自己暗示の効果とは?自己暗示をかける方法や効果的な言葉もご紹介!

  • 自己暗示で得られる効果≪前編≫

    自己暗示をすれば具体的にどんな効果が得られるのだろう、と気になる人もいるでしょう。

    個人差はあれど、自己暗示にはさまざまな効果があります。さまざまな効果を知っていれば、自己暗示をした際「これもあれも自己暗示のおかげかも!」と効果を実感することができ、気持ちもより前向きになるでしょう。

    自己暗示の効果は多くあるため、今回は前編後編にわけて解説をしていきます。

    自分の潜在能力を引き出せる


    自分の潜在能力を引き出せる可能性が高まるのも、自己暗示の効果のひとつです。潜在能力とは、表面にはまだ出ていない自分の中に秘められた能力のことを言います。潜在能力が引き出されることは、さらなる自分の能力アップに繋がることを意味しているのですね。

    なぜ自己暗示によって潜在能力が引き出されるのかというと、前向きな考えをすることによって脳が良い影響を受け、秘められた能力が徐々に顔を出してくるからだと言われています。

    実際、前向きになることで物事が順調にいくようになった経験を持つ人もいるでしょう。それも、秘められた潜在能力を引き出しているからだと考えられます。

    自分に自信がつく


    自分に自信がつき、何事にも堂々とした状態で挑めるようになるのも自己暗示の効果でしょう。「自分なら大丈夫」という自己暗示は、最初こそは自分に思い込みをさせるものだったかもしれませんが、思い込みを続けることで本当に自信家に変わることもできるのです。

    また、不安なことや緊張している時なども「きっと大丈夫…」と気持ちを落ち着かせると、自然と大丈夫な気がしてくるものですよね。不安な気持ちがゼロになるわけではないものの、自己暗示をした後は妙な自信が湧いてきて、落ち着いて物事に挑めるようになるものでしょう。

    自己暗示は自分に自信をつける効果的な方法なのです。どんな場面でも大丈夫だと自己暗示をすることで自信が沸いてきて、自分の背中を押してくれるでしょう。

    モチベーションが上がる


    モチベーションアップにも自己暗示は効果的です。モチベーションを上げる方法はいくつかありますが、特に自己暗示はモチベーションアップをするだけでなく、自信を沸かせたり、集中力をアップさせたりする効果があるため、何かに頑張りたい時にはおすすめの方法と言えます。

    たとえば、自己暗示をするべき瞬間として「仕事のここぞという時」には特に効果的だと解説をしましたよね。これも、仕事の大切な場面を上手く乗り切るために自己暗示をしてモチベーションを上げているのです。

    やる気をみなぎらせる、集中力をアップさせたい、そのようにモチベーションを上げたい時に、自己暗示は大きな力を発揮してくれます。

    集中力が高まる


    集中力が高まり、目の前のことにストイックになれるのも自己暗示の魅力的な効果でしょう。モチベーションアップの効果でもあったように、ここぞというタイミングで自己暗示をすることで自身のやる気をみなぎらせることができます。

    やる気が出れば目の前のことへの集中力がアップをし、いつもより捗ることは多いでしょう。「よし、頑張るぞ!きっと自分ならできるはずだ」そんな自己暗示をすれば、苦手なことや集中できないことでも自然と集中できるようになり、上手く結果を出すことができるのです。
  • 自己暗示で得られる効果≪後編≫

    自己暗示で得られる効果は個人差はあるものの、自己暗示の効果を信じていれば、どんどんその効果は色濃くなっていくと言われています。

    より効果的に自己暗示をするためにも、さまざまな効果を理解し、自己暗示の魅力を知っていきましょう。

    冷静さを取り戻せる


    冷静さを取り戻せる効果も、自己暗示には期待できます。混乱したり緊張したりしている時、なかなか冷静になれず視野が狭まってしまうことは多いでしょう。一刻も早く冷静にならないといけないと焦っていても、身に潜む不安やネガティブ思考が邪魔をして上手くいかないものです。

    しかし、そんな時でも前向きな自己暗示をしていけば自然と気持ちは落ち着き、冷静さを取り戻せるようになります。「落ち着けば成功する」「焦る必要はない、大丈夫」そう自己暗示をすることにより、緊張状態や不安な気持ちも緩和されていくのですね。

    トラブルに強くなれる


    何らかのトラブルが起きたときに動揺せずにいられるのも、自己暗示の魅力です。トラブルが起きた際、冷静に対処できたり動揺せずにいられたりするのは、「トラブルが起きても大丈夫」という自信があるからだと言えます。

    しかし、その自信がないとトラブルに対しひどく動揺してしまい、慌てたり、普段できているはずのことができなくなったりして、さらに混乱を極めることになりますよね。

    そんな事態に陥っても、自己暗示によって自信をつけることができればトラブルへの動揺もなくなるのです。トラブルが起きたとしても「自分なら大丈夫」とどっしり構えていられるため、動揺することなく冷静にトラブルを対処できるようになるでしょう。

    ネガティブな気持ちになりにくくなる


    ネガティブな気持ちは自分の自信をなくし、物事へのモチベーションを低下させることに繋がります。そんなネガティブな気持ちに対しても自己暗示は効果的で、上手く自己暗示をすることができれば普段からネガティブな気持ちになりにくくなるのです。

    普段からネガティブな気持ちになりにくくなるというのは、思った以上に自分にとってプラスになるものでしょう。自信喪失やモチベーションの低下をすることが少なくなれば、何事も上手くいくことが増えていくはずです。

    また、明るい気持ちを持ち続けることは物事への姿勢が良くなるだけでなく、周囲の人との人間関係も良好なものを築くきっかけにもなります。ポジティブな雰囲気の人は好かれやすく慕われやすいため、人間関係を良好にしたい人にも自己暗示は効果的だと言えるでしょう。

    理想の自分になれる


    自己暗示の効果には、理想の自分になれるというものがあります。頭の中で「自分はこうなれるはずだ」という理想を思い描き続けることで、そんな理想の自分像に近づくことができるのですね。

    理想の自分になるのはそう簡単なことではありませんが、明確なビジョンが頭の中にあり、毎日それを念じて努力をし続けていれば少しずつでも理想に近づけるものです。「こんな自分になれる」「自分ならきっと大丈夫」という自信が理想への一歩となっていくのでしょう。

    なりたい自分像がある人は、理想の自分に必ずなれると自己暗示をしていけば、少しずつでも理想に近づいていけるはずですよ。