妄想癖が激しい男性の特徴を公開!妄想する心理や対処法もご紹介

ありもしないことを頭の中で思い描く、妄想。その妄想が癖になってしまっている男性は、どんな心理から妄想をしているのか。何故妄想をするようになったのかを紐解いていきます。また、妄想をする男性にはどんな対応をしていけばいいのかも併せて、徹底解説していきます!

  • そもそも妄想癖ってなに?

    妄想癖、という言葉を知っていますか?妄想癖とは、文字通りに「妄想することが癖になってしまっていること」を指します。大なり小なり、自分の中で繰り広げる妄想は、自分だけの世界であり、他人の意思が一切存在しません。

    そんな妄想を癖として持っている男性を、あなたは好きになるでしょうか?または、好きになった男性に妄想癖があったと知ったとき、どのように感じるのでしょうか。

    今回は、妄想癖を持つ男性にクローズアップしていきましょう。妄想が癖になっている男性とは、どんな心理や性格を持っているのか。そして、妄想癖がある男性には、どんな対処をしていけばいいのか。妄想男子との恋愛に悩む女性必見です!

    「こうなったらいいな」という願望


    妄想の意味を調べてみると、「ないことに対して病的原因から抱く、誤った判断や確信」と出てきます。つまり、ありもしないことを、まるで実際にあるかのようにイメージして、それが現実であると思い込んでしまうのです。

    妄想癖がある人は、「こうなったらいいな」という願望が根底にあり、自分に都合の良いシチュエーションばかりを思い浮かべていきます。そして、その妄想で気分がよくなり、余計にハマり込んで癖になってしまうようです。

    現実逃避の一種


    ありもしないことを考え、その世界に夢中になってしまうのは、現実に目を向けられていないということ。現実から目を背けるその行為は、現実逃避の一種と言ってもいいでしょう。

    「好きな女性となかなか話せないから妄想だけでも…」「仕事がうまくいかないから妄想の中くらい…」といったように、現実を一切無視した願望を膨らませます。

    そういった妄想で、現実世界に意欲を取り戻せるなら問題はありませんよね。しかし、その現実逃避から戻ることができず、現実世界に支障が出るようなら大問題です。

    現実世界と妄想世界の区別ができなくなる男性に対して、女性が戸惑ってしまうのは、お互いの認識にズレが生じるからなのです。

    妄想と空想の違い


    妄想と似た言葉で、空想というものがあります。字体や雰囲気は似ているものの、この2つには決定的な違いがあるのです。基本的には、どちらも頭の中で、現実としてあり得ないことを考えるという意味で酷似しています。

    しかし、決定的に違うのは、確信を持っているかどうかということ。

    空想の場合は、現実とは関係ないことを、頭の中だけで思い巡らせて終わります。「あの人が自分を好きだったら素敵だな」など、自分で物語を作るようなイメージですね。

    それに対し、妄想の場合は、現実とは関係ないことを思い巡らせ、「あの人は自分のことを好きに違いない」などと、なんの根拠もないのに確信を持ってしまうのです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)