気分屋とはどう付き合えばいい?気分屋な人への対処法&直し方を解説

  • 気分屋な人への適切な対処方法《友達編》

    次に、比較的身近な友達や知り合いなど、年の近い関係性である気分屋さんとの付き合い方についてまとめていきます。基本的にお互いをよく知っていたり、一緒に遊んだりする機会の多い関係性ではあるので、上司や恋人とはまた違った対処法がありますよ。

    「気分屋だよね」と伝える


    気兼ねなく話せる人間関係であれば、気分屋の友達に対して「気分屋だよね」とやんわり伝えてあげる方法があります。

    本人が気づいているパターンがほとんどだとは思いますが、言われることによって本人は「なにかまずいことを言ってしまったのではないか」「態度悪かったかな?」と自分を見直すきっかけになるでしょう。

    ただ、気分屋と言われた側は、「自分勝手」と言われた気分になり、ネガティブな印象にも捉えられてしまうことがあります。伝えるシチュエーションは少し気を付けたほうが良いでしょう。

    無理をしてまで関わらない


    仲が悪くなったり、関係が途切れてしまうことを恐れて無理をして関わってしまうと、逆に自分にストレスがかかってしまいます。気分屋さんは悪気があって自分勝手に生きているわけではないことを理解してあげてください。

    だからこそ、あなた自身がちょっと面倒だと感じたり、乗り気ではない時に誘いを受けたりするのはあまりおススメではありません。こちらが乗り気ではないことを気分屋の友達が察してしまい、機嫌が悪くなってしまうのは避けたいところです。

    せっかくお友達として関わっていくのですから、お互い気を遣い過ぎずにストレスフリーな方が良いに決まっていますよね。

    気持ちのサイクルを見極める


    気分屋な人は気持ちがだんだんと変わっていきますが、ある程度決まったサイクルで動いています。そのサイクルを見極めることで、楽に付き合えてしまうのです。

    一見、「見極めるなんて難しい」と感じてしまいがちですが、気分屋な人のサイクルは案外単純なものだったりします。なのでまずは、気分屋な友達のことをよく観察してみましょう。何回か一緒にいるうちに、機嫌が良いときと悪いときの周期やきっかけがわかってくるはずです。

    気持ちのサイクルが分かってしまえば付き合い方は簡単でしょう。機嫌が良いときにとことん絡み、機嫌が悪いときは少し距離を置く。このような付き合い方に慣れることで、気分屋さんと最高な友達になれるはずです。

    気分屋の友人を紹介する


    気分屋の友人に、他の気分屋の友人を会わせてみるのもおすすめです。こちらの方法はやや強引に思われがちですが、実はとても効果的です。自分自身では気づくことのできない、気分屋が周りに与えるイメージや面倒な部分を、相手が実感できるきっかけになります。

    気分屋同士は、考え方や行動が似ていることが多く、ファーストコンタクトから仲良くなるまでは非常に早いそうです。さらに、お互い多趣味で色々な経験をしているので会話も弾みます。

    気分屋のいいところも悪いところもお互いに知れるので、周りに複数人の気分屋がいる方は試してみてはいかがでしょうか?

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)