鼻のほくろはお金持ちの証?鼻のほくろで見る運勢や性格について

この記事では、鼻のほくろが人相学においてどのような意味を持っているのか、ほくろの種類や位置、大きさの違いも踏まえてご紹介しています。鼻は金運や中年期の運勢を示しており、ほくろによってその意味も変わります。鼻にほくろがある人やその除去手術を検討している人は、是非ご覧ください。

  • 鼻にあるほくろ!どんな意味がある?

    皆さんは鼻にほくろを持っていますか?この記事では、鼻にあるほくろの意味についてご紹介しています。

    人相占いにおいて、ほくろにはさまざまな意味があるのをご存知でしたか?ほくろの位置や大きさによっても、その運勢が変わってくるのだとか。「死にぼくろ」「生きぼくろ」と呼ばれる、ほくろの違いについても解説しています。

    また、近年ではほくろの除去も珍しくなくなってきました。ほくろを除去した場合、人相占いにおける意味に変化があるのでしょうか?実際に除去している芸能人も合わせてご紹介します。

    ぜひ、ご自分の鼻にあるほくろと見比べながらご覧ください。

    金運


    人相学において、鼻は金運やお金の価値観を示すと言われています。鼻を見れば、その人のお金の使い方などが見えてくるでしょう。例えば鼻の色であれば、ベージュやピンクの鼻が良い鼻とされ、金運だけでなく愛情運にも恵まれるのだとか。

    さらに、部位においては特に鼻の下部が財運を示しています。中部から下にかけて丸く大きな鼻(袋鼻)であれば、ずっと富に恵まれるでしょう。また、左右の小鼻は人相学で「金甲」と呼ばれ、ここが盛り上がっていれば蓄財力があり、人の援助も得られるそうです。

    このように、鼻の色や形でその人の金運が占えます。さらに鼻のほくろの有無によっても、運勢が変化してくるでしょう。

    中年期の運勢を示す


    鼻は人相学における中年期の運勢も示しています。ここで言う中年期とは、25歳から45歳頃のこと。

    特に位置においては、鼻の中部が中年期の運勢や実行力を示していると言われています。鷲鼻と言われるように中部だけが発達している鼻は、負けず嫌いで勝負強い人に多いのだとか。

    また、鼻の中部に段がある場合、それが側面であれば人から援けを受けられると言われています。正面であれば、その人が攻撃的で完璧主義であることを示しており、交際運が悪いことが読み取れるでしょう。
  • 人相学でのほくろの意味について

    人相学では、顔のさまざまな部分の色や形などから、その人の運勢を占うことができます。鼻であれば、金運や中年期の運勢が占えることがお分かりいただけたでしょうか。これに加え、ほくろがあることによってもその意味が変わってきます。

    そもそも、人相学においてほくろにはどのような意味があるのでしょうか。皆さんは「死にぼくろ」「生きぼくろ」と呼ばれるほくろがあることをご存知でしたか?色や形によって変わるほくろの種類と、その意味についてご紹介していきましょう。

    死にぼくろの意味


    死にぼくろとは、主に茶色で形がいびつであり、くぼんでいるようなほくろのこと。皆さんの体には、そんなほくろがあるでしょうか?

    ほくろは本来、あるだけで凶相とされてきたそうです。死にぼくろは、その意味をそのまま受け継いだものであり、ほくろができた位置の運勢を悪い方向に強めるとされています。

    もともと悪い位置にあればその悪運を助長してしまい、良い位置にあってもその幸運を打ち消してしまうと言われているため、注意した方が良いでしょう。

    生きぼくろの意味


    では、生きぼくろはどうでしょうか。生きぼくろは主には黒く、死にぼくろとは逆に左右対称で盛り上がった形をしているほくろのこと。「活きぼくろ」と書くこともありますが、いずれも同じものを指しています。

    死にぼくろとは逆に、ほくろの位置が示す意味を良い方向へ強める働きを持っているのが生きぼくろ。生きぼくろによって、隠された力を引き出すことも可能と言われています。

    生きぼくろのようなほくろがあることで、ほくろは必ずしも悪いものを示すものばかりでははないと考えられるようになりました。

    大きいほくろはポジティブ面を強める


    ほくろの大きさは、その位置や種類が指し示す運気の中でも、ポジティブな面を強めると言われています。たとえネガティブな意味であっても、それを弱めたり影響を失くしてしまう力を持っているのだとか。

    ただし、いくら大きくても死にぼくろのように形や色が悪ければ逆効果となってしまいます。そうしたほくろの場合、ネガティブな意味をより強めてしまうそうです。

    大きくて、さらに形や色の良いほくろであれば、ポジティブ面をより強めるため、とても運気の良いほくろであると言えるでしょう。

    生まれつきのほくろの方が意味が強い


    ほくろには生まれつきのものと、成長してから出てくるものとがあることは皆さんもご存知の通り。どちらにもそれぞれ意味がありますが、生まれつきのほくろの方が意味が強いと言われています。

    それだけでなく、生まれつきのほくろは、先天的に定められた運命や、人生を通しての運勢などを示している他、その人本来の性質や才能を表しているのだとか。

    一方で、成長してから現れたほくろは、後天的に得られた能力や、成長するにつれ変化した運勢を示していると言われています。

    皆さんも、ご自分のほくろが生まれつきか、成長してから現れたものか、思い出してみてはいかがでしょうか。