そもそも「守銭奴」とは?守銭奴の特徴や心理を徹底解明します!

「あの人は守銭奴だねえ」「そうだねえ」といった会話を耳にしたことはないでしょうか。何となくケチな人のことというイメージはあるものの、守銭奴がどんな人なのかをしっかり説明するのは難しいですよね。そこで今回は、守銭奴の心理や特徴を徹底的に解明してご紹介します。

  • あなたの周りにも守銭奴な人はいませんか?

    あなたの周りに「この人、守銭奴だなあ」と感じる人はいませんか?「いるいる!」とすぐに思い当たる場合もいれば、「守銭奴ってどういう意味?」という人もいることでしょう。

    確かに「守銭奴」という言葉を知っている人でも、その意味までしっかり理解して使っていない可能性も考えられます。言葉には、何となくわかったような感じで使ってしまうものも多いですよね。

    そこで、これを機に守銭奴について理解を深めましょう。そうすれば「あ、あの人守銭奴だ!」という人が見つかるかもしれませんよ。

    「守銭奴」の意味を詳しく解説


    「守銭奴」の意味は「金銭に対する欲が強く、貯めることだけに執着する人」のことを言います。

    確かにお金はいくらあっても困るものではありませんし。誰だってお金がほしいですよね。けれど、金銭に対する欲がとりわけ強く、お金を貯めることに執着すると守銭奴となります。

    たくさんお金を手に入れても、それを周囲の人たちのために惜しみなく遣う人は守銭奴とは言われません。その理由は「守銭奴」の意味にもあるように、貯めることに執着していないから。

    守銭奴とそうでない人の違いを知れば、「守銭奴」の言葉の意味がよくわかるのではないでしょうか。

    「守銭奴」の読み方にも注目!


    ここまで読んで来られた方のほとんどは、「守銭奴=しゅせんど」と正しく読めているのではないでしょうか。

    「守」の音読みでよく知られているのは「しゅ」。また、「銭」の訓読みは「ぜに」です。音読みでは「せん」となり、かつて日本の通貨にあった一銭で知っている人が多いのではないでしょうか。

    最も難しいのは「奴」でしょう。これだけだと「やつ」ですが、音読みすると「ど」となります。

    つまり、「守銭奴」は音読みで成り立っている言葉です。「しゅせん…」まで読めて「惜しい!」となる人は多いかもしれませんね。

    「守銭奴」の言葉の使い方!例文をご紹介


    守銭奴の意味と読み方が分かったところで、「守銭奴」の使い方をいくつか例文でご紹介します。

    「あの人はお金のことばかり考えている守銭奴だ」は、陰口のようなニュアンスです。お金に細かい人を指して言うこともあれば、ケチを通り越してドケチだと言いたい時に最適でしょう。

    また、「収入があるのにびた一文出さない人だ」と言いたい時は「お金を持っているのに絶対に出そうとしない。なんて守銭奴なんだ!」が適しています。

    もしも守銭奴からお金のことをとやかく言われたなら「あなたに守銭奴呼ばわりされたくない!」という表現が最適です。守銭奴も、こう言われたらそう簡単に反論できないのではないでしょうか。

    出典:goo辞書『守銭奴(しゅせんど) の意味』
    https://dictionary.goo.ne.jp/word/%E5%AE%88%E9%8A%AD%E5%A5%B4/
  • 守銭奴な人に対する皆の意見を聞いてみよう!

    守銭奴という言葉自体、あまりよい響きがありません。ということは、守銭奴な人に対する印象も良くないのではないかと推察できますね。

    いったい、守銭奴な人は皆からどう思われているのでしょうか?ここでは、守銭奴な人に対する皆の意見をまとめてご紹介します。

    一緒に遊んでいてもお金の話ばっかり


    「友達は一緒に遊んでいる時もお金の話ばっかりなんです。やれ、あそこの店は高すぎるの、費用対効果がどうのって…。それなら誘いに乗らなければいいのにと思います。『家で貯金通帳眺めてたら』って言いたくなる」(25歳/女性/経理職)

    せっかくの休日を楽しく過ごそうと思ったのに、お金のことばかり話されると嫌になりますよね。しかも、損をしたとかもったいないとかいった不平不満ばかりだと、ウンザリするのも無理はありません。

    遊びに誘っても毎回断るのでもう誘わない…


    「サークルの友達同士でいつも遊びに行くんですけど、その中に誘っても毎回断るヤツがいるんです。でも返事は『その日はダメなんだよね』とか『あ~、ちょっと無理かも』みたいな曖昧な言い方。最初は額面通りに受け取ってたけど、毎回断るからもう誘いません。行かないなら行かないと、はっきり断ってほしい」(20歳/男性/大学生)

    誘ったものの、予定が合わずに断られることはありますよね。最初のうちは「予定が合わないなら仕方ない」だったのが、毎回断られてしまうと「どうせ来ないだろう」となるのも無理はありません。

    さらに、「行くかのような口ぶりで断る態度にイラっとする」という人も多いのではないでしょうか。

    お金は持っているはずなのに…


    「高校時代の友達は仕事もしていてお金は持っているはずなんですけど、とにかくお金にうるさい。割引クーポンがある店でクーポンを用意し忘れていたらもう大変です。「クーポンで安くなったのに!」と言い続けます。だったら、自分が用意しとけばいいですよね」(24歳/女性/アパレル勤務)

    最近はあちこちのお店でクーポンを用意していますので、お得に買い物や食事が出来ます。とはいえ、中には事前に用意しておかないと使えないケースも少なくありません。

    確かに割引できなかったのは残念ですが、言われ続けたらうんざりしますよね。「お金は持っているはずなのに…守銭奴だな」と思うのも納得です。

    ブランド物は買うのに…


    「家族そろってブランド物好きの親戚がいます。これは○○のブランドでいくらだったという話をする一方で、ズボンの裾上げ代金をケチって洋裁が出来る母に裾上げを頼みにくるんです。それも家族全員分!待っている間、延々と続くブランド自慢を聞いて『守銭奴ってこういう人のことを言うんだろうな』と思います」(27歳/女性/会社員)

    守銭奴とはお金への欲が強く、貯めることに執心する人を言いますが、すべての人がそうとも限りません。

    この女性の親戚のように、ブランド物にはお金を使うのに、ズボンの裾上げ費用はケチる人も、守銭奴と言えるのではないでしょうか。