自己暗示の効果とは?自己暗示をかける方法や効果的な言葉もご紹介!

皆さんは自己暗示ってしたことはありますか?理想の自分になるため、願望を叶えるために効果的な自己暗示は方法さえわかっていれば誰だってすることができます。今回はそんな自己暗示に注目。自己暗示をする際の注意点も踏まえて解説していきましょう。

  • そもそも「自己暗示」ってどんな意味?

    自己暗示ってかけたことはありますか?おそらくほとんどの人は「ない」と答えるかもしれませんが、例えば「きっと自分なら大丈夫」と言い聞かせた経験がある人は多いでしょう。実はこれも自己暗示の一種となっているってご存知でしたでしょうか。

    そもそも「自己暗示」って何?という方もいるでしょう。自己暗示とはその名の通り、自分自身で何かを暗示することを意味する行為です。不安なことがある時も「きっと自分なら大丈夫」と自分自身で暗示をすると、どことなく自信が湧いてくることってありますよね。

    まさに自己暗示とは、不安な気持ちや自信がない気持ちを落ち着かせたり、自信を持たせたりする効果を持つものなのです。自己暗示を上手く使えるようになれば、感情のコントロールやモチベーション維持もしやすくなると言われています。
  • 自己暗示をかけるのはこんな時!

    どんな時に自己暗示をかければいいのだろう、と気になる人もいるでしょう。そこで紹介をしていくのが、自己暗示をかけるべきベストな瞬間です!

    自己暗示をかける効果的な瞬間とはどのタイミングなのか、早速注目していきましょう。

    緊張している時


    何かに緊張している時こそ自己暗示をかけるベストな瞬間だと言えるでしょう。緊張状態は冷静さを失い、頭が真っ白にもなり、さまざまな不安が襲いかかる瞬間ですよね。たとえ自信があるものだったとしても、「失敗」が頭をよぎる瞬間でもあります。

    そんな時に「大丈夫」「成功する」など自己暗示をすれば、自然と不安な気持ちもなくなり、気持ちも落ち着いてくるものです。

    緊張している時に自分に言い聞かせるよう「きっと大丈夫」と思い込み、気持ちを落ち着かせた経験を持つ人は多いでしょう。このケースは無意識にやっている人が多い自己暗示の瞬間でもあるのです。

    仕事で「ここぞ」という時


    仕事で「ここぞ」という時に自己暗示をかけるのもおすすめです。気合を入れて何かを挑む際、自信満々な状態であっても「より良い状態にしたい」と思ったり、「絶対に成功させたい」と思ったりするものですよね。

    そんな「ここぞ」というタイミングで自己暗示をすれば、集中力やモチベーションが上がり、仕事成功への確率がぐんと高くなっていきます。

    仕事の気合を入れたいタイミングで、ぜひ自己暗示をして自分を奮い立たせてみてくださいね。

    片想いの人に告白する時


    ベタなシチュエーションですが、好きな人に告白をする時にも自己暗示はよく使われる手段でしょう。自分の気持ちを落ち着かせるため、きっと大丈夫だと告白の成功を祈り、想いを告げる前に自己暗示をして告白に挑むケースは決して珍しくはありません。

    たとえ振られる前提だったとしても、少しでもきちんと自分の気持ちが伝えられるように自己暗示をするケースもありますよね。告白は気持ちをきちんと伝えることができるかどうかが重要にもなってくるため、告白途中で頭が真っ白にならないように成功を祈る人もいるはずです。

    自信がなくなった時


    自信がなくなった時、自己暗示をして自信やポジティブな気持ちを取り戻すこともできます。何かで凹んで自信がなくなってしまうと、何をしても自分はダメな気がしてくるものですよね。

    不安な気持ちがあると、何かをやろうと思っても自信がなくて「もしかしたら失敗するかもしれない」なんて暗い気持ちに襲われてしまうことがあるでしょう。すると、目の前のことが恐ろしく思えてしまいますよね。

    そんな時に自信がつくような自己暗示をすれば、後ろ向きな気持ちや失敗への恐れがなくなり、自信を持って物事に挑めるようになってくるものです。

    苦手なことにチャレンジする時


    苦手なことにチャレンジをする時、「成功するはずだ!」と自信をつけるために自己暗示をすることもあるでしょう。どんなに努力をしても、苦手なことに挑戦する前はやはり不安がつきもの。心のどこかで失敗の二文字に怯えてしまうことは少なくないでしょう。

    しかし、そんな不安も自己暗示をすれば少しでも和らげることができるものです。「自分は成功するはずだ」「あれだけ頑張ったならきっと大丈夫」そう言い聞かせることで、苦手意識を薄め、自信を持って挑めるように自分の気持ちを強くすることができるのですね。

    マイナス思考気味になった時は自己暗示の出番


    マイナス思考気味になってしまうと、何をしていても自信が持てなかったり、集中力が低下してトラブルが続いたりして、悪いことばかり起こってしまうものです。

    どうにかしてそんな状況から脱出したい、そんな時に自己暗示をすることが現状を打破するきかっけになることもあります。マイナスな気持ちを自己暗示によって跳ね除けることで、気持ちが上向きになり自信を取り戻し、集中力や冷静さを取り戻せるようになるのですね。