ディープキスで歯が当たる原因とは?上手なやり方&失敗あるあるも

ディープキスをしていて、歯が当たってしまい、困ったことはありませんか?今回は、ディープキスで歯が当たる原因や対処法などについて紹介していきます。ディープキスをするとつい歯が当たってしまって困っている人は、ぜひ読んでみてくださいね。

  • ディープキスで歯が当たっちゃった!

    相手の浮気を疑ったり、結婚について考えたり、恋愛をするとさまざまな悩みを抱えますよね。そんな恋愛にまつわる悩みの中に、「ディープキスをしているときに歯が当たってしまう」というものがあります。特に、恋愛経験が少なくディープキスに慣れていない人がよく抱えてしまう悩みです。

    今回は、ディープキスでどうして歯が当たってしまうのか、歯が当たらないためにはどうしたらいいのかなど、原因や対処法などについて紹介していきます。

    ディープキスをするとつい歯が当たってしまって困っている人は、ぜひ読んでみてくださいね。お互いに気持ちよくなれるディープキスができるように頑張ってみましょう!
  • ディ—プキスで歯が当たる原因

    まずは最初に、ディープキスでどうして歯が当たってしまうのか、その原因をご紹介していきます。ディープキスで歯が当たってしまう原因に心当たりはありませんか?

    口をきちんと開けていない


    ディープキスは、唇を重ね合わせるだけのキスではありませんよね。お互いに口を開き、舌を絡ませあったりするキスのことを、ディープキスと言います。ディープキスはお互いに深く唇を重ねあわせるため、歯が当たってしまう可能性が高くなってしまうのです。

    中でも特に歯が当たりやすい原因は、口をきちんと開けていないことです。口をきちんと開いていると、お互いの歯の位置が遠くなります。しかし、きちんと口を開けていないと、お互いの歯の位置が近くなってしまうため、角度を変えたり少し動くだけで歯が当たってしまうのです。

    受け入れる側との意思の相違


    触れるだけのバードキスをしていたら、いつの間にか気分が盛り上がってディープキスになることもあるでしょう。

    その時、ディープキスしたいと思っているのが片方だけだと、タイミングが合わずに歯が当たってしまうこともあります。特に受け入れる側がディープキスをしたいと思っていないと、歯を閉じた状態で深くキスをされるので、歯と歯がぶつかってしまうでしょう。

    ディープキスをする際には、お互いの意思とタイミングがあっていることも大切です。

    ディープキスをしようとするとき勢いをつけている


    ディープキスをするときは、気分が盛り上がっていることが多いので、ついつい勢いがついてしまうもの。勢いがあるキスは盛り上がるかもしれませんが、あまり勢いをつけすぎてしまうと歯が当たってしまいます。

    なぜかというと、勢いがついていると相手との顔の角度がかみ合わなかったり、どの深さまで唇を重ねられるかなど、判断しづらいからです。つい同じ角度で唇を重ねようとしてしまうと、歯が当たることになります。

    場合によってはけがをしてしまう原因にもなってしまいます。激しく相手を求めることは悪いことではありませんが、ディープキスをするときは少し落ち着くようにしましょう。

    顎を上げたままディープキスしようとした


    身長差があったり立ち位置によって相手との高低差があると、顎を上げてキスをしてしまいますよね。思わずときめいてしまうようなシチュエーションのキスですが、気を付けていないと歯が当たってしまうでしょう。

    顎をあげたキスをすると、前歯が普通のキスよりも前に出てしまいます。その結果、前歯が相手の歯と当たってしまい、痛い思いをしてしまうことになります。

    興奮して夢中になりすぎている


    ディープキスをするということは、お互いに求めあっている状態ですよね。興奮すると、どうしても欲望のままに行動してしまう人もいるでしょう。そうなってしまうと、相手の体を思いやることが難しくなります。

    お互いを求めあうくらい興奮するのは、愛があってとてもいいことですが、目の前が見えなくなってしまうのは問題です。いくら理性が薄れてしまっていても、相手を思いやる気持ちを忘れないようにしましょう。