潮吹きオナニーしてみたい女性必見!潮吹きのやり方や注意点とは?

女性の「潮吹き」とは、一体どのようなメカニズムなのでしょうか。今回は、潮吹きの実態から潮吹きオナニーのやり方まで、一挙にご紹介します。潮吹きのやり方がわかるので、潮吹きオナニーをしてみたい女性も、彼女に潮吹きさせたいと思っている男性も必見です。

  • そもそも「潮吹き」って一体何?

    アダルトビデオの影響もあり、女性の「潮吹き」に憧れている男性は多いのではないでしょうか。しかし、潮吹きとは女性の身体で何が起こっているのか理解していない人も多いようです。

    特に、セックス中に女性が絶頂を迎えると、潮吹きをすると勘違いしているパターンが多く見られます。もちろん、気持ち良いと感じた時に潮吹きをすることもありますが、そうでないこともあるのです。

    今回は、女性の潮吹きについて理解し、潮吹きを経験したい女性のためにオナニーのやり方までご紹介。潮吹きのメカニズムややり方が分かるので、彼女に潮吹きさせたいと思っている男性も必見です!

    「潮吹き」のメカニズム


    実のところ、潮吹きについては、医学的にはっきり解明されていません。ただ、多くの人がイメージしている「潮吹きするのはオーガズムに達したから」というのは、間違いです。

    もちろん、潮は愛液でできていますので、感度を得ていることは確かでしょう。しかし、潮吹きとは溜まった愛液が無理やり押し出されている状況なので、潮吹きのタイミングでオーガズムに達しているのは確実ではありません。ただ、愛液が押し出されるのは、Gスポットへの刺激によるものなので、オーガズムと同時に潮吹きすることも充分ありえますね。

    つまり、愛液が溜まるほど性感が高まっている時にGスポットを刺激され、水分が押し出された状態のことを「潮吹き」と言います。

    「潮」と「おしっこ」の違い


    潮吹きと言えば、尿が出ていると思っている人もいるでしょう。しかし、先述したとおり潮は愛液でできているのです。

    では、潮と呼ばれる愛液がどんな成分でできているのかと言うと、主にスキーン腺液だという説があります。スキーン腺液とは、Gスポットを刺激することで分泌される愛液のことで、気持ち良いと感じればたくさん出てくるでしょう。無色透明だったり、乳白色だったりします。

    このスキーン腺液が尿道に染み出して、収まりきらなくなると押し出されるのです。尿道を通っている以上おしっこの成分が混じる可能性は高いかもしれません。

    潮吹きの成分が医学的に解明されてないので、あくまでも一説と捉えてくださいね。