夢占いにおける触られる夢の意味とは?相手や体の部位別で解説!

夢はあなたの深層心理からのメッセージです。触られる夢はどういったメッセージが込められているのでしょう。夢占いでは同性、異性、好きな人、そして触られた場所などによっても意味が異なります。基本的な意味から感覚的なものまで、夢占いの観点から詳しくご紹介していきます。

  • 夢占いにおける「触れられる」基本的な意味

    私たちは寝ている間に毎回夢を見ていると言われています。楽しかった夢、悲しかった夢、見たけれど覚えていないなど様々ありますが、触れられることが印象的な夢をみることがあります。

    「触れる」という行為は、夢占いにおいてその対象物に対する興味や親しくなりたいという欲求の表れです。では逆に、触れられる夢はどのような意味があるのでしょう。夢占いにおいて「触れられる夢」の基本的な意味をご紹介していきます。

    興味関心


    人は何かに興味や関心、好奇心を持つと触れてみたくなる本能があります。触られる夢の基本的な意味の一つ目は、「興味関心」。誰かに触られる夢は、触れてくる相手に対して興味関心があることを教えています。

    また逆に、触れてくる相手があなたに対して興味関心を持っている場合もあるでしょう。触れてきた相手や場所によって意味が変化します。

    性的な欲望


    触れる・触れられるというのは、性的な表現行為の一つです。「触られる夢を見た」と聞いて、性的なイメージを抱く人も多いでしょう。夢占いにおいて触られる夢の基本的な意味の二つ目は、「性的な欲望」。触られる夢は、そういった欲望が高まっていることを表しています。

    誰かから愛されたい、性的な目で見られたいという自身の想いが夢となることもあれば、触れてきた相手に思われていることもあります。

    潜在的な願望


    触れられる夢は、「潜在的な願望」も基本的な意味の一つ。何かを知りたいという願望、意識されたい、見られたいといった願望。または、単純に触れ合いたいといった願望があることを表します。

    夢に出てきた人が全然気になっていなかったとしても、その夢であなたがどう感じたかが重要です。触れられて心地よく感じたら、無意識に「触れあいたい」と相手に抱いていた願望が夢に表れた可能性があります。

    好意を向けられている


    触れられる夢は、触れてきた対象、あるいは誰かから好意を向けられていると感じている場合にも見ます。今まで気づかなかったけれど、夢を見て相手の好意に気づくといったこともあるでしょう。

    そして、触れられた場所は触れた相手、もしくは自分が意識している場所とも言えます。触れられた部位別の夢占いもご紹介していますので、ぜひチェックしてみて下さいね。