ブランケット症候群って一体なに?原因と対処法を詳しくご紹介します

「ブランケット症候群」という言葉を聞いたことはありますか。「ライナス症候群」ともいわれますが、特定の物に強い愛着を持ち、肌身離さず持ち歩いてしまう状態を言います。この記事では、ブランケット症候群になる原因や対処法についてご紹介します。自分がそうだという方はもちろん、周囲の人に心当たりがある方も、ぜひ一度読んでみてくださいね。

  • ブランケット症候群って一体何なの?

    「ライナス症候群」ともいわれる「ブランケット症候群」とは、一体どのようなものなのでしょうか。まずは、ブランケット症候群がどのようなものなのか、ご紹介します。

    ブランケットを肌身離さず持ち歩く


    ブランケット症候群とは、気に入ったある特定の物に強い愛着を持ち、肌身離さず持ち歩いてしまう状態を指す言葉です。名前に「ブランケット」と入ってはいますが、対象となる物はブランケットだけでなく、ぬいぐるみや枕なども当てはまります。

    スヌーピーでおなじみの漫画『ピーナッツ』に登場するライナスをご存知でしょうか。このライナスというキャラクターが、常にブランケットを持ち歩いていることから、「ライナス症候群」とも呼ばれています。

    また、常に持ち歩いていないからブランケット症候群ではない、ということではありません。「対象物が無いと眠れない」「不安を感じる」といった状態も、ブランケット症候群に該当します。

    「安心毛布」や「ライナスの毛布」と言われることも


    一般的には「ブランケット症候群」「ライナス症候群」と呼ばれることが多いですが、心理学的には「security blanket(安心毛布)」と呼ばれています。

    また、前述したとおり、ライナスが同じ状態で描かれていることから、「安心毛布」を「ライナスの毛布」と表現することもあります。

    ブランケット症候群になるのは子どもだけではない


    ブランケット症候群になるのは、多くが1~3歳の子どもです。1~3歳という年齢は、母親のお腹から出てきてからあまり時間がたっていません。そのため、より不安を感じやすく、特定の物に執着してしまいがちです。

    しかし、実際には3歳を過ぎた子どもでも、ブランケット症候群から抜け出せない場合があります。中には、大人になってからも対象物への執着が消えない人も。

    イギリスのホテルチェーンの調査によると、子どもにテディベアを贈る習慣があるイギリスでは、成人の35%が安眠のためにテディベアと一緒に眠っているのだそう。また、イメージとしては女性に多いと思われがちなブランケット症候群ですが、成人の場合、実は男性の割合のほうが多いという調査結果もあるようです。

    出典:UPI『35 percent of British adults sleep with bear』
    https://www.upi.com/Odd_News/2012/02/21/35-percent-of-British-adults-sleep-with-bear/49791329806031/?ur3=1

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)