ヨガでセックスの質を向上させよう!話題のタントラヨガセックスとは

  • ヨガはこんな人におすすめ!

    ヨガを行うとストレスが軽減されたり、セックスの質が向上するなどのメリットが得られるでしょう。ですのでヨガは、忙しい人が多い現代において、様々な人におすすめしたい行法となります。では具体的にどのような人におすすめなのでしょうか、詳しく見ていきましょう。

    運動が苦手な人


    運動が苦手だけれど、運動不足が気になるという人にぜひともおすすめしたいのがヨガです。ヨガは立派な運動ですがスポーツ的な要素が無く、運動音痴の人でも安心して続けられます。また、特別な道具が必要なく、気軽に始められるのもおすすめの理由の一つです。

    運動が苦手な人は、運動神経に自信が無かったり、運動するまでが面倒だと思ってしまうというのが大半でしょう。ヨガは、行うのに運動神経は必要ありませんし、面倒だと思っても自宅で簡単にできます。運動が苦手という人で、これらに当てはまる人にヨガはピッタリですよ。

    冷え性の女性


    冷え性に悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。そんな、冷え性の解消におすすめなのもヨガなのです。ヨガには基礎代謝を上げたり、筋肉をつけたりする効果があります。健康的な筋肉がつくことによって血流もよくなり、冷え性の改善が期待できるのです。

    また、冷え性の改善以外にも、軽いストレッチとして仕事の合間にも気軽に行えるのもおすすめポイントの一つ。冷え性の女性におすすめですがもちろん、冷え性の男性にもヨガはおすすめですよ。

    ストレスを多く抱えている人


    仕事などでストレスを多く抱えている人は、ぜひともヨガにチャレンジしてみてください。ヨガにはリラックス効果があり、ストレスケアの手軽な方法としてとても注目を浴びているのです。ヨガを行うとなぜストレスが軽減できるのか、それは呼吸の仕方が大きく関係しています。

    ストレスを抱えていると、無意識に呼吸が浅くなってしまうのです。これは、胸の浅いところまでしか空気を吸い込まないイメージになります。そしてヨガでは主に腹式呼吸が用いられるので、自然と呼吸が深くなるのです。

    呼吸が深くなると全身の隅々にまで新鮮な酸素が行き渡るようになる為、心身共にリフレッシュでき、ストレスが軽減されるという訳になります。

    自分を見つめ直したい人


    仕事でミスが続いたり、プライベートで嫌なことが続いたりしたならば、ヨガに挑戦してみてはいかがでしょうか。嫌なことが続くと、自分の存在を疑問に疑問に感じてしまいますよね。そんな時はじっくりと時間をかけて、自分を見つめ直したいものです。

    そして、自分を見つめ直したい時にぜひとも行って欲しいのがヨガ。ヨガの呼吸と瞑想は、心の緊張と解き放ちフラットな状態にしてくれます。そんな状態の時こそ、自分を見つめ直す絶好のチャンス。リラックスした心が導く答えは、きっとあなたの人生にプラスになるものでしょう。

    何か趣味を見つけたい人


    休日などに夢中になれる趣味を探している人にも、ヨガはとてもおすすめです。エクササイズや健康法として広く知られていますが、元々は宗教的な意味合いを持つ行法。ですので、その歴史はとても古く、とても奥の深い行法なのです。

    また、瞑想やストレッチで心身がリフレッシュできるので気軽にできて続けやすいというのもポイント。毎日何となく続けるのもおすすめですが、これをきっかけに誕生した国に興味を持ってみたり、ヨガの歴史を深く探ってみるのもおすすめですよ。
  • 心身が満たされる!タントラヨガセックスのやり方

    ヨガは生活やセックスの質を向上させてくれる行法です。基本的には身体的なエクササイズとして用いられ、セックスの質を向上させるのはエクササイズによる効果の産物となります。しかし世の中にはタントラヨガセックスという、ヨガとセックスを組み合わせたプレイが存在するのです。

    では、ヨガとセックスが組み合わさったタントラヨガセックスとはどのようなものなのでしょうか、詳しく見ていきましょう。

    2人で呼吸を合わせる


    タントラヨガセックスで最も大切なのは、2人の呼吸を合わせること。その為にはまず、リラックスできる環境を作っていきましょう。お互いを信頼しあっていることはもちろん、部屋の雰囲気などもリラックスできるものに変えてみるのもおすすめです。

    その後はじっとパートナーを見つめ、呼吸を徐々に合わせていきます。呼吸を合わせる時も焦らずに、自然と合うように調整していきましょう。呼吸のリズムが合った後はお互いの距離を詰めます。

    そして、触れるか触れないかの距離で相手の体温やエネルギーを感じ、お互いの意識を融合させていきましょう。

    ゆったりとした気持ちで


    ゆったりした気持ちで相手に接するのも、タントラヨガセックスを行う上で絶対に意識しておきたいことです。早く気持ちよくなりたいからといって、相手にがっついてしまっては全てが台無しになってしまいます。

    キスをする時も、絶対に焦らないようにしましょう。相手の体温や呼吸のリズムを感じながら、ゆっくりとキスをするのです。

    とろけるような気持ち良さを味わえるはずですが、己の気持ち良さよりも、お互いを意識する方を大切にしましょう。まだまだタントラヨガセックスは始まったばかりなのです。

    じっくりと揉む様に前戯


    キスが終わったら、次はいよいよ前戯です。タントラヨガセックスでは前戯も決して焦らず、ゆっくりすることが大切となります。じっくりと、筋肉を繊維レベルで揉み解すようにマッサージしながら刺激していきましょう。

    お互いの体を揉み終えたら、次はいよいよ性器に触れていきます。彼氏は彼女のGスポットを優しく責めていってください。

    この時も決してがっついてはダメ。未知の扉から溢れ出るオーガズムという波を、少しずつ受け止める様に触っていきましょう。精神を解放して五感で快感を得るのが、タントラヨガセックスの醍醐味なのです。

    スローセックスを心がける


    前戯が終わったら、いよいよお待ちかねの挿入となります。ようやく挿入ができるということで、特に男性はここで焦ってしまいがち。しかし、本能に身を任せながらも理性を働かせて、ゆっくりと落ち着いたピストンを心がけてください。

    挿入もピストンも穏やかな、ゆっくりとしたものですが決して刺激が弱いということは無いはず。パートナーの体温やエネルギーを、体の芯から感じられるのです。普通のセックスでは絶対に味わえない、言葉にし難い気持ち良さが全身を貫くでしょう。

    イキそうになっても一度我慢する


    並みのようなスローセックスで、内側から湧き上がってくるような快感が襲い掛かってきます。あまりの気持ち良さにもうすぐイキそう、しかし少し待ってください。タントラヨガセックスでは、絶頂を一度我慢する必要があるのです。

    イキそうになったら腰を止め、お互い見つめ合って呼吸を合わせます。この際にお互いにエネルギーを送るような感じで、ゆっくりと送るのがコツ。イキそうな時に我慢して呼吸を合わせることで、2人はより繋がりを感じられるのです。

    心も体も充実した気持ちになれること間違いなしですよ。