優しさとは一体何?本当の優しさを持つ人の特徴や行動を徹底調査!

多くの人が、「その人と出会えてよかった」と感じる人。そんな優しい人になるには、一体どうすればいいのでしょうか。この記事では、優しさの意味や優しい人の特徴についてご紹介します。「自分も本当の優しさを持ちたい」という方は、ぜひ記事を読んでみてくださいね。

  • そもそも「優しさ」の意味って?

    優しい人と聞くと、「嬉しいことをしてくれる人」を連想する方は多いことでしょう。しかし、本当に優しい人は、誰の目にも明らかだとは限らないもの。気づいていないだけで、あなたが嫌う人の中にも、本当に優しい人がいるかもしれません。

    そう言われると、本当に優しい人がどんな人なのか、気になる方もいるのではないでしょうか。そんな方のために、まずは、優しさの意味からご紹介していきます。

    「優しさ」の意味


    優しさの意味を調べると、「心が温かい」「思いやりがある」といった言葉が並びます。意味を知って、少し意外さを感じた方もいるのではないでしょうか。

    確かに、優しい人の気持ちとして連想できる言葉ではありますが、少し物足りなさを感じる人もいることでしょう。そんな方の多くは「優しい人」と「良い人」を混同しているのかもしれません。

    「優しさ」の定義と「ただ良い人」との違い


    「優しさ」の定義として、先ほどご紹介した「思いやり」が挙げられます。この思いやりを持つことができれば、どんなに冷たい素振りを見せたとしても、あなたを受け入れる人は多いことでしょう。

    先述した「良い人」と「優しい人」は言葉を見れば同じように感じるかもしれません。しかし、この二つには決定的に違う点があります。それこそが、「思いやり」の有無です。

    分かりやすく言えば、「良い人」と表現される人の善行には、相手への思いやりが欠けています。「良い人だけど、それだけの人」と表現すれば、一人や二人思い浮かぶ顔があるのではないでしょうか。そこで顔が浮かぶ人こそ、「良い人」だと考えて間違いないでしょう。

    「優しさ」と「思いやり」の違い


    優しさの定義としてご紹介した、「思いやり」という言葉。この言葉と「優しさ」の違いについても、よく分からないという方が多いのではないでしょうか。

    この二つの違いは、とても簡単です。「優しさ」は、相手やその周囲の誰かに伝わって、初めて「優しさ」という言葉になります。もし、この優しさが誰の目にも触れず、知られることが無かったのであれば、それは「思いやり」という言葉に留まります。

    誰にも知られずとも、「誰かのため」を考えられる心こそ「思いやり」であり、そんな思いやりに周囲が気づくことで「優しさ」に変わるのです。