キスが上手になりたい男女必見!盛り上げる方法や舌の使い方を解説!

上手なキスをしたいけれど、いまいち自信がないという人はいませんか?この記事では、キスが上手になりたい男女に向けて、キスを盛り上げる方法や舌の上手な使い方を解説します!キスの体験談や上手なキスをするための注意点もご紹介するので、ぜひ参考にしてください。

  • 上手なキスで相手を虜にしたい…!

    キスは男女にとって大切なコミュニケーションツールのひとつ。「大好き!」と好きな気持ちを伝えたり、「あなたが欲しい!」と愛情や情熱を伝えたりするのはもちろん、ときには「ごめんね」の気持ちを伝えることもできるのがキスです。

    そんな大切なコミュニケーションツールであるキスですが、自分のキスが上手か下手か考えたことはありますか?ただ何となくやっているのでは、気持ちが伝わらないだけでなく相手からキスが下手だと思われてしまうかもしれません。

    せっかくキスをするなら、上手なキスで相手を虜にしたいですよね。そこでこの記事では、キスが下手な人に共通する特徴をお伝えしたうえで、キスを盛り上げる方法や上手な舌の使い方を徹底解説!上手なキスをするための注意点もお伝えします!

    キスはコミュニケーションツール


    冒頭でもお伝えしましたが、キスという行為はカップルにとってなくてはならない大切なコミュニケーションツールのひとつです。相手に好きだという気持ちを伝えたり、どれほど愛しているかということを伝えたりするときに、自然な流れで行うことが多いのがキスという行為でしょう。

    初めて会った人に挨拶の意味でキスを行う国もあるように、キスには相手を受け入れるという意味が込められています。キスを行うことで相手との関係性が円満なものになったり、気持ちが通じ合ったりなど、言葉では伝えきれないことを補ってくれるのがキスなのです。

    下手だと幻滅される?


    キスが上手じゃないというだけで嫌われることはないかもしれませんが、あまりにも下手な場合はガッカリされたり幻滅されたりすることも。どんなに好きな相手でも、キスをしたときに「あれ?」と思ってしまうほど違和感を感じると、100年の恋も冷めてしまうのです。

    自分がしたいキスのやり方と相手のやり方が違っている場合も、お互いにキスが合わないと感じてしまうため、キスが終わった後に微妙な空気が流れてしまいます。一度のキスで、上手・下手というイメージがついてしまうこともあるでしょう。

    上手なキスにはテクニックが必要


    お互いに愛し合っているからと言って、テクニックも何もなく、がむしゃらにキスをし合うのでは気持ちの良い上手なキスができているとは言えません。心からうっとりし、大好きな相手ととろけ合うような一体感を感じることのできるキスには、ある程度テクニックが必要なのです。

    上手なキスのテクニックを身に着けるためには、経験だけでなく知識も必要。キスのやり方や手順なども確認しておくことをおすすめします。
  • 上手なキスにドキッとした事はある?【体験談】

    キスの経験が多い人はもちろん少ない人でも、上手なキスにドキッとしたことが一度や二度くらいならあるのではないでしょうか?

    上手なキスの方法をご紹介する前に、まずは上手なキスにドキッとした体験談をご紹介したいと思います。どんなシチュエーションでどんなふうにされたキスにドキッとしたのか、ぜひ参考にしてみましょう。

    彼に目隠しされてキスされてドキドキ!


    「彼と一緒に部屋でまったりしているときに、後ろから手を回されて目隠しをされ、後ろを振り向いた途端にふいにキスをされました。あまりに突然のことでビックリしたのと同時にものすごくドキドキしてしまったのを覚えています」(26歳/女性/医療関係)

    キスは、そういった雰囲気や流れになったうえですることが多いものです。なので、いきなりのキスは不意打ちに遭ったようにドキドキしてしまうんですよね。さらに目隠しをされてのキスは興奮度もアップ!キスが盛り上がる状況を分かっているからこそできる、上級者の技と言えます。

    ほろ酔い状態の彼女にキスされた時はやばかった


    「彼女と食事デートをしたとき、ほろ酔い状態の彼女がトイレから戻ってきて僕の隣に座り、いきなりディープキスをされました。頬を上気させ、目をとろんとさせている彼女が色っぽくて、その場で押し倒してしまいたくなる衝動にかられてやばかったです」(27歳/男性/営業職)

    キスをするときは彼氏のほうからというカップルも多いかもしれませんが、酔った勢いで彼女のほうから激しいキスを迫ってきたら興奮してしまうのは無理もないでしょう。

    とくにディープキスはセックスにつながる可能性が高いキスなので、セックスできない状況のときにされると衝動を抑えるのが大変になるかもしれませんね。

    氷水を口移しで飲まされ…


    「二日酔いでなかなか起きられず、遊びにきた彼女を放置してしまっていたとき、横になっているところへ彼女が来て突然キス!口移しで氷水を飲まされ、一気に酔いが覚めました。不覚にも下半身が反応してしまい、そのままセックスという流れに…」(28歳/男性/IT関係)

    口移しで飲み物を飲まされるというキスも、キス上手な人が行う上級テクニックのひとつです。相手の口を介して飲み物を飲むということ自体、本当に愛し合っている恋人同士でなければ成立しないことなので、そこにキスの要素が加わればまさに最強!

    相手をノックダウンさせること間違いなしの上手なキスのやり方だと言えるでしょう。

    夜景が見える場所でロマンチックなキス


    「夜景がキレイだという展望台までドライブし、夜景が見えるベンチに座ってゆっくりとキス。激しいキスではなく、雰囲気を壊さないようなしっとりとしたキスで、とてもロマンチックな気分になりました」(25歳/女性/ショップ店員)

    夜景が見える場所でのキスは、上手なキスをするために必要不可欠な雰囲気づくりもパーフェクト!ロマンチックな雰囲気を壊さないため、あえて激しくしないのがポイントです。こんな場所でのキスなら、とっても幸せな気分に浸れそうですね。