怖い?可愛い?ヤンデレセリフ集を一挙紹介|男女の体験談も必見!

「ヤンデレ」という概念は、アニメやゲームのヒロインの属性から生まれたものです。同時に彼女達を象徴する「ヤンデレセリフ」にも有名なものが現れるようになりました。この記事では、主に現実で言われたヤンデレセリフに焦点を当て、シチュエーションと共に紹介しています。

  • ヤンデレセリフを一挙紹介!

    恋人や配偶者へ、もしくは片思いの相手に対して、その愛情が強すぎるあまり行き過ぎた言動をしてしまう、それが「ヤンデレ」です。元々はゲームや漫画、アニメのキャラクターに対して、特に過激な言動を取ってしまうヒロインを表すのに使われてきた表現でした。

    恋敵や恋人を嫉妬のあまり殺してしまったり、恋人がどこにも行けないように監禁したり…そんな凄まじい行動はほとんどがフィクションでしょう。しかし、束縛や強い嫉妬などならば、現実でもありえる話です。

    そんなヤンデレを代表する数々のセリフを、実際の体験談からアニメ・漫画の名ヤンデレキャラクターまで混じえてご紹介してきたいと思います。

    「ヤンデレ」の意味


    「ヤンデレ」とは「病んでいる」と「デレる」を合わせた言葉で、愛情のあまり病んだような言動を取ってしまう状態、もしくはそういった人物のことを言います。

    ちなみに、同じ「ヤンデレ」という言葉で、「ヤンキー」と「デレ」を合わせた、スケバン女子や不良女子などが恋をしてデレデレしてしまうという創作のジャンルもありますが、こちらは今回取り上げる「ヤンデレ」とは別物です。

    ヤンデレのヒロインをメインにしたアニメやゲームなどでは、ホラーやスプラッタの要素が強いものも数多くあります。

    「ヤンデレ」と「メンヘラ」の違い


    「ヤンデレ」はあくまで愛情が強すぎて精神的に病んだような状態になってしまうことです。なのでパートナーが絡まない状況では、ごく普通の性格や言動であることも多くあります。

    「メンヘラ」はメンタルヘルスを元にした言葉です。パートナーへの依存や過激な言動などはヤンデレとも共通することがありますが、パートナーがいるいないにかかわらず、精神的に不安定な状態の人のことを指します。

    愛情ゆえに歪んだ言動を取ってしまうのが「ヤンデレ」、精神的に不安定であるがゆえに愛情が歪んでしまうのが「メンヘラ」と言えるでしょう。

    また、メンヘラという言い方は精神疾患への差別的な表現として使われることもあるので、実際に話題にする時は注意が必要です。

    サブカルチャーでもヤンデレセリフは人気!


    元々アニメや漫画、ゲームなどのヒロインから生まれた言葉だけあって、ヤンデレな登場人物はさまざまな作品で人気です。

    そんなヤンデレキャラ達を代表するようなセリフもインパクトが強く、好まれてよく使われるセリフもたくさんあります。

    「あんたなんか、死んじゃえばいいんだっ!」や「嘘だッ!」などのセリフは、聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

    でも実際に言われたらヤンデレセリフは怖い!


    アニメや漫画であれば可愛かったり魅力的なヤンデレ登場人物。しかし実際に付き合った相手にヤンデレセリフを言われたり、殺したり監禁したりされそうになったら…おそらく魅力的だと思う間もなく、怖いと感じるのではないでしょうか。

    ヤンデレな行動にもセリフにも確かに愛情はこもっています。しかし、その愛情が強すぎて愛する人を傷つけてしまうからこそ、それはヤンデレと呼ばれるのです。

    実際の危険と隣合わせだからこそ、現実でのヤンデレセリフは怖いと言えるでしょう。ここからは実例を挙げてヤンデレセリフを紹介していきます。

    出典:ウィキペディア『ヤンデレ』
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A4%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%AC

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)