獅子座と相性が良い星座を男女別に徹底紹介!獅子座の特徴&性格も!

12星座のなかで太陽を守護星にもつ「獅子座」。エネルギーと行動力にあふれ、いつもみんなの中心として目立つ存在です。そんな獅子座と相性の良い星座・相性の悪い星座を男女別にご紹介します。獅子座の性格や恋愛・結婚傾向などもぜひ参考にしてみてください。

  • 獅子座と相性が良い相手ってどんな人?

    獅子座は、生命の源でもある太陽を守護星にもつ星座。真夏の星とされ、正々堂々とした精神で生きることを特性にもつ星座でもあります。

    自分にとても正直で真っ直ぐな性格の獅子座ですが、自己主張の強い性質の裏側には繊細な心も持ち合わせています。そんな獅子座はどのような相手との相性が良いのでしょう。また、どの星座との相性が悪いと言われているか知っていますか?

    今回は、獅子座の基本的な性格や特徴、恋愛傾向・結婚観などを徹底的に分析していきます。相性の良い悪い星座も男女別にご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。
  • まずは獅子座の基本的な性格&特徴から!

    まずは獅子座の基本的な性格や特徴について。獅子座の性格は、パッと見では「強い人」「ポジティブなエネルギーがある人」と取られがちですが、よくもわるくも繊細で複雑な一面も持っています。

    また「自分の弱い面やネガティブな面を人に見せたくない」という性格ゆえに、弱さを理解されず、まわりから誤解を受けやすいのも事実です。では、獅子座の性格とはどのようなものなのでしょうか?

    意思が強く自分の意見が言える


    獅子座は「やりたいこと」や「自分の考え方」に対して確固たる意思をもっています。周りの人と自分を比較して弱気になったり、自分のやり方に対して「これでいいのかな?」と不安になることなく、真っ直ぐに道を突き進む力に長けているのです。

    「意思の強さ」というのは、裏を返せば、「頑固者」「偏屈」だと受け取られることもあるでしょう。ですが、周囲に流されやすかったり、自分に自信を持てない人にとって、獅子座のような堂々とした生き方は憧れそのものでもあります。

    獅子座は、基本的に強気で自信のある性格。そのため、自分の意見などもしっかりと相手に伝えることができるのです。グループ内などでも自己主張が強くなるので、自らが中心となって行動する傾向も高いといえます。

    努力家な一面がある


    獅子座は、自分の進むべき道ややるべきことを明確にもっています。そのため、一度「これだ!」と決めることができれば、脇目をふらずにひとつのことにじっくりと取り組むことができるのです。

    自己主張が強い獅子座は「ただの目立ちたがりや」と思われることも多い上、子供のような明るいエネルギーの持ち主なので、計画性がなさそうと思われることもしばしば。ですが実際には、コツコツと努力を積み重ねていくことは得意なのです。

    自信家で向上心が強い


    獅子座は「自分はこうありたい」という理想像をもっていることが多いです。努力家な一面もあるので、目標に向かっては辛抱強く着実に歩みを進めます。努力をするなかで「自信」と「プライド」が形成され、自信家の印象を持たれやすいでしょう。

    自信家でプライドの高い側面から、つい「まわりからよく思われたい」と考えてしまうことも。人に褒められることも好きなので、見栄を張ったり多少の無理をしても、自分の行動に対してはあまり後悔することはありません。

    獅子座は、向上心の塊でもあります。周囲から憧れるような存在でいたい、自分の理想にたどり着きたいという意思が強いためです。自分自身の方法で目標までたどり着こうと努力しますが、挫折には少々弱く、切り替えには時間がかかるでしょう。

    基本ポジティブだが変化に弱い一面も


    獅子座は、基本的にポジティブな性格です。獅子座は太陽を守護星にもつ星座、生まれながらに太陽のエネルギーを宿しているので「自分は特別な存在」と感じることもしばしば。目立つことが好きで、さっぱりした性格。子供のような明るさも持ち合わせているのです。

    「楽しくて面白い人」と思われることの多い獅子座ですが、じつはプライドの高さなどが原因で打たれ弱かったり、傷つきやすい一面も持っているのです。一つのことを信じる力には長けていますが、臨機応変に軌道修正するのは苦手としています。

    常に自分自身に余裕をもって生きていきたいと思っているので、環境の変化や自分自身を追い込むような事態は避けようとする傾向もあります。そのため、仕事や恋愛に関しても、ひとつの仕事や一人の相手と長く付き合っていきたいと考えるようです。