商社マン彼氏の恋愛傾向と付き合い方!メリット&デメリットも解説

商社マンには、どこかハイステイタスな雰囲気が漂いますよね。そのため、商社マンの彼氏が欲しい女性は多いのではないでしょうか。そんな商社マンの彼氏はどんな恋愛傾向を持っているのでしょう。今回は商社マンとの付き合い方から、メリット&デメリットまで詳しく解説します。

  • 商社マン彼氏の恋愛傾向とは?

    商社マンにはハイグレードなイメージがありますよね。これは、商社と呼ばれる企業が輸出入といった貿易を手掛け、海外から仕入れた物資を日本国内で販売する業務を行っているからだと考えられます。

    つまり商社マンとは、世界を相手に仕事をしている男性。そんな男性にハイグレードなイメージがあるのも納得です。

    そんな商社マン男性の恋愛傾向とは、どのようなものなのでしょうか。多くの女性たちから狙われる魅力的な男性というだけあって、気になる女性も多いことでしょう。

    今回は、そんな商社マン彼氏の恋愛傾向と付き合い方を徹底解説!メリットとデメリットも併せてご紹介します。

    恋愛より仕事が優先


    そもそも商社マンになるには、かなり倍率の高い競争を勝ち抜く必要があります。さらに、商社マンになってからも世界中のクライアントを相手に仕事の成果を出さないといけないため、恋愛より仕事が優先になるのも無理はありません。

    すべての商社マンが恋愛より仕事を優先するとは言い切れないものの、恋愛を優先させてしまうとどうしても仕事に割く時間が減ってしまいます。となると、必然的に仕事の質も低下し、成果も少なくなるでしょう。

    そもそも「自分は競争を勝ち抜いて商社マンになった」という自負がありますので、仕事の手を抜くことは考えられない人がほとんどです。その結果、商社マンの多くが恋愛より仕事が優先になります。

    女性にモテる


    商社マンになるには、かなり勉強しなければなりません。例えば2016年の統計によれば、三菱商事の倍率はおよそ37.5倍。6000人の応募に対し、合格できたのは160人です。

    これが伊藤忠商事株式会社ともなると、倍率は74倍にまで跳ね上がります。三菱商事のおよそ倍ですので、6000人が応募したなら内定をもらえるのはたったの80人です。そのため、商社マンの中の超エリートと言っても過言ではありません。

    そんな商社マンはスーツをはじめ、持ち物も一流の品を選ぶ人がほとんどですので、見た目も非常にスマートです。これだけ好条件がそろえば、女性にモテない方がおかしいですよね。

    自由時間を勉強に使う


    商社マン男性は幼いころからよく勉強をしてきた人が多いため、効率よく勉強する方法を知っています。そんな効率のよい勉強方法を活かして語学を習得したり、多くの資格を持っている人が少なくありません。

    そんな商社マンのほとんどは、就職が決まって仕事を始めたあとも勉強を続けます。せっせとセミナーなどに通い、少ない自由時間を勉強に使うのが特徴です。

    商社マン彼氏とお付き合いをする場合、何よりもまず仕事が最優先されるでしょう。次いで、自分に磨きをかけるための自由時間です。

    彼女としては複雑な気分になるところですが、これが商社マン彼氏の恋愛傾向と考えておくのがいいのではないでしょうか。

    結婚が比較的早い


    商社マンは世界各国の会社を相手に取引をしていますので、仕事をするにあたっては時差が生じることがよくあります。現地時間に合わせて夜遅くに行くこともあれば、帰国してそのまま出社という事もあるでしょう。

    そんな激務をこなす商社マンは、結婚が比較的早いのが特徴です。付き合う前にしっかり相手の女性を吟味しますので、結婚相手として文句はないと判断すれば、早々に結婚を申し込みます。
  • 商社マン彼氏のメリットって何?

    「商社マンの彼氏ってステキと思ってたけれど、付き合うと結構大変そう…」と思い始めた女性も多いのではないでしょうか。しんどいお付き合いは長続きしませんから、尻込みするのも無理はありませんね。

    そもそも、商社マン彼氏のメリットとは何なのでしょうか。ここでは、商社マン彼氏のメリットをご紹介します。

    周囲に羨ましいと思われる


    商社マンは、サラリーマンの中で最高のエリートと呼ばれます。そんな商社マン彼氏をゲットしたら、周囲の女性たちから羨ましがられるのは必至です。

    かなりの倍率の競争を勝ち抜かないといけない商社に入社した上に、世界を飛び回って仕事をする商社マンとくれば、自慢の彼氏になるのも当然ですよね。

    また、商社マンは頭がいいだけでなく、見た目もスマートで常にスッキリしています。そのため顔立ちに関係なく、その人の存在そのものに男前という印象を受けるのが特徴です。

    エリートで男前な雰囲気を持つ商社マン男性は、かなりのハイスペック彼氏になります。これは彼氏にステイタスを求める女性にとって、かなりのメリットでしょう。

    結婚したら安定した生活を送れる


    商社マンの平均年収は、およそ1000万円~1500万円と言われます。商社同士で比較するとかなり差が開くとされますが、それでも大多数のサラリーマン男性と比べると、高収入なのは間違いありませんね。

    そのため、商社マン彼氏と結婚したら経済的に安定した生活を送れます。そもそもかなりの倍率を勝ち抜いて入社した商社マン彼氏ですから、そう簡単には転職しないでしょう。

    仮に結婚後に転職するとしてもやはり商社を選ぶ人が多いため、生活が不安定になるリスクは低いと言えます。結婚するとなれば、金銭面でのメリットは見過ごせませんよね。

    新しい世界が広がる


    商社マンの彼氏のメリットに、とにかくいろいろな事を知っているという点が挙げられます。また、知識だけでなく実際に世界各国に行って経験しているため、体験した人にしか分からないことを話してくれるでしょう。

    そんな商社マンの彼氏は、自分の知らないことをたくさん教えてくれる物知りな彼氏になることウケアイです。もともと頭がよくて話をするのも上手ですから、楽しい話を聞かせてもらっているうちに、あっという間に時間が過ぎるのではないでしょうか。

    仕事が忙しいため、なかなかデートの時間が取れないのが難点ですが、今まで知らなかった新しい世界を垣間見せてくれるのは、商社マン彼氏ならではのメリットです。

    気配りしてくれるから安心できる


    商社マンとして仕事をするには、世界中のさまざまな国の人とコミュニケーションを取る必要があります。そのため、商社マンは基本的に人と接するのが好きな人がほとんどです。

    世界にはその国独自の価値観がありますので、ステイタスよりも人柄を重視する国もあるでしょう。そんな国の人たちとも良好な関係を築かなければならない商社マンは、気配り上手でもあります。

    商社マンにはビジネスライクな印象を受けがちですが、実は「どうしたら喜んでもらえるかな?」と相手のことを常に考えている人が多いです。気配りができる男性は魅力的ですよね。

    商社マン彼氏は常に気配りしてくれますので、安心してお付き合いできる点はかなりのメリットでしょう。