相談に乗ってくれる男の心理とは?下心の有無についても確認しよう!

  • 相談に乗ってくれる男性に下心があるか見抜く方法

    相談に乗ってくれるのは嬉しいけれど、体の見返りを求められるのは絶対勘弁して!という相手もいますよね。悩む女性の弱みにつけこむ悪い男ばかりではないと信じたいところですが、下心のある男性を見抜く目は養っておいたほうがいいでしょう。

    「下心を向けられて迷惑な相手ならば始めから相談したりしない」という、もっともな意見も聞こえてきそうです。しかし現実問題、そういう関係になるつもりはなくても、この男性に相談したいという事情があるケースもあるでしょう。

    相談に乗ってくれる男性の下心を見抜くポイントを4つ挙げてみたので、参考にしてみてくださいね。

    やたらと「二人きり」になろうとする


    悩み相談は基本的に人目のある場所でするものではありません。とはいえ、やたらと二人きりになろうとしてくる男性には注意が必要です。

    下心のある男性は、不自然なほど人目を避けたがるものです。表向きは相談に乗ってくれるという体ではありますが、内心、体の関係に持ち込みたくてうずうずしている可能性もあります。

    やたらと二人きりの場所で相談に乗りたがる男性には、毅然とした態度で、こちらから人目のある安全な場所を提案しましょう。

    聞くだけでアドバイスをくれない


    こちらの話を聞くばかりで自分の意見を全く言おうとしない男性も、真剣に相談に乗ってくれる気がない可能性大です。相談に乗ると言って意見もアドバイスも出てこないときは、下心があると見た方がいいでしょう。

    男性は相談に乗ることで女性の悩みを解決してあげたいと思うものです。しかし下心がある男性は、女性の悩みの解決を目的としていません。相談に乗ることで油断させ、体の関係に持ち込みやすくしようと考えています。

    相談に乗ってくれている男性が何のアドバイスもくれないなと思ったら、「あなたはどう思う?」と、こちらから聞くのもオススメです。

    優しい言葉しかくれない


    「それはつらいよね」「君は悪くないよ!」と気持ちを理解してもらえると、嬉しくなってしまいますよね。しかし相談する内容によっては、ときに耳に痛いような厳しいアドバイスが必要なこともあるはずです。

    下心のある男性は、女性に優しい言葉しかかけないのが特徴です。下手に厳しいアドバイスをして嫌われるとスムーズに体の関係に持っていけなくなるからです。また、話自体をおざなりに聞いているときも、耳ざわりの良い優しい言葉しかくれなくなります。

    ひたすら慰めて欲しいとこちらが先にことわったような場合を除いて、優しい言葉しかくれない男性には警戒した方が良さそうです。

    頻繁にボディタッチしてくる


    頭や肩ををポンポンするなど、ボディタッチで励ましの気持ちを伝えることはあります。しかしおつきあいをしている恋人同士の関係でない限り、男女間では頻繁なボディタッチは控えるもの。

    下心があって女性の相談に乗る男性は、体の関係になることが目的なので、目当ての体を不必要に触ってこようとするでしょう。励ましのサインに見せかけたボディタッチを繰り返すことで女性を安心させ、ベッドに誘いやすい雰囲気を作ろうとしているのです。

    不自然でない程度のボディタッチならば大丈夫ですが、頻繁にボディタッチしてくる男性には、それとなく距離を空けるか、やんわりと「触らないで」と伝えましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)