかければその誠実な愛情に相手も気付くことができるでしょう。

    11月7日生まれは一目ぼれしても結婚には慎重


    普段であれば、相手をよく観察し判断してから心を開いていく11月7日生まれ。しかし、感性を大切にする一面もあるため、時として一目ぼれのように直観的な恋に落ちることもあるでしょう。ドラマチックな展開に心を躍らせることもあるのではないでしょうか。

    ですが、実際にお付き合いをしていく上で相手の本質を見抜くと、冷静な11月7日生まれが戻ってきます。特に結婚するとなれば、相手個人だけでなく職場や実家といったさまざまな背景を考慮し、自分が考える結婚相手としての条件と照らし合わせて判断するでしょう。

    一緒に居て安心する相手


    スタンドプレーを好み、周囲から孤立することもある11月7日生まれがパートナーに求めるのは、一緒に居ることで安心する相手であるかどうか。気を張ることなくリラックスできる相手にこそ、心を許すことができるでしょう。

    愛情表現が苦手な11月7日生まれにとって、相手に依存したり、されたりすることは苦手です。お互いが精神的に自立できており、相手を尊重できていれば、次第に頼ることもできるようになるでしょう。

    心を開くまでに時間がかかり、その後も感情を示すことが苦手な11月7日生まれですが、安心できる相手が傍に居れば、自然と好意も弱みも見せられるようになるはずです。