【面白い資格一覧】変わった資格やマニアックな検定を一挙ご紹介!

  • 面白い資格・検定一覧≪アート編≫

    アートに関する面白い資格・検定もあります。アートを趣味でやっている人もいれば、プロを目指す人も。資格・検定を取得すれば、自分の能力を開花させることができるかもしれませんね。

    チョークアート認定講師試験


    チョークで絵を描くチョークアートというものをどこかで目にしたことはありますか。学生時代に黒板に描いたことがある人や、それを見たことがある人もいるでしょう。

    しかし、チョークアーティストとして仕事をするには、資格が必要だというのをご存じでしょうか。チョークアーティストとして活動するためには、決められた講座を受講しなければなりません。

    受講料はかかりますが、修了後はプロとして活動の幅が広がるでしょう。チョークアートの看板を作成したり、さらに極めて講師として活躍する人もいます。

    似顔絵検定


    面白い資格・検定には、似顔絵検定というものがあります。通称「顔検」と呼ばれる似顔絵検定は、6級から1級まであり、準2級・準1級も含めて8段階にわかれています。試験は決められたテーマにそって似顔絵を描くというもの。

    趣味でやっているという人から、その道を極めたいという人まで受験者は様々です。受験することで自分の能力に気づくこともあるでしょう。上級までいけば仕事の幅も広がりそうですね。

    漫画家アシスタント検定


    アート関係の面白い資格には、漫画家アシスタント検定というものも。漫画家のアシスタントとして必要な知識や技術が問われるので、漫画を描くのが趣味という人や漫画家アシスタントとして働きたいという人におすすめの検定ですよ。

    基礎的な能力を問う3級、アシスタントとして基本的な作業ができる2級、一般的なアシスタント作業ができるかどうかが試される1級にわかれています。飛び級はできないので、挑戦しながら能力の向上を目指せます。

    漫画関連の面白い資格には、漫画キャラクター検定というものも。漫画好きの人や漫画に関わる仕事をしたい人は、こちらも合わせて目指してみてはいかがでしょうか。

    JESCA®消しゴムはんこ技能認定


    面白い資格の中には、消しゴムはんこ技能認定というものがあります。消しゴムで作った消しゴムはんこを見たことがある人は多いのではありませんか。趣味で作る人もいますし、それを仕事にしている人も。

    JESCA日本イレイサースタンプ協会主催の消しゴムはんこ技能認定は、初級の「アドバイザー」からはじまり、「インストラクター」「クリエイター」があります。趣味でやってみるのも面白いでしょう。クリエイターになれば、講師として活動の幅を広げることもできますよ。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)