【夢占い】異性の夢にはどんな意味がある?シチュエーション別に解説

  • 夢占い・異性の夢の深層心理と意味≪非日常編≫

    最後に紹介する夢占いは、異性が登場する非日常的な夢占いです。現実ではありえないようなことが夢ではたびたび起こるものですが、それらはどのようなことを暗示しているのでしょうか。夢占いで詳しく掘り下げていきましょう。

    異性になる夢


    「異性に変わる」というのは、あなたという存在が根本的に変わる現象です。実際、もし変わったら今の生活がガラッと変わるはず。そのため、夢占いにおいて異性に変わる夢は、あなたが今の自分からまったく別の自分に変わりたいという願望の表れと解釈します。

    具体的にどのように変わりたいのかは人それぞれです。仕事ができるようになりたいこともあれば、恋愛において魅力的な人間になりたいのかもしれません。

    いずれにしても、今のあなたは大きな変化に迫られ、変わりたいと考えている状態です。その気持ちを糧に努力すれば、新しい自分に生まれ変われるでしょう。

    異性に殺される夢


    相手が異性であれなんであれ、殺される夢を見るのは恐ろしいものです。朝起きたときに、これほど夢で良かったと思うことはないでしょう。

    しかし、夢占いにおいては殺される夢は吉夢と解釈します。というのも、夢占いでは「死ぬ=再生する」と見なすからです。

    つまり、先ほど紹介した「異性になる」と比較的近似した意味を持つといえます。あなたは今何か壁に突き当たっており、生まれ変わることでその壁を突破したいと模索している最中なのです。特にあなたを殺した人物が異性ということは、あなたが突き当たっている壁は恋愛に関することである可能性大。今は苦しい時期ですが、努力を忘れないようにしましょう。

    異性の顔が見えない夢


    夢から覚めたとき、その相手の顔が思い出せないことってありませんか?性別くらいは分かるものの、あくまで「誰かさん」であって特定の人物ではない場合、その人の詳細を覚えていないことがあるでしょう。

    この夢は、夢占いではあなたが固定観念に縛られていると解釈します。というのも、その顔が見えない人物は、男あるいは女の象徴だからです。あなたが人を見る時に、特定の人物ではなく「男」「女」というレッテルで判断していることを示唆していますよ。

    確かに男性・女性によって一般的な特徴はあるものの、一人の人間と向き合うときには、レッテルで判断するのはトラブルの原因になります。ちゃんと相手を一個人として見る習慣をつけましょう。

    異性に追いかけられる夢


    これも現実的にはほぼ起きることがない状態ですよね。ところが、なぜか夢ではよく見る光景と言えるでしょう。理由は分からないものの、追いかけられていてそこから必死に逃げているのです。

    基本的に、逃げる夢は夢占いにおいてストレスの表れと見なします。特に追いかけてくる人物があなたの知っている人なのであれば、あなたはその人に対して不快感や恐怖心を抱いていると解釈できますよ。

    一方、知らない人や顔が見えない人に追いかけられているのであれば、あなたが恐怖を抱いている対象は不特定の存在です。つまり、日常生活や仕事など、いろいろなものに対して嫌な気持ちを抱いていることになります。一度リラックスする時間をとり、今の生活を考え直したほうが良いかもしれませんね。

    異性が死ぬ夢


    異性に殺されるのではなく、異性のほうが死ぬ夢です。知っている人であれ知らない人であれ、ショッキングな夢ですよね。

    しかし先ほど紹介したように、死ぬ夢は夢占いにおいて良い意味を持つと解釈することが多いです。異性が死ぬ場合は、あなたがその人との関係をやり直したいと望んでいる気持ちが反映されている可能性があります。特に、その異性が死んだときに悲しみを抱いたのなら、あなたはその異性を大切に思っている証拠です。

    たくさんの異性に囲まれる夢


    たくさんの異性に囲まれる夢を見ることがあります。文字どおり夢みたいな状況ですよね。

    これは夢占いでは、あなたが一過性の楽しみを望んでいることを意味します。一時的な満足感に身をゆだねて、何か忘れたい嫌なことがあるのではないでしょうか。

    夢に見るだけなら良いですが、その願望をかなえようと現実の行動に移してしまうと、悪い結果を招くことが多いです。特に恋愛において一時的な満足感を求めてしまうと、本当にお互いを大切にし合う関係を築くことは困難でしょう。
  • 夢占いでわかる異性の夢を見てしまう理由

    ここまでは夢の内容別に夢占いを紹介してきました。シチュエーションによって夢が持つ意味はさまざまです。

    しかし、どのシチュエーションにもある程度共通している部分もあります。ということで、最後は異性の夢を見てしまう根本的な原因を詳しく見ていきましょう。

    現在の恋人に不満がある


    夢で見た異性が素敵な人だったら、その夢は幸せですよね。朝起きたときには夢だったことにがっかりし、ぜひ続きを見たいと思うことでしょう。

    しかし、もしその時にあなたに恋人がいたらどうでしょうか。現実に恋人がいるのにもかかわらず異性の夢に惚けているのだとしたら、それは恋人との関係を見直すべきタイミングと言えます。特に夢に出てきた異性があなたの理想の相手なら、今付き合っている相手は理想とはかなり離れている可能性があるでしょう。

    もし今の恋人に満足しているのであれば、夢の中の異性にドキドキすることなんてないはずです。今の恋人が本当に好きなのか、マンネリ化していないかなどを考えてみましょう。

    欲求不満気味


    恋人というのは、作ろうと思って作れるものではありません。こちらが好きになったからと言って相手も好きになってくれるとは限らないからです。だからこそドキドキするわけですが、思いどおりに行かない以上、欲求不満が生じることがあります。

    欲求不満の原因はさまざまです。理想の異性が現れないことかもしれませんし、肉体的な孤独のこともあります。いずれにしても、ひとりではどうしようもない欲求を満たされないまま抱えている状態です。

    その欲求が願望夢として夢に現れることがあります。普段は意識しなくても、あなたは相当欲求を抑え込んで生活しているのかも。その不満が生活に支障をきたさないように、日々の中でうまく対処していきましょう。

    浮気心が潜んでいる


    今の恋愛に不満があり、理想の恋愛を夢見ること自体は悪いことではありません。もちろん、今恋人がいるのなら関係性を見直す必要がありますが、それは多くのカップルが通過する過程です。向き合って、お互いに同意のうえで別れるのも、新しい関係を築くのもアリといえるでしょう。

    しかし、今の恋人への不満が浮気心として表出しているのなら注意が必要です。夢の中で見た光景が浮気なら、徐々にあなたの中での浮気に対する抵抗心も薄らいでいる可能性があります。

    その気持ちを行動に移してよいのは、今の恋人ときちんと別れてからです。浮気は多くのトラブルや悲しみを招くことになるので、十分に自分の心と向き合いましょう。

    過去の恋を美化している


    夢に出てきた人物が、本当にそのとおりの人物であるとは限りません。知らない人が出てきたと思っても、それはあなたが知っている人が別の形で表れているだけの可能性もあります。

    たとえば、素敵な異性の夢を見た場合、それはあなたの過去の恋が投影されていることがあります。「昔はあんなに幸せだったのに、今は…」と、以前と現在の落差を感じて悲しんでいる状態です。

    しかし、どれほど素敵な思い出であっても、それは美しい部分だけを切り取ったにすぎません。今の恋愛だって、時間が経てば美しくなるかもしれないのです。あまり美化された想像や過去に捕らわれず、今の自分を見つめることが大切と言えます。