妄想癖が激しい男性の特徴を公開!妄想する心理や対処法もご紹介

ありもしないことを頭の中で思い描く、妄想。その妄想が癖になってしまっている男性は、どんな心理から妄想をしているのか。何故妄想をするようになったのかを紐解いていきます。また、妄想をする男性にはどんな対応をしていけばいいのかも併せて、徹底解説していきます!

  • そもそも妄想癖ってなに?

    妄想癖、という言葉を知っていますか?妄想癖とは、文字通りに「妄想することが癖になってしまっていること」を指します。大なり小なり、自分の中で繰り広げる妄想は、自分だけの世界であり、他人の意思が一切存在しません。

    そんな妄想を癖として持っている男性を、あなたは好きになるでしょうか?または、好きになった男性に妄想癖があったと知ったとき、どのように感じるのでしょうか。

    今回は、妄想癖を持つ男性にクローズアップしていきましょう。妄想が癖になっている男性とは、どんな心理や性格を持っているのか。そして、妄想癖がある男性には、どんな対処をしていけばいいのか。妄想男子との恋愛に悩む女性必見です!

    「こうなったらいいな」という願望


    妄想の意味を調べてみると、「ないことに対して病的原因から抱く、誤った判断や確信」と出てきます。つまり、ありもしないことを、まるで実際にあるかのようにイメージして、それが現実であると思い込んでしまうのです。

    妄想癖がある人は、「こうなったらいいな」という願望が根底にあり、自分に都合の良いシチュエーションばかりを思い浮かべていきます。そして、その妄想で気分がよくなり、余計にハマり込んで癖になってしまうようです。

    現実逃避の一種


    ありもしないことを考え、その世界に夢中になってしまうのは、現実に目を向けられていないということ。現実から目を背けるその行為は、現実逃避の一種と言ってもいいでしょう。

    「好きな女性となかなか話せないから妄想だけでも…」「仕事がうまくいかないから妄想の中くらい…」といったように、現実を一切無視した願望を膨らませます。

    そういった妄想で、現実世界に意欲を取り戻せるなら問題はありませんよね。しかし、その現実逃避から戻ることができず、現実世界に支障が出るようなら大問題です。

    現実世界と妄想世界の区別ができなくなる男性に対して、女性が戸惑ってしまうのは、お互いの認識にズレが生じるからなのです。

    妄想と空想の違い


    妄想と似た言葉で、空想というものがあります。字体や雰囲気は似ているものの、この2つには決定的な違いがあるのです。基本的には、どちらも頭の中で、現実としてあり得ないことを考えるという意味で酷似しています。

    しかし、決定的に違うのは、確信を持っているかどうかということ。

    空想の場合は、現実とは関係ないことを、頭の中だけで思い巡らせて終わります。「あの人が自分を好きだったら素敵だな」など、自分で物語を作るようなイメージですね。

    それに対し、妄想の場合は、現実とは関係ないことを思い巡らせ、「あの人は自分のことを好きに違いない」などと、なんの根拠もないのに確信を持ってしまうのです。
  • 妄想する男性の心理って何?

    まずはじめに、妄想をする男性の心理から知っていきましょう。

    妄想をする男性の多くは、欲求不満であり、現実に対して何らかの不満を抱えています。妄想でそれらを埋めようとしているのですから、妄想の数だけ心理も挙げられると言っても過言ではないでしょう。

    では、そのなかにどんな心理があるのか。大きくジャンル分けをした時の、代表とも言える心理を4点、ご紹介していきます。

    妄想する女性のことを本気で好きな証拠


    自分の願望を敷き詰めた世界に登場するくらいですから、その女性のことを本気で好きだと感じているのでしょう。妄想癖がある男性の妄想は、色々な世界を作りだすのではなく、一つの世界を長く満喫する傾向にあります。

    そして、その妄想の中で一つのドラマを作り上げているようですね。恋愛ドラマには、主人公とヒロインがいるもので、自分が主人公であれば相手は本気で好きな女性でしょう。

    なかなか自分で妄想をやめられないのも、思い入れが強すぎるからなのかもしれません。

    もっと女性に近づきたい


    その女性のことを好きだけど、なかなか接点を作れないという男性も、もっと女性に近づきたい心理から妄想に耽ることがあります。妄想の中でなら、いくらでも積極的になれますし、女性と順風満帆な恋を楽しむことができるからです。

    しかし、妄想の中で、順調に女性との距離を縮めていくほど、現実世界では余計に臆してしまうという場合がほとんど。妄想したからといって、現実の自分まで積極的な性格に切り替えられるわけではなさそうです。

    自分が主役になりたい


    承認欲求が強いわりに、内向的な性格をしている男性に多いのが、このタイプ。本当は自分が主役でありたいのに、いつも脇役同然の立ち位置にいる場合、その願望を妄想の中で満たしているのです。

    そして、そんな男性は、妄想の中では誰よりも人気者なので、現実とのギャップにいら立つこともあるようです。それほど目立つわけでもないのに、何かと人を見下していたり、卑屈になっている男性は、そういった妄想でのギャップを背負っているのかもしれません。

    疲れていて癒しを求めている


    毎日忙しく過ごし、日々の生活に癒しを見つけることができない男性は、妄想の中に癒しを求めることがあります。自分の好きな人だけ、好きなものだけを点在させて、心置きなくリラックスしているようです。

    妄想の中で癒されて、きちんと現実との切り替えが出来る場合はいいのですが、あまりにも妄想が強い場合はそれが出来ないことも。癒しの妄想世界が心地よく、なおかつ慢性的に妄想を繰り広げていると、話が噛み合わなくなるので、周囲を困惑させることすらあるでしょう。

    欲求不満を解消したい


    頭の中で繰り広げる妄想とは言っても、男性の妄想はリアルに沿った妄想である場合が多いもの。日常で自分を抑圧している男性が、様々な欲求不満に耐えかねて、妄想の中で憂さ晴らしをするケースもあります。

    そういった男性の中には、性的な妄想や暴力的な妄想など、過激なシチュエーションを妄想にして、欲求不満を解消しようとしています。それだけ鬱憤が溜まっているということにはなりますが、周囲に理解を得られないでしょう。

    なので、妄想と現実の区別がつかなくなり、自分勝手で支離滅裂な言動も増えていきやすいほど、本人の心理も闇を抱えているのかもしれません。