たらこ唇の基準と原因|治す方法からおすすめメイク法まで徹底解説!

たらこ唇がコンプレックスの人も多いのではないでしょうか?たらこ唇は、実は遺伝だけではなく他に原因があることもあります。そのため、原因に合わせた対処をすることが大切です。ここでは、たらこ唇の原因や治し方、メイク方法をお伝えします。ぜひ参考にしてみてくださいね。

  • たらこ唇がコンプレックス…どうにかできないの?

    「唇ばかりが目立つ」「なんだかボテッとした印象になる」など、たらこ唇であることが嫌な人も多いのではないでしょうか?どちらかというと、たらこ唇はコンプレックスに思われがちです。そのため、「たらこ唇をどうにかしたい!」と思う人もいるでしょう。

    そもそも、「たらこ唇」はどんな唇のことを指すのか知っていますか?なんとなく分かっていても、具体的には知らない人もいると思います。まずは、「たらこ唇」の意味や基準を知っておきましょう。もしかしたら、あなたの唇は「たらこ唇」ではないかもしれませんよ。

    「たらこ唇」の意味


    「たらこ唇」とは、たらこ(鱈子)のように分厚い唇のことを言います。たらことはスケトウダラの卵巣を塩漬けした食べ物で、ぷっくりとした形が特徴的です。そんなたらこに似ている唇を、たらこ唇と呼ぶようになりました。

    たらこ唇はそれだけで印象深い顔になるので、漫画のキャラクターに使われることも多いです。しかも、そのキャラクター達はとぼけた雰囲気に見えることもあります。そのため、たらこ唇にあまりいいイメージがない人もいるようです。

    「たらこ唇」の基準


    では、見た目がたらこのような唇なら、すべて「たらこ唇」だと言えるのでしょうか?具体的な数値があれば分かりやすいですよね。

    一般的な唇の厚さは、上唇が0.9cm、下唇が1cmだと言われています。つまり、上下合わせて1.8cm程度が標準だということです。それよりも厚みがあり、上下の長さが2.5cm以上だとたらこ唇だとされることが多いです。

    また、横幅が短い唇だと、2.5cm以上の厚みでなくてもたらこ唇に見えてしまうこともあります。美しく見える唇は縦の長さと横の長さが1:3だと言われているので、基準を大きくはずれる場合はたらこ唇に見える可能性も高いでしょう。

    出典:美的.com『“唇”について女性200人に緊急アンケート!』(2019年10月)
    https://www.biteki.com/make-up/make-up-face-catalog/454819

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)