ムードメーカーとは?場を盛り上げられる人の特徴を徹底リサーチ!

  • ムードメーカーの長所・短所とは?

    ムードメーカーという言葉からは、ポジティブな印象を受ける人が多いのではないでしょうか。実際、ムードメーカーは場を盛り上げられるという長所を持っている人です。とはいえ、そんなムードメーカーにも短所があります。

    ここでは、ムードメーカーの長所と短所をまとめました。両方を比較しながらご覧くださいね。

    【長所】誰とでも仲良くなれる


    もともと人と接するのが好きということもあり、老若男女問わず誰にでも話しかけていくのがムードメーカーの特徴です。人見知りな人からしたら、素晴らしい才能に思えるのではないでしょうか。

    こうした誰にでも屈託なく話しかけられるところが、誰とでも仲良くなれる理由です。そもそもほとんどの人が、相手から明るく話しかけてこられたらうれしいと感じるでしょう。その上、楽しい話をしてくれるとなれば「仲良くしたいな」と感じるのも当然ですね。

    このように人の懐にすんなり飛び込んでしまうところは、ムードメーカーの最大の長所と言えるのではないでしょうか。

    【長所】人から信頼されやすい


    大多数の人は、暗い人より明るい人を好むでしょう。さらに心配りが出来る人とそうでない人なら、どちらを選ぶかは言うまでもありませんよね。

    ムードメーカーはこれらの要素を併せ持っているため、人から信頼されやすい人でもあります。場の雰囲気を的確につかんで、誰に何を言えば雰囲気がよくなるかを判断できるからです。

    また、輪の中に入ってこない人にも声をかけ、一緒にやろうと働きかけられるところは、チームとして仕事をする際に力を発揮するでしょう。

    ムードメーカーが集団の中になくてはならない存在と言われるのは、人を引き込み、共にやる気にさせられるからと言っても過言ではありません。信頼されるのも当然ですね。

    【短所】悩みが無さそうと思われる


    本質的に明るくポジティブな思考の持ち主ですが、ムードメーカーにも嫌なことは起こります。ただ、暗い顔をしているのが嫌な性分なので、悩みがあってもいつも明るく笑顔で、冗談を飛ばしているのです。

    そんな様子を見て「いつも悩みが無さそうでいいね」と言われるのは、ムードメーカーあるある。それでも「悩みがないはずないでしょ!」ときつく言えないのが、ムードメーカーです。

    「いや~、これでも悩みあるんですよ」と明るく言ってしまい、「笑って言えるなら大した悩みじゃないよ」などと言われてしまいます。

    人が悩んでいる時は誰よりも早く助けに行くのに、自分が悩んでいることには気付いてもらえないのは、かなりつらい短所ですね。

    【短所】恋愛の対象として見られにくい


    男女を問わず屈託なく話しかけ、いつも冗談ばかり言っているムードメーカーは、異性として見られにくいのが短所です。

    男女共に場を盛り上げようと自分の失敗談でさえ面白可笑しく話してしまうため、常に「場を盛り上げるだけの存在」になってしまいます。また、「何か面白いことやって」と無茶振りされることも多く、そんな時にも全力で応えてしまうのがムードメーカーです。

    その結果、ますます場を盛り上げてくれる面白い人のイメージが定着し、恋愛対象からどんどん遠のいてしまうことに。たとえ勇気を出して好きな人に告白したとしても、「またまた~、冗談言わないでよ」などと言われがちです。
  • 愛されるムードメーカーになる方法とは?

    上手に場を盛り上げるムードメーカーを見て、「あんなふうになれたらいいなあ」と思った人は多いのではないでしょうか。憧れる一方で「自分にはとうてい無理」と諦めている人も少なくないでしょう。

    けれど「ムードメーカーになる!」と決めたなら、誰もがムードメーカーになれる可能性があります。

    ここでは愛されるムードメーカーになる方法をご紹介しますので、出来るところから実践してみてくださいね。

    自分から話しかけにいく


    話しかけられれば話すけれど、自分から話しかけに行かないという人はかなり多いと言えます。けれど、これでは愛されるムードメーカーになることはできません。なぜかといえば、ムードメーカーとしての価値は、人との活発なコミュニケーションの中で生まれるからです。

    これまで誰かに話しかけられたら話すというコミュニケーションの取り方だったのなら、自分から話しかけに行きましょう。とはいえ、「自分から話しかけに行くのはハードルが高すぎて無理…」という場合は、挨拶から始めるのがおすすめです。

    自分から挨拶することで向こうが話しかけてくれたら、会話も続くでしょう。きっと相手に与える印象も変わっていくはずです。

    何事もポジティブに変換する


    ムードメーカーの特徴に、何事も前向きに考えるポジティブな思考がありましたよね。そのため、これまで何かにつけてネガティブに捉えてきたのなら、何事もポジティブに変換することが大事です。

    たとえば朝、出勤前に雨が降ってきたら「あ~あ、雨か」と言いたくなるでしょう。これを「お気に入りの傘がさせる!」と、ポジティブに変換するといった具合です。

    常に自分の思考に注意を払い、どうしたらポジティブに変換できるかゲーム気分で取り組むのもいいでしょう。「このネガティブを、ポジティブに変換する要素には何があるだろう?」と考えるうちに、自然とポジティブ思考に変わっていくのではないでしょうか。

    誰にでも明るい態度で同じように接する


    相手によって態度を変える人に対しては、たいていの人が不快感を覚えるのではないでしょうか。良い態度で接してくれればいいですが、露骨に不愉快な態度を取られたらムッとしますよね。

    ムードメーカーは誰に対しても常に明るく、同じテンションで接します。この分け隔てのない態度こそ、ムードメーカーが愛される大きな理由です。となると、愛されるムードメーカーになるには、誰にでも同じ態度で明るく接しなくてはなりません。

    とはいえ、人にはどうしても好き嫌いがあり、苦手と感じる人もいます。けれど、そんな人にも同じ態度で接することが、愛されるムードメーカーになるには不可欠です。

    話題に豊富になる


    誰かと話すのが苦手な人の理由に、「沈黙がイヤ」というのがあります。けれど、話が続かず沈黙してしまうのは、そもそも話題がないからではないでしょうか。

    ムードメーカーは、好奇心が旺盛なために話題が豊富です。沈黙が怖くて人と話せないというのであれば、話題に豊富になりましょう。

    今やネットで簡単に情報収集が出来ますので、トレンドとなっている話題にこまめに目を通せば、自然とネタは集まってきます。広く浅く知っておくだけでも、まったく知らなかった時と比べ、話が続きやすくなるはずです。