耳を触る癖のある人の心理とは?治す方法や対処法もお伝えします!

耳を触る癖がある人っていませんか?実は耳を触る癖には、とある心理が潜んでいるんです。今回は、耳を触る癖がある人の心理や治す方法、対処法などをご紹介します。耳を触る癖があることに悩んでおり、治したいと思っている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

  • 耳を触る癖がある人について徹底解説!

    何気なく自分の耳を触ったり、他人の耳を触る癖がある人っていますよね。つい耳を触る癖がある人は、どのような心理をしているのでしょうか?耳を触るという行為には、さまざまな心理が隠されているのです。

    今回は、耳を触る心理について、どんなものがあるのかご紹介していきます。また、耳を触る癖を辞めたい人と考えている人もいるでしょう。そんな耳を触る癖を辞めたい人向けに、耳を触る癖を辞める方法などもご紹介していきます。

    耳を触る癖について知りたい人は、ぜひ読んでみてくださいね。
  • 耳を触る癖のある人の心理《自分の耳編》

    まずは自分の耳を触る癖のある人の心理をご紹介します。耳を触っているとき、その人はどんなことを考えているのでしょう?

    寂しいと感じている


    耳全体を覆ってしまったり、耳の穴を触れるように触っている場合、寂しさを感じている場合が多くあります。耳を触れていじることによって、寂しいという感情を誤魔化そうとしているのです。

    この耳の触り方をする人は、誰かがいなくて寂しいと感じていたり、一人でいる事に寂しさを感じているでしょう。普段から寂しさを感じやすい人が多く、特に夜に触れる人が多いようです。また、幼少期にずっと一人でお留守番をしていたりして、寂しさを感じやすいことが関係しています。

    不安を感じている


    自分の今置かれている環境に対して、不安を感じている人も耳を触る癖があります。例えば、自分の将来に関して不安になっていたり、人間関係がうまくいかずに不安になっている時です。不安な気持ちばかりが募りうまく発散することができず、自分の耳を触って落ち着かせようとしているのでしょう。

    また、耳を触る癖に表れるだけではなく、表情にも陰りがあることが多くあります。どこか不安そうにしていたり、暗い表情をしていた場合、不安で仕方ない心理をしているでしょう。何が不安なのか聞いてあげて、優しくしてあげてくださいね。

    照れを感じている


    人は照れるという感情になった時に、顔や耳が赤くなってしまうこともありますよね。照れていることを隠そうとしている時は、耳を触ってその赤みを隠そうとしているのです。なので、耳を触っているときは、照れている可能性が多くあります。

    このタイプの人は、普段からあがり症であったり、照れ屋である人が多いです。恥ずかしそうに視線を下に落としながら触っていたり、顔を赤くしていた場合、照れによって耳を触っている可能性が高いでしょう。

    退屈している


    退屈をしている人は、手持ち無沙汰に何かをいじったりすることが多くあります。物を触ってしまったり、何かに絵を描いてみたり、髪の毛をいじってみたり、とにかく暇であることを紛らわそうとしているのです。その一環で、耳を触って暇を誤魔化そうとしている人も多くいます。

    話していてもあまり興味がなさそうに耳を触っていたり、一人で何もせずにぼーっとしながら耳を触っていた場合は、このケースが多いでしょう。会話をしている最中なのであれば、会話内容を変えてみてあげてくださいね。

    甘えたいと思っている


    赤ちゃんが甘えたい時には、自分の指をくわえたり耳を触ったりする仕草をする事があります。この仕草の名残で、甘えたいと思っている問いに耳を触っている人が多いのです。

    耳を触りながらどこか物足りなさそうにしていたり、少し距離が近づいたりしたら、甘えたいという意思で触っている事が多いでしょう。特に、恋人相手に対してこうなることが多いので、自分の恋人が耳を触っていたら少し甘やかしてあげてくださいね。

    気持ちがいい


    耳たぶは体の部位の中でも、特に柔らかくて触れると気持ちがいいですよね。特に耳たぶは弾力もあり心地いいので、無意識のうちに触ってしまう人も少なくありません。

    単に気持ちよさを求めて耳たぶを触る癖がついているので、特に意味がないことが多いでしょう。