商社マン彼氏の恋愛傾向と付き合い方!メリット&デメリットも解説

商社マンには、どこかハイステイタスな雰囲気が漂いますよね。そのため、商社マンの彼氏が欲しい女性は多いのではないでしょうか。そんな商社マンの彼氏はどんな恋愛傾向を持っているのでしょう。今回は商社マンとの付き合い方から、メリット&デメリットまで詳しく解説します。

  • 商社マン彼氏の恋愛傾向とは?

    商社マンにはハイグレードなイメージがありますよね。これは、商社と呼ばれる企業が輸出入といった貿易を手掛け、海外から仕入れた物資を日本国内で販売する業務を行っているからだと考えられます。

    つまり商社マンとは、世界を相手に仕事をしている男性。そんな男性にハイグレードなイメージがあるのも納得です。

    そんな商社マン男性の恋愛傾向とは、どのようなものなのでしょうか。多くの女性たちから狙われる魅力的な男性というだけあって、気になる女性も多いことでしょう。

    今回は、そんな商社マン彼氏の恋愛傾向と付き合い方を徹底解説!メリットとデメリットも併せてご紹介します。

    恋愛より仕事が優先


    そもそも商社マンになるには、かなり倍率の高い競争を勝ち抜く必要があります。さらに、商社マンになってからも世界中のクライアントを相手に仕事の成果を出さないといけないため、恋愛より仕事が優先になるのも無理はありません。

    すべての商社マンが恋愛より仕事を優先するとは言い切れないものの、恋愛を優先させてしまうとどうしても仕事に割く時間が減ってしまいます。となると、必然的に仕事の質も低下し、成果も少なくなるでしょう。

    そもそも「自分は競争を勝ち抜いて商社マンになった」という自負がありますので、仕事の手を抜くことは考えられない人がほとんどです。その結果、商社マンの多くが恋愛より仕事が優先になります。

    女性にモテる


    商社マンになるには、かなり勉強しなければなりません。例えば2016年の統計によれば、三菱商事の倍率はおよそ37.5倍。6000人の応募に対し、合格できたのは160人です。

    これが伊藤忠商事株式会社ともなると、倍率は74倍にまで跳ね上がります。三菱商事のおよそ倍ですので、6000人が応募したなら内定をもらえるのはたったの80人です。そのため、商社マンの中の超エリートと言っても過言ではありません。

    そんな商社マンはスーツをはじめ、持ち物も一流の品を選ぶ人がほとんどですので、見た目も非常にスマートです。これだけ好条件がそろえば、女性にモテない方がおかしいですよね。

    自由時間を勉強に使う


    商社マン男性は幼いころからよく勉強をしてきた人が多いため、効率よく勉強する方法を知っています。そんな効率のよい勉強方法を活かして語学を習得したり、多くの資格を持っている人が少なくありません。

    そんな商社マンのほとんどは、就職が決まって仕事を始めたあとも勉強を続けます。せっせとセミナーなどに通い、少ない自由時間を勉強に使うのが特徴です。

    商社マン彼氏とお付き合いをする場合、何よりもまず仕事が最優先されるでしょう。次いで、自分に磨きをかけるための自由時間です。

    彼女としては複雑な気分になるところですが、これが商社マン彼氏の恋愛傾向と考えておくのがいいのではないでしょうか。

    結婚が比較的早い


    商社マンは世界各国の会社を相手に取引をしていますので、仕事をするにあたっては時差が生じることがよくあります。現地時間に合わせて夜遅くに行くこともあれば、帰国してそのまま出社という事もあるでしょう。

    そんな激務をこなす商社マンは、結婚が比較的早いのが特徴です。付き合う前にしっかり相手の女性を吟味しますので、結婚相手として文句はないと判断すれば、早々に結婚を申し込みます。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)