相談に乗ってくれる男の心理とは?下心の有無についても確認しよう!

  • 男性に相談をするときの注意点

    男性に相談をすることにはメリットもありますが、当然、デメリットもあります。

    望まない相手と相談以上の関係になるのは避けたいですし、こちらが好意を持っている男性に嫌われるのも、もちろん回避したいですよね。

    そこで相談に乗ってくれる男性の心理と目的を理解したうえで、男性に相談するときに注意した方がいいことをまとめてみました。

    相談に乗ってくれることへの感謝を持ちながらも、次のことには気をつけましょう。

    夜に二人きりで会わない


    今は相談に乗ってくれる以上の進展を望まない男性と、夜に二人きりで会うことは避けましょう。

    夜は昼間と違い、男女の関係が進展しやすい時間帯。こちらにその気はなくても、相手の男性には「OKなのかな?」と誤解を与えることになりかねません。悩みを相談するくらい信頼はしているとはいえ、やはり相手は男性です。

    「あの人に限ってそんなことないでしょ」と油断していると、思わぬ危険な目にあうこともあります。

    そうした事態を避けたければ、相談する時間帯は昼間を優先するようにしましょう。どうしても夜に会う場合は、明るく人目のあるお店の中などを選ぶのは必須です。

    しつこく相談すると嫌われてしまうかも?


    相談に乗ってくれるのが嬉しいからと、しつこく相談するのは考えものです。始めは頼りにされるのが嬉しくて相談に乗ってくれる男性でも、いつも悩み相談となると疲れてうんざりしてしまうでしょう。

    人の相談に乗るのは、相手の話を聞いたり、それに対するアドバイスを考えたりと、精神的に疲れるものです。あまりにも頻繁に相談ばかりされると男性も困ってしまいます。また「いつも悩んでるけど、結局、自分で解決する気がないんじゃないの?」とネガティブな印象も与えてしまうことも。

    やはり何事も、ほどほどが肝心。しつこく相談するのは辞めた方がいいですね。

    相談に乗りやすい話し方を工夫する


    男性は女性に比べて、だらだら長い話を聞くのが苦手な傾向があります。せっかく相談に乗ってあげたいと思っても、女性の話し方が下手だと、相談に乗ること自体を苦痛に感じてしまうことも。

    相談するときは、ただ自分の思っていることをそのまま話すのではなく、男性が話を聞いてアドバイスしやすい話し方を心がけましょう。

    例えば「仕事の成績が伸びなくて困っているからアドバイスしてほしい」というように、相談に乗ってくれる男性に「どういうことで困っていて、どういうアドバイスをすればいいか」の二つが分かりやすい切り出し方を心がければ大丈夫です。

    アドバイスは素直に聞く


    せっかく相談に乗っているのに「それは違うと思う」などと、自分のアドバイスを否定されると、誰でも嫌な気持ちになってしまいます。相談するときは自分の考えを主張するよりも、相手の考えをアドバイスとして受け入れる気持ちが大切です。

    男性のアドバイスに反論がある場合、一旦「そうだったんだ」と素直に聞いた上で「実は私はこうだと思っていたの」と、あくまでも自分の今までの意見として伝えるといいでしょう。

    相談に乗ってくれる男性は、女性に力を貸してあげたいと思っています。どんなアドバイスも、感謝の気持ちで素直に聞く姿勢をみせましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)