倫理観の意味とは?倫理観のない人の特徴や道徳観と違いも解説!

倫理観のない人に悩まされていませんか?人の気持ちを考えずに自己中心的な行動ばかり取り、周りに迷惑をかけるので、一緒にいると疲れてしまいますよね。でもそもそも倫理観ってどんなものなのでしょうか?倫理観の意味や倫理観のない人への対処法を考えていきます。

  • そもそも「倫理観」ってどういう意味?

    「あの人は倫理観がないからダメだ」「倫理観が低い人と一緒にいると恥ずかしい」というように、倫理観のない人は、社会生活をしていく上で周りから疎まれがちです。ところで、倫理観とはそもそもどのような意味の言葉なのでしょうか。

    倫理観をしっかりと持った大人でいるためにも、倫理観とは何なのか正しい知識を身につけておきたいものですよね。まずは、倫理観の意味について解説します。

    「倫理観」の意味


    倫理観とは、人として守るべきとされる秩序や善悪の普遍的な規準となる考え方をあらわす言葉です。普遍的な規準という言葉からも想像できるように、倫理とは社会生活を送るうえで守るべきと広く認識されている一般的な決まり事を指すのですね。

    つまり、倫理観が強い人というのは社会生活での決まり事を常に守ろうとする態度や行動を取る人のことを指し、逆に倫理観がない人はその姿勢が抜け落ちてしまっているということになります。

    「倫理観」の類語


    倫理観の類語はいくつかあり、よく使われるのが「モラル」という言葉です。倫理観がないというよりは、モラルがないという言い方の方が一般的かもしれませんね。意味はいずれも同じです。

    また、他にも道徳心や良心、人道的、正義感などといった言葉も倫理観の類語として知られています。いずれも人として守るべきことに忠実であることを意味しますが、厳密に言えば少しずつ違った意味を持っています。

    「倫理観」と「道徳観」の違い


    特に倫理観の類語として比較されるのが「道徳観」ですが、それぞれどのように違うのでしょうか。いずれもルールに基づく考え方を指すという点は同じなのですが、規模が違うと言えるでしょう。

    というのも、倫理観は社会全体や大きな集団で普遍的とされるルールを規準としていますが、道徳観は個人の内面で意識するルールや小さな集団で普遍的とされるルールが規準となっています。良心や正義感なども、倫理観よりは道徳観に基づいていると言えるでしょう。

    つまり、倫理観の中に道徳観も含まれているということになります。