天然ボケな人の特徴とは?性格や行動&愛される理由も解説します!

天然ボケな人は、独特な考え方をしていて少しズレている部分があります。しかし、なぜか男女ともに愛されることが多いです。不思議ですよね。そこで今回は、天然ボケな人の特徴とともに、愛される理由について詳しく解説していきます。偽天然ボケを見抜くコツも必見ですよ。

  • そもそも「天然ボケ」ってどんな意味?

    「〇〇さんって天然ボケだよね」「たしかに、ちょっと抜けているところがあるしね」などの会話を耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか。実際に言われたことがある、という人もいるでしょう。

    しかし、天然ボケという言葉の意味や、具体的にどんな人のことを指すのかをよく知らずに使っていることも多いはず。

    そこで今回は、天然ボケな人の特徴や愛される理由などを解説していきます。天然ボケな人に対する男女の意見も紹介しているので、「こういう風に思われているものなんだ!」と感じる意見も見つかるかもしれませんね。

    「天然ボケ」の意味


    そもそも「天然ボケ」は、周りとは少しズレた発言や行動を行った結果、笑われてしまう変わり者の人を指すことが多いです。「ボケ」を省略して、「天然」と使われる場合がほとんどでしょう。

    一般的な型にハマらず、常に素の自分のまま行動する「天然ボケ」さん。愛されキャラとして扱われることもあれば、ズレた行動をしていることで周りの人にからかわれたりすることもあります。

    また、「天然ボケ」は知能が低い人を指しているわけではありません。どれだけ賢くても天然ボケな人はいるものです。

    「天然ボケ」の語源


    知らない人が多いであろう、「天然ボケ」の語源。実はこの言葉は、お笑い芸人の萩本欽一さんが発言したことから始まったんです。

    萩本欽一さんがとある番組でジミー大西さんを呼んだ時のこと。あまりに個性的なジミー大西さんのキャラクターに萩本欽一さんは思わず「天然だね」という言葉を放ったのだそうです。

    3週ほどで番組を降板されたジミー大西さんは、明石家さんまさんに降板された理由を報告。明石家さんまさんは大笑いし、その後の番組でジミー大西さんを天然呼ばわりしました。

    そこからいつの間にか「天然」という言葉が広まり、一般的にもよく使われるようになったんです。