携帯依存症の症状を徹底解説!原因・治し方やチェック項目もご紹介!

  • 携帯依存症の治し方とは?≪前編≫

    携帯依存症の原因や症状などを紹介してきましたが、ここからは、携帯依存症をどうやって治していくのかということを考えていきます。携帯依存症の治し方を知って、携帯依存症を克服していきましょう。

    ゲームをする場合は時間を決める


    携帯依存症だからといって、スマホゲームをいきなりやめるのは難しいですし、せっかく楽しめるものがあるのですから、依存しない程度に上手く利用する方法を考えていきましょう。

    スマホゲームをしたいなら、通勤時間のみ、1日30分のみなど、ルール作りを徹底しましょう。

    ルールを作ることでメリハリができ、1日中スマホゲームがやめられないなんてこともなくなります。便利ツールは上手く活用するようにしてくださいね。

    ながらスマホをやめる


    携帯依存症に悩んでいるのなら、家事をしながらスマホを見る、食事をしながらスマホを見る、テレビを見ながらスマホも見る、お風呂でもスマホを見るなど、「ながらスマホ」をやめましょう。

    スマホは必要な時に、手のあいたタイミングで使うようにするのです。これを徹底することで「携帯は必要な時に使うもの」という意識が芽生えるでしょう。

    SNSやアプリをアンインストールする


    スマホが普及した現代では便利アプリが次々に開発され、その数はどんどん増えています。興味のあるものをとりあえずダウンロードしておく人も多いと思いますが、すべてのアプリを使いこなしている人はほとんどいません。

    スマホにあるアプリを一つずつチェックしてください。なくても大丈夫なものは削除してしまいましょう。また、残ったアプリが本当に必要なものかどうかを確認するために、1週間程度削除してみることをおすすめします。

    削除しても何ら問題のないアプリは、今のあなたの生活に必要のないアプリです。アプリの通知を減らすためにも、この方法を実践してみてくださいね。

    スマホを持たず外出してみる


    携帯依存症の人は、携帯がいつも手元にないと落ち着きません。なくても大丈夫だと分かっていても、そうなのです。それなら一度、わざと携帯を持たずに外出してみましょう。

    携帯がなくてもどうにかなるということが分かれば、携帯依存症は少しずつ改善されていくでしょう。携帯のない一日がどれだけ充実したものになるか、一度試してみてください。

    新しい発見があるかもしれないと、楽しみながらこの方法を実践してみましょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)