間が悪い人ってどんな人?特徴・恋愛傾向から改善法まで徹底解説!

誰でも、タイミングを間違えて間が悪くなってしまったことがあるのでは?とはいえ、たまに間が悪くなるだけなら「間が悪い人」といわれることはないはず。では、どのような人が「間が悪い人」と言われてしまうのでしょうか。今回は、間が悪い人の特徴や、間が悪い人になってしまう原因、改善方法などをお伝えします。

  • 「間が悪い」ってよく聞くけどどんな意味?

    「間が悪い」は良く聞く表現ですよね。たとえば、職場で上司と同僚が逢瀬しているところを目撃してしまったり、好きな人にデートのお誘いの電話をかけたら「忙しいときに限って連絡してくる」と怒られてしまった時などに、「間が悪い」という言葉をい使います。

    そもそも「間が悪い」とはどのような意味なのでしょうか。まずは「間が悪い」の意味や類語について紹介します。

    「間が悪い」の意味


    「間が悪い」には、微妙にニュアンスの異なる二つの意味があります。ひとつは「ツイていない」「運が悪い」という意味。もうひとつは「ばつが悪い」という意味です。

    「ツイていない」「運が悪い」という意味の「間が悪い」は、「今ちょうど終わってしまったんだよ。残念」というようなときに用いられます。

    「ばつが悪い」という意味の「間が悪い」は、たとえば、派手に転んだところを誰かに見られてしまったときや、値札を取り忘れたまま服を着ていることを他の人から教えてもらったときなど、恥ずかしさや照れくさいといった感情が湧いたときに使います。

    「間が悪い」の類語


    「間が悪い」には、「ツイていない」と「ばつが悪い」の2通りの意味があります。そのため、類語も2通りの使い方に合わせて紹介します。

    「ツイていない」という意味の類語は、「折りが悪い」「タイミングが悪い」「時期が良くない」など。「ばつが悪い」という意味の類語は、「体裁が悪い」「決まりが悪い」などです。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)