気分屋とはどう付き合えばいい?気分屋な人への対処法&直し方を解説

  • 気分屋な性格の直し方ってあるの?

    ここまでは気分屋な人の性格や心理の特徴、気分屋な人への対処法についてお話してきました。では、気分屋な人自身は気分屋な性格をどうしたら直すことができるのでしょうか。

    気分屋な性格について、いくつかの改善方法をご紹介いたします。

    まずは自覚を持つ


    気分屋な性格を直そうとするには、まずは自分自身が気分屋であることを自覚しなければ始まりません。自分の性格に、気分屋の特徴が当てはまるものが多いという人、または周りの人から「気分屋だね」と言われたことがあるという人は、気分屋な性格の持ち主である可能性が高いです。

    少しでも気分屋である自覚が芽生えたのであれば、否定せずに一度受け入れて考えてみましょう。今までの自分の言動や周りからの反応をゆっくり振り返ることで、気づけることがたくさんあるはずです。

    深呼吸して心を落ち着かせる


    気分屋な人であれば気持ちがすぐに変化してしまうため、落ち着きがなくなってしまったり、ときには感情的になることもあるでしょう。そんなときは、深呼吸をして心を落ち着かせるという方法が効果的です。

    古典的な方法ではありますが、自分の気持ちに一旦区切りをつけることで、状況の整理がつき感情の高ぶりを抑えることができます。周りにどんな影響を与えてしまっていたのか考え直すきっかけにもなるでしょう。

    もし気持ちが落ち着かないことがあれば、ぜひ実践してみてください。

    思ったことをすぐ口に出さない


    気分屋な人は、気分に任せて思ったことをすぐに口に出してしまうことがあります。そのため、悪気がなくても周囲の人を怒らせてしまうことが多いでしょう。そうならないためにも、何か発言するときは一度気持ちを抑えることが大切です。

    今言おうとしていることは、相手をどのような気持ちにしてしまうのかを考えてから発言するようにしてみましょう。このワンクッションだけで、周りの人を不快にさせることが格段に減るはずですよ。周りの人と良好な関係を築くために意識することをお勧めします。

    目標を決めてみる


    気分屋な人は物事を中途半端に終わらせてしまいがちなのではないでしょうか。たくさんのことに気を取られやすい性格を直すためには、目標を設定することが効果的です。目標を設定することで、一つのことを長く続けるモチベーションになります。

    目標を設定するうえでの注意点としては、必ず自分が達成できそうな目標にすることです。目標を高く設定しすぎてしまうと、途中で諦めてしまい意味がなくなってしまいます。そのため、最初は小さな目標から始め、少しずつレベルを上げていくと良いでしょう。

    たまには妥協をしてみる


    こだわりを強く持っている気分屋な人は、物事を完ぺきにこなさないと気がすみません。そうすると無駄な手間がかかってしまい、周りに迷惑をかけてしまうこともあります。物事は必ずしも完ぺきにこなさなくてもいいということを覚えましょう。

    もちろん、完ぺきを追求することは悪いことではありません。しかし妥協点を見つけることで、効率が上がることも多くあります。また、こだわりが強すぎると自分自身が息苦しく感じてしまうものです。たまには妥協をし、気楽な気持ちになってみるのも大切ですよ。

    嫌なことよりも楽しいことを考える


    気分屋さんは少しでも嫌だと思うことがあると、態度が悪くなったり約束をドタキャンをしたりしてしまいます。そんな気分屋さんに振り回されることで、周りの人も嫌な気持ちになったり疲れたりしてしまうでしょう。

    そうならないために、嫌なことよりも先に楽しいことを考えるよう意識してみてください。楽しいことを頭に思い浮かべることで、嫌なことは気にならなくなります。今まで味わうことのなかった楽しみも発見できてしまいますよ!

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)