付き合ってすぐ別れるカップルの特徴は?長続きするコツも紹介します

  • 付き合ってすぐ別れるカップルにならないコツ

    せっかく好きな人と結ばれたのですから、付き合ってすぐに別れるなんてことは避けたいですよね。では、すぐ別れないようにするためにはどう付き合っていけば良いのでしょうか。

    そこで、付き合ってすぐ別れるカップルにならないコツをご紹介!そこから長続きする秘訣が知れますよ。

    距離感を大切にする


    付き合ってすぐ別れるカップルの特徴に、急接近しすぎるという特徴がありましたよね。その問題を解消するには、適度な距離感が必要になります。

    付き合ってすぐのうちは、相手に対する好きな気持ちがかなり強い状態でしょう。会いたいと思うこと、連絡を取りたいと思うのは自然なことです。ただ、無理してまで気持ちを優先してしまうと、それが結果的に別れを招いてしまいます。

    もちろん会ったり連絡を取ったりするのを我慢する必要はありませんが、あまりにもベタベタした関係性だと冷めるのも早いです。ですから、自分の用事をキャンセルしてまで会う、寝る時間を削ってまで電話をするといった無理な行動は控えましょう。

    お互いに感謝する


    お互いに感謝することも忘れてはいけません。付き合ってから徐々に、この意識が薄れてしまう人が多いです。付き合っても尚、交際前と同じような感謝の思いは持つべきですね。

    また、感謝するようになると相手の長所や魅力を知りやすくなります。例えば、忙しい中連絡をくれたとしましょう。相手から連絡が来た時「眠いのにわざわざ連絡してくれた」「忘れずに連絡くれた」と感謝すると、相手が自分のためを思って行動してくれていると思えますよね。

    一方、「連絡するの遅い」「浮気でもしてたんじゃないの?」と思ってしまえば、感謝することはできません。むしろ疑いや不安が強くなるでしょう。

    このように感謝するだけでも、自分が抱く感情に違いが出ます。仲良くいるためにも、お互いに感謝することは忘れないでおきましょうね。

    愛情表現をする


    付き合ってすぐ別れるカップルにならないために、愛情表現もしっかりしておきたいところ。「付き合ってるんだから分かるだろ」という考えはなるべくしない方が良いです。

    好きだから付き合っているという事実には変わりはありません。ですから、わざわざ「好き」と言わなくなる人もいます。でも、まだ二人は付き合って間もない間柄です。「本当に好きなのかな…」「浮気とかしないかな…」と不安に思う気持ちもあるはずですよね。

    付き合ってすぐの段階では、これまでにもあったように二人の間に信頼関係がまだできていないことが多いです。その状態で相手を100%信用することはできないでしょう。そこで必要になるのが、愛情表現という名の安心感です。

    適度に「好き」「愛してる」と伝えることは、相手の不安を取り除く行動にもなります。信頼関係をすぐに築けるよう、恥ずかしがらず愛情表現はした方が良いでしょう。

    少しずつ自分を見せる


    好きな人に嫌われないようにと、あるいはもっと好きになってもらおうと自分を演じる人がいます。しかし、本来の自分を出せないまま付き合っていれば、やがて辛くなってくるでしょう。初めからありのままの姿を見せる必要はありませんが、自分を出せないことに限界や疲れを感じて別れることがないよう、少しずつ自分を見せていくべきです。

    付き合いたいと思ったほど「好き」と思った相手ですよね。相手もきっと同じ気持ちです。少しくらい欠点や短所があっても、受け入れてくれるのではないでしょうか。

    それを必要以上に怖がって自分を出せずにいたら、ストレスが溜まるはず。また、「相手は演じている自分を好き」と感じて、いつまでも自分に自信が持てないでしょう。

    ですから「実はこういうところがあるんだ」というのを、少しずつ見せて自分を出していくべき。自分の言動によりストレスを溜めないよう、勇気を持ってみてはいかがでしょうか。

    素直に気持ちを伝える


    付き合ってすぐのうちは不安や寂しさ、あるいは相手を求める気持ちが強くなってしまいがちです。まだ相手がどんな人か具体的に把握できていない上に、信頼関係もできていない状態ですから仕方ないのかもしれません。

    ですが、そうした気持ちを我慢したり強がって真逆のことを言ってしまえば、いつまでもお互い理解することはできないでしょう。このような時は、素直に気持ちを伝えるべきです。

    例えば、浮気する人なのか分からず心配なら「浮気されないかってちょっと不安」と伝えてみましょう。その気持ちを聞いた相手は、あなたがどんなことにどのような思いを抱えるかを理解します。そこからあなたを知り、どういった付き合い方がベストなのか見えてくるはずです。

    あなたも、相手から素直に気持ちを言われた方が「こうしてあげよう」と解決策を見い出せますよね。このようにしながら、自分たちの最適な付き合い方を見つけていきましょう。
  • 【番外編】付き合ってすぐ別れたい!どうすれば?

    きっと中には、「やっぱり付き合わなければ良かった」「なんで付き合ったんだろう…」と、付き合ったことを後から後悔する人もいるでしょう。

    そこで、付き合ってすぐ別れたいと思った時の対処法もご紹介。すぐに別れる方法、また別れる前にすべきことを見ていきます。

    「仕事や学校が忙しくて…」と切り出す


    付き合っていくのが難しい状況であることを伝え納得してもらえるよう、「仕事が学校が忙しくて…」と切り出してみると良いのではないでしょうか。気持ちはあるものの、仕方ない事情があり別れなければならないという雰囲気を出して別れる方法です。

    例えば、あまり相手のことをよく知らずに付き合って後悔しているという場合、「思ってたのと違うから別れる」では相手は納得しにくいでしょう。このような場合は、「だったらなぜ付き合ったの?」「軽い気持ちで付き合ったの?」という疑問と不安を与えます。

    ですが、仕方ない事情があると相手も納得せざるを得なくなるはず。仕事や学校は生活していく上で必須なものであり、付き合っていることで支障が出るとしたら相手は心配するでしょう。

    別れる言い訳は、相手や自分のせいにするよりも状況や環境のせいにした方が納得してくれるはずです。

    相手からの電話に出ない


    付き合ってすぐ別れたいと思っても、なかなか言葉にして伝えるのは難しいですよね。そんな時は相手からの電話に出ないという方法で、「別れたい」を匂わせることも良いでしょう。

    最初は「忙しいのかな?」と思って、相手から何度も電話がかかってくるかもしれません。しかし、その状況が2日も3日も続いたら「あれ…おかしい」と気づくはずですよね。そうした行動によって、別れる準備を相手にしてもらうのです。

    ただ、この方法は相手に少なからず不安を与える方法であり、自然消滅もあり得る方法になります。ですから、あなたが「やっぱり付き合っていきたい」と心変わりした時に受け入れてもらえなくなる可能性が高いです。このまま別れるのが最適なのか、慎重に考えたのちに試した方が良いでしょう。

    「友達に戻りたい」と伝える


    相手の性格や価値観、あるいは自分との相性などは実際に付き合ってみないとなかなか把握できないもの。そこにズレがあり受け入れがたく別れたいと思った場合は、「友達に戻りたい」と伝えるのも良いでしょう。

    つまり、「付き合う前の方が良かった」と伝える方法です。このように伝えれば、恋人関係になってから不満を持ったということが相手に伝わるはず。また、付き合った時点では好きな気持ちがあったものの、付き合っていくうちに気持ちが変わったと分かるでしょう。そのため、「なんで付き合ったの?」という疑問を与えずに済みます。

    中にはこのように言われて「悪いところを直すから」と言う人もいるでしょう。その場合は別れるのではなく、様子見でもう少し付き合ってみても良いかもしれませんね。相手に不満があり別れたいと思った場合は、このような伝え方が効果的です。

    相手と距離を置く


    付き合ってすぐに、頻繁に会ったり連絡したりしなかったでしょうか。付き合ってから一緒にいることが急に増え、そのせいで別れたいという気持ちになっている可能性もあります。「会う度喧嘩になってきたな」「前より遠慮がなくなったな」という思いから別れたいと思うならば、距離を置くと良いですね。

    相手との距離が近すぎると、嫌なところが見えてくるでしょう。すると「付き合う前の方が良かった」と思ったり、「本当に好きか分からなくなってきた」なんて気持ちが芽生えてきます。でももしかしたら距離を置けば、再び好きな気持ちが強くなるかもしれません。

    付き合ってすぐは気持ちが舞い上がるため、接点を多く持ちがち。そこから問題が生じることも多々あります。その問題が消え去るまで、別れる前に一度距離を置いて自分と向き合ってみるのも良いでしょう。