無口な男の魅力とは?心理・性格・恋愛事情も徹底解説【女性必見】

  • 気になる!無口な男性の特徴

    女性からの印象はネガティブな意見も少なくはないのが現実です。では、無口な男性はどんな性格的特徴があるのでしょうか。これを知ると、どんな人なのか少し見えてくるかもしれません。

    落ち着いた性格


    無口な男性は比較的落ち着いた性格であり、いつもクールで静かな人が多い傾向にあります。みんなが盛り上がっていても一緒になって騒ぐことも少ないでしょう。

    しかし、決してその場の空気を楽しんでいないわけではありません。皆が楽しんでいるところを見て自分も楽しんでいるのです。

    無口な男性は若い時から落ち着いてる傾向にあるため、年齢の割に落ち着いているなんて言われた経験がある人もいるでしょう。

    コミュ障で無口な場合も


    コミュ障とは、俗に言う根暗や引きこもりなどが含まれていることが多く、人とのコミュニケーションが苦手な人を指して使われています。コミュ障であることを自覚している人は、トラブルを避けるためにも無口になってしまうことがあるでしょう。

    しかし、最近では単に口数が少ないだけの人もコミュ障だと言われることが増えてきました。無口であっても、相手の意思を正しく受け取ることができるのなら、コミュ障とは違いますよね。

    無口だからコミュ障と決めつけるのではなく、その人の個性として受け取って接することが大切です。

    飲み会などの騒がしい場所を嫌う


    無口な男性は静かな性格のため、人が多い騒がしい場所を苦手とする傾向にあります。頑張っていつもより少し話してはみるけれど、帰ったらどっと疲れが来るなんてことも。

    どちらかというと、大人数でワイワイするよりも仲のいい人同士の少人数でゆっくりする方が落ち着くと感じているでしょう。

    人見知り


    人見知りのため無口になってしまう人もいるでしょう。初対面の人と話すことが苦手で、何を話せば良いのかわからず、気軽に話せるようになるまでに時間がかかるのです。そのため、相手に無口な人という印象を与えてしまいます。

    時には、無口な人ではなく「怒っている」「嫌われている」と誤解をされてしまう人もいるでしょう。

    沈黙が苦にならない


    会話の中に生まれる沈黙が苦にならないのも、無口な男性の特徴と言えます。反対に、常に会話をしている方がストレスに感じる人もいるでしょう。

    沈黙になると何か話さなければと思って一生懸命話す人もいますが、無口な人にとってそんな気遣いは不要です。会話が途切れてしまっても十分に楽しんでいることが多いため、つまらないと思っているわけではありません。

    沈黙は彼らにとって気にならないものであり、深い意味は全くないようです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)