胸がFカップの女性の大きさや重さは?特有の悩みやメリットもご紹介

Fカップの胸となると、かなりの大きさですよね。「胸が小さいのが悩み」という女性にとっては羨ましいところですが、Fカップ女性特有の悩みもあるのだとか。そこで今回は、Fカップの大きさや重さを詳しくご説明するとともに、悩みやメリットもご紹介します。

  • 胸のサイズがFカップってどのくらいの大きさ?

    胸のサイズがFカップと聞けば、男性からは「おお~」とどよめきが起きることでしょう。同性の女性からは、「羨ましい」という声も少なくないかもしれません。

    ところで、Fカップの胸のサイズがどのくらいの大きさなのかと聞かれて、すぐに答えられる人はどのくらいいるでしょうか。女性でも明確に答えられる人は少ないでしょう。男性となればなおさらですよね。

    そこでまずは、Fカップの胸のサイズや重さについて見ていくことにします。

    Fカップのトップとアンダーの差は?


    そもそもFカップとは、ブラジャーのサイズのことを言い、胸のカップサイズは、胸のふくらみの最も高い部分と、胸のふくらみのすぐ下の部分を計測して割り出します。ふくらみが最も高い部分がトップバスト、胸のふくらみのすぐ下部分がアンダーバストです。

    このトップとアンダーの差が大きいほど、ボディはスマートで胸は大きく見えます。トップが大きくてもアンダーとの差があまりなければ、胸だけが大きくは見えないからです。

    Fカップのトップとアンダーの差は、約22.5㎝。そのため、アンダー65㎝と細い人なら、トップ88㎝でFカップとなります。一方、アンダーが100㎝ならトップは123㎝で、アンダーとの差が大きいほど巨乳に見えるでしょう。

    Fカップのおっぱいの重さは?


    一般的に、Fカップのおっぱいの重さはおよそ810gとされています。これは片方の胸だけですので、両方合わせると1620グラム。なんと1.6㎏の重さを体の前に付けていることになるのです。

    よくおっぱいが大きいと肩が凝るという声が聞かれますが、常に1.6㎏もの重さを付けていると考えると納得ですよね。

    ちなみに、Aカップの重さを果物に例えるとみかん2個分で、71g×2で142gになります。一方のFカップはというと小玉メロン2個分ですので、その差はなんと1478g!これでは肩が凝るのも無理はありませんね。