巨乳はどこから?気になる男女の意見やカップ別の悩みを紹介します!

一体どこからが巨乳なのか、明確な基準を決めるのは難しいものです。この記事では、巨乳の定義や男女別の意見、さらにはカップごとのお悩みも紹介しています。巨乳の基準・境界線が気になる人はぜひ読んでみてください。

  • 巨乳って一体どこから?男女の本音は?

    大きなおっぱいのことを「巨乳」と言いますが、そもそも巨乳とはどのくらいのサイズを指すのでしょうか?一体どこからが巨乳になるのか、何カップだと巨乳なのか、定義や基準が気になりますよね。また男女によっても判断の仕方は異なると言えます。

    さて、ではどこからが巨乳になるのでしょうか?男女それぞれの本音と併せて見ていきましょう。

    巨乳に決まった定義はない


    「Dカップ以上あれば巨乳」「ウエストよりおっぱいが目立っていれば巨乳」など、どこからを巨乳とするかは人それぞれです。自分が巨乳だと思っても周りが巨乳とは思わないこともありますし、もちろんその逆パターンだってあり得ます。

    そのため「○○だから絶対に巨乳!」とは断定できません。どこからが巨乳なのかを自由に論ずるのは面白いですが、実際のところ特に決まった定義は存在しないと言えます。

    どこからが巨乳かは男女で違う?


    どこからが巨乳なのか?という定義は男女によっても違うものです。一般的に女性の場合はD~Eカップ以上、男性の場合はFカップ以上を巨乳と捉える傾向にあります。さらに男性の場合、弾力・ハリ・形など、サイズ以外の部分も含めて総合的に評価することが多いです。

    どこからが巨乳かの判定基準は、女性より男性の方が若干高めと言えるでしょう。

    服を着た状態でも大きければ巨乳


    どこからが巨乳になるかを考えた時、ほとんどの人がおっぱいそのものをイメージするでしょう。しかし中には、服を着た状態でのおっぱいをイメージして巨乳か否か判定する人もいます。ピタッとした服装だけではなく、ダボダボした服装の時でも胸の大きさが目立てば巨乳!とする見方も多いのです。

    どこからが巨乳なのかを判断する際は、脱いだ状態ではなく服を着た状態を見ることもポイントですね。

    Cカップ以下でも巨乳に入る!?


    おっぱいは女性・母性の象徴です。そのため「どこから云々ではなく、B~Cカップでも胸があれば十分巨乳」と定義する男性も存在します。胸が膨らんでいればそれだけで巨乳、という意外な定義ですが、貧乳に悩む女性からするとちょっと嬉しいと言えますね。

    「どこから」という根本的な問題を覆す、非常に斬新な捉え方です。