傷つけない別れ方を詳しく伝授!上手に伝える文言も【彼氏彼女別】

  • 恋人を傷つけない別れ方!例文をご紹介

    恋人を傷つけない別れ方を男女別に見てきましたが、「実際どんな風に言えばいいの?」と思った人もいるのではないでしょうか。

    そこで、傷つけない別れ方の例文をご紹介していきます。別れを切り出す時、どのような言い方だと傷つけないのでしょうか。ぜひ参考にしてみてくださいね。

    傷つけない例文①「大事な話があるんだけど…」


    恋人から別れ話をされてショックを受けない人は少ないでしょう。誰でも「別れよう」と言われたら、悲しくなるものです。

    ただ、それを最小限に抑えることはできます。それは別れ話をする前に、あらかじめ「大事な話があるんだけど…」と伝える方法。これで相手に別れへの覚悟を持たせるのです。

    いつも通りのデートだと思っていたのに突然「別れよう」と言われたら、それこそ寝耳に水で動揺もしてしまいます。会う前に大事な話があると伝えるだけで、相手も「別れ話かも」と思うはず。話を聞いてもらうためにも、事前にさりげなく伝えた方が良いでしょう。

    傷つけない例文②「もう恋人として見れなくなった」


    好きじゃなくなったという理由で別れるのも一つの方法です。そこに恋愛感情がなくなったとなれば、相手も別れを受け入れるしかなくなるでしょう。

    この場合「もう恋人として見れなくなった」と言い方を変えても良いですね。「好きじゃない」という言葉は「嫌いになった」とも解釈できます。それで恋人が傷つきそうに感じるのであれば、恋人として見れなくなったと伝えましょう。

    この別れ方であれば、嫌いになったという訳ではないことが分かりますよね。好きじゃなくなったという言葉を少しでも柔らかい印象に変えたいというのであれば、このような言い方で伝えましょう。

    傷つけない例文③「自分が悪いんだ」


    恋人を傷つけない方法でもありましたが、相手に別れの原因があるかのように伝えるのではなく、あくまで自分が悪いということを主張した方が恋人を傷つけないでしょう。

    ですから、「○○は悪くない。自分が悪いんだ」という別れ方をすべき。もしかしたら中には「それでも受け入れるよ」と言ってくるかもしれません。しかし、そこで話の流れが変わらないようにしなければなりませんね。「いいや、このままじゃダメだから」などと言って、相手に分かってもらう必要があります。

    傷つけない例文④「納得いくまで話するから」


    「納得いくまで話するから」と初めに伝えておくことも、恋人を傷つけないための方法です。きっと別れ話をされた恋人は、「これで終わりになってしまう…」という寂しさや怖さがあるはず。そのせいで、感情的になったりヒステリックになる可能性もあります。

    あなたは前々から思っていたことかもしれませんが、恋人にとっては突然の出来事です。ここはしっかりと向き合うということを相手に伝え、少しでも安心してもらう必要があるでしょう。

    時間をかけてじっくりと進めていけば、相手も気持ちに整理がつくようになります。別れへの覚悟を持たせるためにも、「最後までちゃんと向き合うよ」という姿勢を見せると良いでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)