劣等感が強い人の特徴とは?心理・原因や対処法など徹底リサーチ!

強い劣等感は、ネガティブな気持ちを呼び込むと言われています。「劣等感がつらい」と思っている方も多いのではないでしょうか。この記事では劣等感の原因や対処、克服方法について紹介します。劣等感に悩んでいる人や、周りに劣等感が強い人がいる場合は参考にしてみてください。

  • そもそも「劣等感」ってどんな意味?

    劣等感を抱き、思い描いているように行動ができないという方も多いはず。あまりにも劣等感が大きいと、周りの目を気にして何もできなくなってしまうことがあります。しかし、劣等感に苛まれてばかりでは何も実現できません。

    そもそも、劣等感とはどういう意味なのでしょうか?まずは劣等感について知り、それを克服するためのヒントを探っていきましょう。

    「劣等感」の意味


    自分より優秀な人が目の前に現れた時、「自分は全然ダメだ」と感じたことはありませんか?このように、他人と比べて「自分の方が劣っている」という感情を抱くことが劣等感です。

    劣等感は人間だからこそ感じられる感情と言えるでしょう。厄介な感情ではありますが、適切に対処していくことで克服する術を見つけられますよ。「自分は劣等感まみれだ」と落ち込むのではなく、前向きに物事を考えることから始めてみてください。

    「劣等感」の類語


    劣等感の類語として挙げられるのがコンプレックスです。コンプレックスとは、自分の嫌な部分のことですよね。

    劣等感は「自分は他の人よりも劣っている」という比較から後ろ向きな感情になるのが特徴。一方でコンプレックスは「鼻が低いのをからかわれた」といった嫌な経験がネガティブな感情を呼び起こしていると考えられます。

    他にも、劣勢感や引け目といった言葉も劣等感の類語。劣勢感は他と比べて勢いがなく、ネガティブな感情を抱いていることです。引け目は、自分に自信がない状態を表しています。

    出典:goo辞書『劣等感(れっとうかん) の意味』
    https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E5%8A%A3%E7%AD%89%E6%84%9F/#jn-234935

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)