お酒を飲むと性欲が増す?男女の意見は?相手の性欲を刺激するテクも

お酒を飲むと性欲が高まるといいますが、本当なのでしょうか?今回は、お酒を飲むと性欲が高まるのかどうか、男女の体験談を交えてご紹介します!また、お酒を飲むときの注意点も紹介しています。お酒がを飲むと本当に性欲が高まるのか知りたい人は、是非読んでみてくださいね。

  • お酒を飲むと性欲が強くなるって本当?

    お酒を飲むと性欲が増す、という人がいますよね。ついお酒の勢いで一夜限りの関係になってしまう人もいるでしょう。ではどうして、人はお酒を飲むと性欲が増すと言われるのでしょうか?

    今回は、本当にお酒を飲むと性欲が増すのか、男女の意見を聞いてみました。また、お酒の力を使って相手の性欲を刺激するテクニックもご紹介します。うまく使えば、意中の相手とぐっと近づくことができるでしょう。

    ただし、お酒の飲みすぎは禁物です。くれぐれも飲みすぎないように注意しましょうね。

    ドーパミンが分泌される影響


    実は、お酒を飲むと性欲が増すことに関して、それ相応の理由があります。なぜかというと、お酒を飲むとドーパミンと呼ばれる物質が分泌されるからです。このドーパミンという物質について、詳しくご存じでしょうか?

    ドーパミンは、一言で説明するならば「快楽物質」です。ドーパミンが物質されると、楽しい気分や、気持ちよさを得やすくなります。なぜかというと、ドーパミンは脳にある視床下部を刺激し、この視床下部をが刺激されると人間の本能や欲望がむき出しになりやすくなるからです。

    なので、お酒を飲むとつい理性ではなく本能が優先され、気持ちいいと思うことをしたくなってしまいます。

    女性より男性の方が性欲と結びつきやすい


    男性は女性よりも、お酒によって性欲と結びつきやすくなっています。なぜかというと、男性ホルモンであるテストステロンという物質が、お酒によって分泌されることによって、性欲を高めることになるからです。テストステロンは興奮をして性欲を高める効果を持つので、分泌されると性欲が高くなるのでしょう。

    ちなみに、このテストステロンですが、女性ホルモンの中にも存在しています。男性ホルモンなので男性よりは量が少ないことが多いですが、女性もこのテストステロンがお酒によって分泌され、性欲に結びつくことが多々あるのです。