自己表現が苦手な人の特徴や原因を徹底解説!自己表現する方法も!

この記事では、自己表現とは何かを紹介します。自分らしく生きることは難しいですが、少し意識を変えるだけでも自己表現ができるようになるものです。人生に息苦しさを感じているなら、今こそ意識を変えましょう!自分らしく振舞うため、自己表現力をつけるのです。

  • そもそも「自己表現」ってどんな意味?

    「本当は言いたいことがあるのに、うまく伝えることができない」と悩んだことがある人も多いのではないでしょうか。自分のことを自分の考えているままに表現することは、意外と難しいことです。

    自己表現が苦手でも普段の生活を続けていく上で、特に困ることはないかもしれません。しかし、もう一歩外の世界に踏み出したくなった時や初めて会った人に自分のことを知ってほしいと思った時に、自己表現の大切さに気づくはずです。

    「自己表現」の意味


    「自己表現」とは、自分の心の中にある考え方やイメージを、他人にも分かる形にして表現することを表します。これには、自分の言葉で考えそのものを伝える方法だけでなく、自分の感情を反映した音楽や絵画などの芸術作品を作り、間接的に表現する方法も含まれますよ。

    やはり、外から見て最も分かりやすいのが、言葉で自己表現する方法でしょう。しかし、能力のある音楽家が、曲の説明なしに曲そのもので世界観や主張を表現するように、言葉で表現することにこだわる必要はありません。

    出力方法は何であれ、自分の気持を外に伝わるように表現できれば、立派な自己表現であると言えるでしょう。

    「自己表現」と「自己主張」の違い


    自己表現と似た言葉に「自己主張」があります。これらの言葉の違いは何でしょうか。たとえば、「自己主張が強い人」と聞くと、「ちょっと我が強い人なのかな?」と想像することができます。

    自己表現は自分の考えていることを外に表現することに対して、自己主張は自分の意見を他人に押し付けるというニュアンスが含まれます。「自己主張」は「自己表現」に比べて、他人に対する圧力が強くなってしまった状態です。

    自分の考えていることを表現することは大切なことですが、「自分の考えていることだけが正しいんだ」と相手のことを考えずにワガママを言うのは間違っていますよね。