【面白い資格一覧】変わった資格やマニアックな検定を一挙ご紹介!

  • 面白い資格を取って役に立つと感じたのは?

    面白い資格を取ると、様々なところでメリットがあります。ここでは、面白い資格を取った人が役立ったと感じたエピソードをご紹介します。

    「転職の面接の時に話が盛り上がった」


    「転職を考えていたので、何か変わった資格や検定を取得しようと思って勉強することに。マニアックとはいっても履歴書に書ける資格も取りました。

    そうしたら、面接のときに面接官から『これってどういう資格?』『どうして取ろうと思ったんですか?』と聞かれて盛り上がったんです」(32歳/男性/製造業)

    あまり知られていない変わった資格やマニアックな資格は世の中にたくさんあります。そんな面白い資格を持っている人がいたら、「どんな資格?」と聞いてみたくなりますね。面接でそのような話題になれば盛り上がることでしょう。

    「飲み会やコンパで話のネタになる」


    「資格・検定を取得するのが趣味の私。真面目な資格だけじゃなくて、面白い資格ももっています。自分のために取った資格ですが、飲み会やコンパで話のネタになりますよ。

    美容系の資格は異性からも同性からもウケがいいです。マニアックなものだと、『詳しく教えて』『なんでそんな資格取ったの?』という感じで話が盛り上がりますね」(25歳/女性/会社員)

    資格を取る人のなかには、資格取得したりそのために勉強すること自体が趣味という人も。趣味が資格取得だなんて、話のネタにしやすいですね。マニアックなものなら興味をもって聞いてくれる人もいるでしょう。

    「面白い資格を取るために知識を得られる」


    「面白い資格とはいっても、合格するためには勉強が必要です。仕事で様々な人と関わるので、豊富な知識がほしいと思って検定を受けました。

    変わった資格もいくつか取りましたが、その分野の知識が深まったと思います。仕事に関わるものだけじゃなく違った分野のことも勉強したので、視野が広がった気がします」(32歳/男性/営業職)

    面白い資格の中には、あまり知られていないマニアックなものや「こんな資格があるの?」というような変わった資格もあります。しかし、知識がなければ合格できないので侮ってはいけません。資格はあなたに新たな知識を与えてくれることでしょう。

    「面白い資格で自分をアピールできる」


    「私にはあまりアピールできるものがありませんでした。そんな中、何か資格を取ろうと思って調べていたら、世の中には面白い資格がたくさんあることを知ったんです。

    違う分野でバラバラに資格を取ってもアピールしにくいと思ったので、同じ分野で極めていくことに。就活のときには資格でしっかりと自分をアピールすることができました」(22歳/女性/大学生)

    大学入試では資格・検定で優遇措置が取られることがあります。また、就職活動でも資格がアピールポイントになることもあるのです。同じ分野を極めると、より深い知識を持っていることや目的をもって勉強していることが証明できるでしょう。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)