気分屋とはどう付き合えばいい?気分屋な人への対処法&直し方を解説

  • 気分屋の性格&心理《メリット編》

    気分屋には、実は良い部分がたくさんあります。ここでは、気分屋の人の性格や心理について、メリットとしてあげられるものをいくつかご紹介します。

    オンオフがはっきりしている


    気分屋な人の特徴として、気持ちの切り替えがとてもはっきりしていることがあげられます。やる気があるときとそうでないときの差は、誰が見てもすぐに分かるほどです。もちろん、やる気がないときはとことん怠慢になってしまうでしょう。

    ですが、やる気があるときの集中力は優れているとも言えるのです。一度スイッチが入ってしまえば、行っていた作業などをすぐに終わらせてしまうことでしょう。

    そのため、気分屋な人に何かやってほしいことがあるときは、無理にやらせようとはしないようにすると良いでしょう。やる気が出るまで待ってみるのがポイントです。

    ストレスや悩みがない


    気分屋な人はとてもマイペースな性格です。周りはそんな性格に振り回されていることでしょう。ですが、本人はあまり他人のことを気にしません。

    例えば、誰かから嫌なことを言われたりすると、普通の人なら多少は引きずってしまいますよね。しかし、気分屋の人はすぐに他のことに気持ちが移り変わりやすいです。ズルズルと気持ちを引きずって落ち込むなんてことはあまりありません。

    それでも気分屋の人が落ち込んでいるときは、落ち着くの待っているのがベストです。また、無理に詮索をするより、気分屋の人が話してくれるのを待った方が良いですね。何かを話したりすることも、その時の気分に左右されてしまうので、話しかけても良い対応をしてくれるかは分かりません。

    そのうち自分で気分転換をして、落ち込んでいた気分が解消されるはず。ストレスや悩みを溜め込まないでいられるのは、気分屋な性格の大きなメリットです。

    人当たりがよく、楽しい


    気分屋な人は基本的に、人当たりがよく、コミュニケーション能力に長けています。話していてもとてもノリがよく、盛り上げるために積極的な行動を取ることもあります。そのため、ムードメーカー的存在にもなっているのではないでしょうか。

    その場の雰囲気が落ち込んでいたとしても、気分屋な人は周りの気分に飲み込まれないため、盛り上げてくれることでしょう。気分屋な人と一緒にいると、面白いことが次々に起きるので、楽しい時間がとても増えますよ。

    感情表現が豊か


    比較的感情が豊かなのも、気分屋の人の特徴と言えます。そもそも、感情の起伏が激しいからこそ、気分が変わりやすいのですよね。そして、その感情を包み隠さず表現できるので、「気分屋」だと言われてしまうのです。

    逆に考えれば、それほど周りの人に心を開いている証拠かもしれません。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)