付き合ってすぐ別れるカップルの特徴は?長続きするコツも紹介します

  • 付き合ってすぐ別れるカップルの特徴≪前編≫

    では、ここからは付き合ってすぐ別れるカップルの特徴を見ていきましょう。

    このような付き合い方だと、好きな人と付き合ってもすぐに別れる可能性があります。自分たちに当てはまるものがないか確認しながら、長続きする方法を見つけていきましょう。

    勢いだけで付き合った


    付き合ってすぐ別れるカップルには、勢いだけで付き合ったという特徴が見られることがあります。

    例えば、初対面で意気投合し楽しく一日を過ごせたからと付き合ってしまうカップルですね。まだ相手のことをよく知らないどころか、「好き」という気持ちがあるかも分からない状態です。この段階で付き合ってしまうのは、ある意味冒険と言えるのではないでしょうか。

    他にも、飲んでいる席でお互いにフリーだから付き合ったなど、その場のノリや雰囲気で付き合ってしまうとすぐに別れるでしょう。

    相手の悪い所ばかり目がいく


    相手の良い所ではなく悪い所についつい目がいくというのも、すぐに別れるカップルの特徴。付き合ってみて「あんまり話が面白くないな」「意外とスタイル良くないんだ」と、相手の悪い所ばかり見てはいないでしょうか。

    このように減点方式で相手を見てしまうと、だんだん好きな気持ちが薄れてしまうのは当然のこと。確かに、近くにいる分相手の欠点が目につくようにはなるものの、良い所を見逃している可能性があります。

    相手のことが好きになったということは、それだけ相手に良い所があったからですよね。欠点だらけに思えてきたら、初心に戻って相手のどこが好きかなど、別れる前に魅力を改めて探してみると良いでしょう。

    どちらかが極端に自信がない


    どちらかがあまりにも自信がないタイプの人だと、付き合ってもすぐに別れる傾向にあります。

    何事もネガティブに考え、そこから不安や不満が膨らんでしまうのでしょう。そうした思いを解消するためにと、次は束縛したりワガママを言ったりといった問題になり得る行動を取るようになります。自分の自信のなさを相手に埋めてもらおうとしている訳ですから、相手の負担になるのも当然ですよね。

    ついつい束縛をしてしまう、ネガティブ発言をしてしまうという人は、自身の性格と向き合うべきです。それを改善しないことには、相手が誰であろうと短命の恋愛で終わってしまいます。

    LINE等の連絡頻度に差がある


    好き同士のカップルでも、恋愛に対する価値観に少なからず違いがあるでしょう。中でも、会っていない時の連絡は人によって心地よく感じる頻度が違います。

    例えば、「毎日、逐一報告が欲しい」と思う人もいますが、「連絡は用事がある時だけでいい」という考えの人もいます。こうした二人が付き合えば、連絡頻度に差が出てしまうでしょう。すると、どちらも不満を抱えるようになります。

    毎日連絡が欲しいと思う人は、「連絡が遅い」「大事にされていない」と感じるでしょう。反対にそこまで連絡を必要としない人は、「面倒くさい」「重い」と感じるはずです。

    連絡頻度で相手の愛情を量ることはできません。また、頻度が多ければ上手く行くとも限らないもの。このようなことですぐに別れることがないよう、二人で丁度良い頻度を話し合って見つけていくべきでしょうね。
  • 付き合ってすぐ別れるカップルの特徴≪後編≫

    「初めが肝心」とよく言われますが、恋愛においても同じことが言えそうですね。

    他にも付き合ってすぐ別れるカップルには特徴があります。引き続き見ていきましょう。

    相手に本音が言えない


    寂しい時に「寂しい」と、あるいは嫌なところを「嫌だ」と本音を言えないカップルは、付き合ってすぐに別れることが多いです。

    付き合ってすぐには、相手と信頼関係を築くことは難しいものですよね。まだまだお互い知らないところだらけの状態ですから、「これを言ったら引かれるかも」「こんなことは言えない」と遠慮してしまうのも分かります。ですがその本音は、行き場をなくし結果的に不満になることが多いのです。

    付き合って間もない頃は嫌われたくないという思いが強いはず。だからこそ余計に、自分の本音を隠してしまうのでしょう。

    ですから、すぐに別れることにならないよう、付き合う前にある程度信頼関係は築いておいた方が良いと言えそうです。過度に遠慮したり自分を演じることは、恋愛をつまらなくさせてしまうでしょう。

    ルールが多すぎる


    「帰ってきたら電話をすること」「休みの日は必ずデートをすること」など、二人の間にルールが多すぎると窮屈な恋愛に感じるでしょう。こうしたルールが原因で別れるカップルも少なくなく、自分たちでその恋愛を短命にしてしまっている可能性があります。

    付き合ってすぐに、ある程度約束事を決めておくことは必要です。特に「どこからが浮気か」といったことは話し合っておいた方が自分たちのためになるでしょう。

    ただ、細かなルールを作りすぎると自由が利かなくなったり、場合によっては相手に嘘をつくようになってしまいます。信頼関係ができる前に嘘をつかれたら、当然相手を信用できなくなるでしょう。

    大まかなルールは良いとしても、身動きが取れなくなるほどの細かいルールは初めから作らない方が良いかもしれません。

    周囲にラブラブをアピールする


    付き合ってすぐ別れるカップルには、「周囲にラブラブをアピールする」という特徴も見られます。

    中でもよくあるのが、SNSでラブラブをアピールする行動です。「大好き♡」「いつまでも一緒」などと言いながらラブラブな写真をアップしたり、SNS上で絡み合って周囲にカップルであることをアピールする人たちは別れるのも早い傾向にあります。

    これは、付き合ってすぐの段階で気持ちが盛り上がり、周囲にも「認めてもらいたい」という思いが生まれるからでしょう。また、ラブラブな様子を見てもらうことで「自分たちはカップル」とアピールし、浮気の予防にしていることもあります。

    このような人の場合は恋に恋しているケースが多く、相手に対する気持ちも冷めやすいです。

    急接近しすぎる


    好きな人と付き合えると、それだけで嬉しいですよね。自分のものになったという思いから、相手への遠慮がなくなるでしょう。

    すると、連絡やデートの回数も増えます。付き合ってすぐは好きな気持ちが強いため、「会いたい」「繋がっていたい」と思うことが多いからでしょう。その結果、すぐ別れるということも少なくないです。

    つまり、急接近しすぎが原因ですね。付き合って間もない訳ですから、相手を知ろうとする気持ちは皆理解できるでしょう。しかし、無理して会ったり密に連絡を取っていれば、相手に飽きてしまうのも早いです。そして、欠点が見えてくるのもすぐでしょう。

    そこから喧嘩が増えて別れるというカップルもいます。好きな気持ちに任せて急接近しすぎると、別れを招いてしまうこともあるのです。