キスが上手になりたい男女必見!盛り上げる方法や舌の使い方を解説!

上手なキスをしたいけれど、いまいち自信がないという人はいませんか?この記事では、キスが上手になりたい男女に向けて、キスを盛り上げる方法や舌の上手な使い方を解説します!キスの体験談や上手なキスをするための注意点もご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

  • 上手なキスで相手を虜にしたい…!

    キスは男女にとって大切なコミュニケーションツールのひとつ。「大好き!」と好きな気持ちを伝えたり、「あなたが欲しい!」と愛情や情熱を伝えたりするのはもちろん、ときには「ごめんね」の気持ちを伝えることもできるのがキスです。

    そんな大切なコミュニケーションツールであるキスですが、自分のキスが上手か下手か考えたことはありますか?ただ何となくやっているのでは、気持ちが伝わらないだけでなく相手からキスが下手だと思われてしまうかもしれません。

    せっかくキスをするなら、上手なキスで相手を虜にしたいですよね。そこでこの記事では、キスが下手な人に共通する特徴をお伝えしたうえで、キスを盛り上げる方法や上手な舌の使い方を徹底解説!上手なキスをするための注意点もお伝えします!

    キスはコミュニケーションツール


    冒頭でもお伝えしましたが、キスという行為はカップルにとってなくてはならない大切なコミュニケーションツールのひとつです。相手に好きだという気持ちを伝えたり、どれほど愛しているかということを伝えたりするときに、自然な流れで行うことが多いのがキスという行為でしょう。

    初めて会った人に挨拶の意味でキスを行う国もあるように、キスには相手を受け入れるという意味が込められています。キスを行うことで相手との関係性が円満なものになったり、気持ちが通じ合ったりなど、言葉では伝えきれないことを補ってくれるのがキスなのです。

    下手だと幻滅される?


    キスが上手じゃないというだけで嫌われることはないかもしれませんが、あまりにも下手な場合はガッカリされたり幻滅されたりすることも。どんなに好きな相手でも、キスをしたときに「あれ?」と思ってしまうほど違和感を感じると、100年の恋も冷めてしまうのです。

    自分がしたいキスのやり方と相手のやり方が違っている場合も、お互いにキスが合わないと感じてしまうため、キスが終わった後に微妙な空気が流れてしまいます。一度のキスで、上手・下手というイメージがついてしまうこともあるでしょう。

    上手なキスにはテクニックが必要


    お互いに愛し合っているからと言って、テクニックも何もなく、がむしゃらにキスをし合うのでは気持ちの良い上手なキスができているとは言えません。心からうっとりし、大好きな相手ととろけ合うような一体感を感じることのできるキスには、ある程度テクニックが必要なのです。

    上手なキスのテクニックを身に着けるためには、経験だけでなく知識も必要。キスのやり方や手順なども確認しておくことをおすすめします。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)