爪に出来る白い点は幸運の証って本当?指別の意味も詳しく解説します

爪にできる白い点には、スピリチュアルなメッセージが込められているってご存知ですか?今回は、指によって異なる幸運なメッセージを徹底紹介します!爪にできる黒い点に込められたメッセージについても触れていくので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

  • 爪にできる白い点は一体ナニ?

    ふと、爪を見た時に爪に白い点を見つけることってありませんか?どうしてできたのか疑問に思う人も多いかと思います。放っておけば、自然と消える白い点ですが、実はスピリチュアルなメッセージが込められていたんです!

    今回は、爪にできる白い点について徹底分析しました。もしかすると、幸運の印かもしれません。気になる人は、ぜひ記事を参考にしてみて下さいね!

    爪に白い点ができる原因


    爪に白い点ができるのは、病気ではありません。爪甲白斑という名前で爪が成長する際に、爪にダメージが与えられた時にできます。

    例えば、ネイルをオフする際に爪がダメージを負ったことなどが原因になるんです。爪が作られる上で、爪の表面が傷ついたり剥けたりすると、比較的爪甲白斑になりやすいとされています。

    爪が伸びるにつれて、自然と治るのが特徴です。

    スピリチュアルでは幸運の証とも!


    爪甲白斑は、爪が傷ついた場合にできる事が多いですが、実はスピリチュアルな意味も込められています。爪に傷がつく=不幸になると考える人も多いかと思いますが、その逆で、爪の白い点は幸運の証と言われているんです!

    爪の場所によっても、スピリチュアルに込められたメッセージは異なってきます。もし、指にいくつもの白い点が出来た場合は、大きな幸運が舞い込んでくる暗示かもしれませんね。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)