自己評価が低い人の心理と特徴|高い人との違いや改善方法も解説!

「自分に自信がもてない」「褒められても素直に受け取れない」とお悩みの方も多いのでは?自己評価が低いと対人関係が上手くいかず、幸福感を得にくくなってしまいます。この記事では低い自己評価の原因とその改善方法について特集しているので、ぜひご覧ください。

  • 自己評価が低いことは悪いことなの?

    自分に自信がもてず、いつも自己嫌悪に陥ってばかりいるという人は意外と多いのではないでしょうか?

    客観的に見て優れた能力や容姿をもっている人であっても、実は自己肯定感が低く、常に他人の顔色を窺ってしまうというケースも少なくありません。

    自己評価が低いと幸福感が減り、自分らしい生き方が難しくなってしまうことも…。この記事では低い自己評価の原因や改善方法について特集しているので、生きづらさを感じている人はぜひ最後までご覧ください!

    自己評価は低すぎても高すぎても不健全


    自己評価が低すぎるのは問題ですが、だからと言って高ければよいというわけでもありません。

    何の実績もなく努力もしていないのに、ナルシスト的な思考に陥って自己像を肥大化してしまうと、周囲から反感を買ってしまいます。また、現状に満足しきってしまうと学びや成長の機会を失うでしょう。

    他方で、自己評価が低すぎると失敗や批判を過度に恐れて、新しいことにチャレンジできなくなります。

    他人の評価を気にしすぎるあまり自分らしい生き方ができなくなり、心の中がいつもネガティブなもので埋め尽くされるでしょう。

    適切な自己評価をすることが大切


    人間誰しも長所があれば短所もあるもの。両者のバランスを上手くとりながら、客観的に自分を見つめることが大切です。

    適切な自己評価をおこなえば、自分の良い所や魅力を知って自分を愛せるようになりますし、また足りないものに気づいてそれを補う努力もできるでしょう。

    他人と自分とを比べては自己嫌悪に落ちたり、他人からの評価を絶対的なものと思い込んでしまうのは危険。他人の目を通してではなく、自分の目を通してバランスの取れた自己評価をおこなえるようになりましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)