ムードメーカーとは?場を盛り上げられる人の特徴を徹底リサーチ!

  • ムードメーカーの特徴≪職場編≫

    ムードメーカーは学校やグループ、職場など、さまざまな集団の中に存在します。中でも職場は、緊張した雰囲気に包まれる機会も多いと考えられますので、ムードメーカーがいてくれると助かるでしょう。

    ここでは、職場におけるムードメーカーの特徴をまとめてご紹介します。

    上司・後輩にも愛される


    職場には幅広い年齢層の人がいて、それぞれの価値観を持って仕事をしています。上司と新入社員であれば、親と子ほども年齢の開きがあることなど当たり前です。

    こうした世代によって生じる考え方の違いは、しばしば衝突の原因になります。年を重ねた人は「近頃の若いモンときたら」が口癖になりますし、若い世代からすれば「もう時代遅れなのにね」となるでしょう。

    そんな中にあって、ムードメーカーは幅広い人たちと話せる特徴を活かし、世代間の隔たりを埋めるクッション的役割を果たす人も少なくありません。これが年上の上司から年下の後輩まで、幅広い年代の人に愛される理由ですね。

    社外の人にもよく知られている


    ムードメーカーは社内はもちろんのこと、社外の人にも顔をよく知られているのが特徴です。その理由は、社外から人が来た時にいち早く気づき、愛想よく迎えるからなのは明らかですね。

    たいていの人が、取引先に訪問する際は少なからず緊張するでしょう。仕事場には独特の雰囲気がありますので、そんな中に入っていくのは仕事とは言え、勇気がいりますよね。

    そんな時にムードメーカーは温かい笑顔で応じ、きめ細かな配慮をしてくれます。となれば、次に訪問する時も「○○さん、いてくれるといいな」となるのも無理はありません。

    その結果、訪れるたびに「○○さんはいらっしゃいますか」となり、社外の人への覚えが抜群によくなります。

    明るい挨拶をしてくれる


    朝、職場に出勤した時に明るく挨拶をしてくれるのが、ムードメーカーの人です。朝から笑顔で挨拶をしてもらえると、気持ちがパッと明るくなりますよね。

    職場に慣れると、どうしてもそこにいる人は見慣れた人たちになります。そのため、中には仏頂面で入ってきて挨拶もせずに席に着いたり、挨拶されても知らんぷりするという人も少なくありません。

    また、挨拶されたら返すものの、自分からは挨拶しないという人もいます。それに比べてムードメーカーは、誰にでも自分から明るく挨拶をするのが特徴です。

    その態度を見て、「自分も見習わないといけないな」と感じる人もいるのではないでしょうか。

    職場の雰囲気を良い意味で変える事が出来る


    職場にはアットホームなところもあれば、終始ピリピリした緊張感が漂っているところもあります。また、普段は和やかでも、ひとたびトラブルが起こると職場の雰囲気は一変しますよね。

    ムードメーカーは職場の雰囲気を良い方へと変える事が出来る人ですので、和やかな雰囲気は一層盛り上げ、ピリピリした雰囲気は少しでも和らげようとします。

    また、トラブルが起こった時は持ち前のポジティブで前向きな性格をフルに発揮し、トラブルの中心にいる人に率先して話しかけ、手助けしようとするのも特徴です。

    そんな姿に周囲も触発され、気付けばみんなでトラブル解決に取り組んでいることもしばしば。こんなムードメーカーがいてくれたら救われますね。
  • ムードメーカーの心理とは?

    ムードメーカーについては、そもそも生まれながらに明るい人というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。けれど、実はムードメーカーとして場を盛り上げられる人には、ある心理が隠れています。

    では、いったいムードメーカーは何を思っているのでしょうか。その心理を覗いてみましょう。

    暗い雰囲気が苦手


    もともと楽しいことが大好きなムードメーカーですから、暗い雰囲気は苦手です。

    考えてみれば、暗い雰囲気の中に楽しい事があるとは思えませんよね。ムードメーカーはいつも「何か面白いことやワクワクすることはないか」と探している明るい性格の人ですから、暗い雰囲気を苦手と感じるのも無理はありません。

    また、暗い顔をしている人を見ていること自体、つらいと感じる優しい性格の持ち主でもあります。そのため、暗い顔をしている場所はひときわ苦手という心理になるのが特徴です。

    空気をよくしたい


    暗い雰囲気が苦手なムードメーカーも、職場であれば逃げ出すわけにはいきません。そのため、何とかこの場の空気をよくしたいという心理を持っています。

    職場全体が暗い雰囲気に包まれているなら、みんなを巻き込んで冗談を言って笑わせようとするでしょう。また、ほとんどの人が笑ったのに、その中に笑ってくれなかった人が1人でもいたら、何とかしてその人を笑わせようと頑張ります。

    これは、少しでも場の空気をよくしたいという強い心理の表れです。「ムードメーカーが頑張っているな」と感じたら、率先して乗ってあげたいものですね。

    いつも集団の中心にいたい


    実はムードメーカーには寂しがり屋な人が少なくなく、いつも人に囲まれていたい、集団の中にいたいという心理を持っています。

    もともと人と接するのが好きなので、老若男女問わず誰にでも話しかけます。その話の内容も明るくて楽しいものばかりなので、必然的に話題の中心人物になれるというわけです。

    また、人と接するのが好きという心理だけでなく、「人に好かれたい」という心理が強いのも特徴です。

    こうした人に好かれたい心理が強いタイプの、いわゆる目立ちたがり屋のムードメーカーは、注目されたいあまりに何かと目立つ行動をする傾向が見られます。

    自分の話を聞いてほしい


    寂しがり屋な人は、一人で過ごすことを嫌います。ムードメーカーも同じで、常に誰かと一緒にいたいという心理を持っているのが特徴です。

    その理由は、一人でいたのでは笑いが起こらないからです。世の中には、食事や遊びをする際、一人でも楽しめる人がいる一方、ムードメーカーは相手がいないと自分の存在価値を発揮できないと感じます。

    いくら人を笑わせ、話を盛り上げるのが得意でも、それには相手が必要ですよね。だからこそ余計に「他者から価値ある存在として認めてもらいたい」という、自己承認欲求の心理が強くなると言えます。